「農業アイドル自殺訴訟」で場外乱闘 タレント弁護士がちらつかせた“月9出演”話

「月9」。言わずと知れたフジテレビの看板ドラマ枠である。“月9に出演できるかもしれない”。そんな“夢舞台への切符”について、地方で活躍する「ご当地アイドル」に懇々と語り続けた有名弁護士がいた。だがその後、女性は“ある出来事”をきっかけに「騙された」と憤慨する。それから半年以上の時間を経て、彼女が録音していた音声データがYouTubeで“暴露”されたのだ。一体、何があったのか――。

 ***

 問題の音声データに登場する弁護士は、レイ法律事務所代表の佐藤大和氏(37)。「バイキング」(フジテレビ)のコメンテーターをはじめ、多数のテレビ出演歴があり、芸能界に幅広い人脈を持っているタレント弁護士として知られる。その抜群の知名度を生かし、「紀州のドンファン事件」の妻や、日本体操協会の塚原光男・千恵子夫妻の代理人も務めてきた。

 そんな佐藤弁護士が抱える注目裁判のひとつが、「愛媛ご当地アイドル自殺訴訟」だ。愛媛県を拠点に活動していた“農業アイドル”「愛の葉Girls」メンバー・大本萌景さんが、16歳の若さで自ら命を絶った痛ましい出来事から2年半。「辞めるなら1億円払え」と所属事務所社長が自殺直前に恫喝していた疑惑を、ワイドショーが盛んに取り上げていたことを記憶している人も多いであろう。

 18年10月、萌景さんの遺族は、「自殺は所属事務所のパワハラや苛酷な労働環境が原因である」と、所属事務所「hプロジェクト」の社長らを相手取り約9200万円の損害賠償を求めて松山地方裁判所に提訴。一方、社長側は「1億円発言は事実無根。自殺と事務所の業務は無関係」と争う姿勢を示し、現在も法廷闘争が続いている。佐藤弁護士はこの裁判の原告弁護団の一人なのだが、その弁護活動のなかで飛び出してきたのが、今回の「月9音声データ」だ。

■陳述書のサインを依頼する場で録られた15分間の音声データ


 約15分間にわたるこの音声を録音していたのは、「愛の葉Girls」のメンバーだった橋川美紀さん(25)。ご本人が語る。

「萌景ちゃんとは年が離れていましたが、約2年半、ずっと一緒に活動してきた仲間なので、亡くなった時は本当にショックでした。なぜ自ら命を絶ったのだろう、といまでも悔しい思いです」

 だが、遺族が始めた裁判とは距離を置き、双方から接触があっても協力を断り続けてきたという。

「昨年末までは、愛の葉Girlsは新事務所に移籍し活動を継続していました。萌景ちゃんの死と、その後の裁判のこともあり、愛の葉Girlsの活動を色々言う人もいましたが、私たちは、萌景ちゃんの分まで愛の葉Girlsとして前を向いて活動していきたいと考えていました。だから、ドロドロした裁判に関わりたくなかったのです。実際のところ、自殺してしまった本当の理由もわからなかったし」(同)

 だが、提訴から10ヶ月ほど経った昨年8月から9月にかけて、橋川さんは佐藤弁護士ら原告弁護団と面会することになる。

「移籍した先の新事務所の社長から『愛の葉Girlsが全国にいくためには遺族弁護団に対する協力が必要。会って話をするように』と言われたのです。業務命令なので断ることもできず……」(同)

 愛媛までやってきた佐藤弁護士ら遺族弁護団は、前事務所の労務環境や萌景さんとhプロ社長の関係性などについて、細かく聴取したという。

「ただ、私は裁判に協力する気など最初からありませんでした。彼らの話に適当に合わせて答えて、その場をやり過ごしていたというのが正直なところです。弁護団は三度目にやってきた時、私から聴き取ったとする内容を文章にまとめて持ってきました。そして、それを読み上げ、署名押印して欲しいと。さすがに怖くなったので、念のために面会の様子を録音しておくことにしたのです」(同)

■「単刀直入に言います。署名押印をください」と切り出す佐藤弁護士に、橋川さんは「怖い……」


 それがこの音声データなのである。音声は佐藤弁護士が本題を切り出すところから始まる。どうやら橋川さんは原告弁護団と密室にいるようだ。

佐藤「単刀直入に言います。署名押印をください」

橋川「そうですね。私もまだ24で、正直裁判のこととか全くわからないし、それを書いて今後の将来がどうなるかというのも、聞いた話とかではワーという感じになっているんで、正直怖い」

佐藤「僕たちはずっと裁判というのに関わってきているので、9年以上(弁護士を続けてきて)、陳述書を出して不利益になった人って見たことないですし、デメリットって特にあるものではないんですよ。ただ、皆さん漠然の怖さはあるのかなと思って」

橋川「うん、めちゃくちゃ怖いですよ、私は」

「怖い」という言葉を二度も出して、サインを拒む橋川さん。

佐藤「それをどうやって拭えるんだろうと思っていて、それは具体的に橋川さんが東京とか、アイドルだったり、タレントで作るというか、活躍できる道筋を示してあげたほうがいいのか、正直僕としてはどうすればいいのかっていうのが分かっていなくて、その漠然の不安を拭うために。陳述書を書いてもらうためというか、不安を拭うためにはどうできるんだろうみたいな(後略)」

橋川「ベテランですもんね」

 お追従に気を良くしたのか、佐藤弁護士は陳述書について解説し始める。

佐藤「結構、陳述書って協力してくれる人もいれば、くれない人もいたときに、一人一人こうやって説得して、署名押印もらうのも弁護士の仕事の1つだし。(中略)これに協力したことよって、『じゃあ、リターンがあるなら』と具体的に言う人もいるんですよ。先生が守ってくれるんだったらとか、先生がリターンをくれるならとか。リターンってお金じゃないよ。お金は渡せないからね。それはやっちゃいけない話なんで」


■佐藤弁護士「その代わり、将来に対する道筋作っていきますよ」


 お金ではない「リターン」があると訴える佐藤氏。その直後に「月9」発言が出てくるのだ。

佐藤「その代わり、将来に対する道筋作っていきますよとか、その代わりグループ含めて橋川さんの今後の活躍というのをできるだけサポート、リーダーはともかく私としてはやれるよという話をしていったり、実際それで月9は動いているし」

 この時点で「月9」の詳細は浮かび上がってこないが、実際、佐藤氏はフジテレビのドラマ「リーガルハイ スペシャル」「SUITS/スーツ」などの監修を担当している。彼の話はさらに続く。

佐藤「ほかの東京の僕が関わっている芸能事務所の提携の話っていうのは進めてるし、山本裕典君とか、いろんな俳優さんいるので。でも、その中でそれが果たしていいのかどうか分からないし、東京の事務所と業務提携して、東京で活躍することが夢にかなうかどうかも分からないし、そこは率直に言っていただけたほうがいいのかな」

 佐藤弁護士は、すでに東京の芸能事務所との提携話も進めており、橋川さんが松山から上京した暁には、芸能活動をサポートしていくつもりのようだ。だが、いくら彼が親身に説得を試みても橋川さんの意思は固い。

橋川「だから、いろいろ考えてくれてるのもすごい申し訳ないなと思ってて、私、田舎者なんで、本当に。そういう覚悟というのが多分ないですね、正直いうと」

 そんな彼女に対し、佐藤弁護士はこう説くのであった。

佐藤「でも、芸能界、もし生きていくなら、この選択の繰り返しなんで」

橋川「本当に、怖いですね」

佐藤「その結果があるのが、今も活躍されているタレントさんたち」


■月9とは「エキストラ出演」の話だった


 やがて、話はあるイベントの話題に。萌景さんの一周忌に合わせた追悼イベントを1ヶ月後に控えていたのだ。「準備はできているか」と問う弁護団の他の弁護士に対して、「はい」と答える橋川さん。

 そして録音データの終盤で、再び「月9」が出てくるのだ。

佐藤「取りあえず月9は進めていくのは、どうなの? 」

橋川「月9ですね」

佐藤「うん。出演は結構今、具体的に進めちゃってるんで、それはやる気持ちあるのかな」

橋川「いつぐらいですか」

佐藤「まだ決まってない」

 具体的に進んでいると言いながら、まだ時期も決まっていないと、矛盾したことを言う佐藤弁護士。

橋川「月9のやつは、でも、すごい興味あります」

佐藤「興味ある?」

橋川「エキストラの」

佐藤「じゃあ、進めても大丈夫? 」

橋川「ですかね?」

「月9」という“夢舞台”で盛り上がる二人。彼らの言う「月9」とは、どうやらエキストラという端役のようなのだが……。だが、佐藤氏は鼻息を荒くして続ける。

佐藤「僕は多分現場監修のために行くと思います、そのときは。機会があったら演者を紹介できるようにしておきますので」

橋川「私もそこでチャンスをつかみに行くか、行かないかをしっかり…… 」

佐藤「決めて。行くからにはチャンスをつかんでほしい」

橋川「ですね。もったいないですよね」

佐藤「その場でXさん含めて、名刺交換みんなしてもらって、プロデューサーと、僕が懇意にしている事務所の代表で、あと橋川さんです、今後もよろしくお願いしますと言えれば、それはつながったらでかいんで。時間ですかね。大丈夫ですか」

“月9の夢”を語り終えた彼らは和やかな雰囲気なまま話し合いを終え、音声データは終わる。しかし、橋川さんが陳述書にサインすることはなかった。そして、この2ヶ月後、橋川さんは佐藤弁護士らが取った“ある行動”を知り、激怒することになるのだ。


■橋川さんに承諾のないまま無断で法廷に提出された「聴取報告書」


 橋川さんが振り返る。

「断ったはずの陳述書の文章がそのまま、私に何の断りもなく法廷に提出されていたんです。彼らは陳述書の文章を『聴取報告書』とタイトルを変えて、私のサインなしで、弁護士作成文書として提出したのです。私が実名で語っている形式のもので、文章そのものは陳述書と変わらないものです」

 にわかに信じがたい話だが、

「弁護士さんだから信用してお話ししていたのに、頭が真っ白になりました。すでにお話ししましたが、社長から会って話をしろと命じられて仕方なく会っただけで、事実を前提としてお話しした内容ではないのです。しかも、よく読んでみると話したつもりのない内容まで書かれていて……」(同)

 そして、遺族弁護団のこの身勝手な行動によって、関わりたくなかった裁判に否応無く関わらざるを得なくなってしまったというのだ。

「言ったつもりのないことが法廷に出されてしまったのだから、訂正しなければなりません。もはや佐藤弁護士のことなんて信用できません。どうしたら良いのか分からなくなり、みんなで話し合って、前事務所の社長にも相談して、被告側弁護士に話を聞いてもらうことにしました。そして、言ってもないことを勝手に法廷に出されてしまった経緯を陳述書にまとめてもらい、今度は堂々と法廷に提出してもらったのです」(同)


■被告側弁護士は「弁護士倫理上問題ある行為」と指摘


 佐藤弁護士からすれば、“寝返った”ということになるのだろうが、身から出た錆であろう。

 被告側代理人の渥美陽子弁護士は、語気を強めてこう指摘する。

「訴訟の関係者が、弁護士に陳述書のサインをお願いされて断った場合、普通の人は、弁護士が関与しているのだから、陳述書の内容が勝手に裁判に出されることはないと思うでしょう。それを弁護士が表紙だけ差し替えて無断で裁判に提出するということは、弁護士に対する信頼を裏切る行為だと思います。また、音声データで明らかになっていますが、佐藤弁護士は橋川さんからの陳述書を取りたいがために、『月9』話を持ちかけています。『月9』出演といった利益供与をちらつかせてサインを迫るような手法も含めて、弁護士倫理上問題ある行為と考えます」

 しかし、実際のところ、この何とも怪しい「月9」話でどれだけ橋川さんの心が動いたのか、という点は気になる。橋川さんはこう本音を明かす。

「そりゃ、私だってあんな夢物語をそこまで真に受けて聞かないですよ。だってそもそもエキストラですよ。佐藤先生はそこから道が開けていくみたいに大きな話をしていましたが、はじめから胡散臭いと思って聞いていました。もっとも、私もアイドルをやっていましたし、その場では大人たちの話に『えー、すごい』とか話を合わせることもできるので、佐藤先生からすると乗ってきているように見えたのかもしれませんが」

 実はこの音声データは、現在YouTube上で公開されており、hプロのホームページから誰でも聴くことができる。公開されることになった経緯を渥美弁護士が説明する。

「8月21日、『FRIDAY』が、“同意していない内容が証言として裁判所に提出された”と訴える橋川さんのコメントが入った記事を掲載しました。すると即日、遺族弁護団は、ネット上に、橋川さんが『FRIDAY』の取材に対して虚偽の内容を述べたと読み取れる内容の声明文を発表したのです。橋川さんの名誉を毀損する内容であり看過できないとして、本件訴訟の被告であるhプロ社長が橋川さんに代わり、彼女の名誉を回復するための証拠として公開しました」

 なんとも激しい場外乱闘が続いている次第だが、食い違う「聴取報告書」と「陳述書」の真実性については、今後の法廷で争われるのでその決着を待ちたい。


■レイ法律事務所で取材に応じた佐藤弁護士。その言い分は……


 本稿で問題としたいのは、音声データにある佐藤弁護士の「月9」発言の真意だ。渥美弁護士が指摘するような利益供与を意味する内容だったのか。また、橋川さんの同意を得ぬまま「聴取報告書」を法廷に提出したことについて、どのように考えているのか。文書で質したところ、佐藤弁護士はレイ法律事務所で取材に応じ、こう答えた。

「私は弁護士倫理や法律に反するような発言をしたとは思っておりません。私たちが橋川さんたちとお話ししたのは計3回あり、この録音データに記録されているのは3回目の一部分です」

 佐藤弁護士が言うには、それまでの二回のやり取りの中で、昨年10月に行われた萌景さんの「追悼イベント」をサポートとしてほしいという要望が、橋川さんの所属事務所からあったことが重要なポイントなのだという。

「『月9』などの芸能活動の話は、イベントのサポートの延長線上にあった話なのです。橋川さん自身も二度目に私と会ったときは『プッシュお願いします』『タレントとしてお互い共演しましょう』などと前向きに話していました。つまり、この録音データの中にある『月9』の話は、以前のやり取りを踏まえて出てきた話で、裁判や陳述書とは関係のない別個の話なのです。実際、私は音声データのなかでも、陳述書にサインする代わりの対価として『月9』を明示するような趣旨の発言は一切しておりません」

 では「聴取報告書」については、どう答えるか。橋川さんが怒るのはもっともではないかと記者が聞くと、

「橋川さんの主観については、お答えする立場でないと思います。私たちとしては萌景さんの自殺した原因の真実を発見するために必要だったと考えております」

 と、答えるのであった。

 佐藤弁護士は17年に設立された「日本エンターテイナーライツ協会」という団体の共同代表理事である。同会の設立趣旨には「芸能人の権利・地位を守るため」とある。大切な仲間を失いながらも、悲しみを乗り越え、ご当地アイドルとして活動を続けていた橋川さんも、彼が守るべき芸能人の一人だったのではないか。

週刊新潮WEB取材班

2020年9月7日 掲載

関連記事(外部サイト)