カトパン「イット!」不調でも1時間拡大 榎並アナとの新コンビに不吉な予感

カトパン「イット!」不調でも1時間拡大 榎並アナとの新コンビに不吉な予感

加藤綾子、榎並大二郎

 9月7日、フジテレビが10月期の改編を発表した。改編のテーマは「プラスの改編」で、「情報、報道番組をプラス。明るく前向きになれるバラエティー番組をプラス」だそうだ。しかし、そこにはアナ恐ろしきマイナス要素が……。

 ***

 デイリー新潮(「『グッディ』打ち切りでどうなる安藤優子 カトパンを巻き込んだウルトラCはあるか」7月18日配信)でも既報の通り、安藤優子と高橋克実の「直撃LIVE グッディ!」(平日・13時45分〜15時50分)は今月25日をもって終了することが正式に発表された。

 2時間番組の「グッディ」の穴を埋めるのは、前後に放送されている、坂上忍(53)がMCの情報番組「バイキング」(平日・11時55分〜13時45分)と、カトパンこと加藤綾子アナ(35)の報道番組「Live News it!」(平日・16時50分〜19時)だ。

 いずれも約1時間拡大し、9月28日からは「バイキングMORE」(11時55分〜14時45分)と「Live News イット!」(15時45分〜19時)にリニューアルされる。両番組に挟まれる1時間は再放送枠のようだ。


■「相棒」再放送に喰われる?


 民放プロデューサーが言う。

「通常、放送枠を拡大するのは、番組が好調の時なんですけどね。『バイキング』はともかく、『イット!』は昨年4月にスタートしてから1年半、視聴率は4位が定位置といっていい。拡大したからといって、そう簡単に数字が上がるとは思えません」

 夕方の報道番組としては、もっとも遅いスタートだった「イット!」だが、今後は最も早いスタートとなる。具体的には「news every.」(日本テレビ:15時50分〜19時)、「Nスタ」(TBS:15時49分〜19時)、「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日:16時40分〜19時)だ。これで少しは有利に働くのではないか。

「日テレよりも5分、TBSよりも4分早いスタートになります。他局よりもフライングスタートするのは、やらないよりはマシといった程度でしょう。かつて、他局よりも1分でも2分でも早く番組を開始するのが流行りましたが、番宣の時に『○時54分から!』と叫ぶのがまどろっこしく、視聴者にも何時近辺なのか伝わりにくい。今はまた正時スタートに戻りつつあります。そもそも『イット!』は男性に人気のカトパンを、主婦層が大半の夕方に起用したことに問題があったわけです。むしろ、15時43分スタートの再放送『相棒セレクション』(テレ朝)に喰われる恐れもあります」(同)


■“魔のコンビ”復活


 とはいえ、情報番組や報道番組は化けることだってある。朝の情報番組でトップの「羽鳥慎一モーニングショー」(テレ朝:平日・8時〜9時55分)だって、当初は低視聴率が続いた。

「『モーニングショー』は、羽鳥アナがパネルをめくりながら、わかりやすく解説するやり方に変えてから数字が上がったと言われています。さらに今年に入ってコロナ報道に特化したことで大爆発しました。番組作りの工夫に加えて、十八番ネタを見つけることで番組は化けることがあります。しかし、『イット!』の場合、この1年半、何とかしようという気概が感じられません。ガチャピンが天気予報に加わったくらいのものです」(同)

 今回、MCに榎並大二郎アナ(34)が加わることも発表された。カトパンとは同期入社だそうで、彼女はこう語っている。

「緊張感がある現場で“大ちゃん”の存在は大きいですし、これまで以上の同期の関係、絆が生まれるのでは」

 榎並アナはイケメンだし、主婦層に歓迎されるかもしれない。

「榎並アナ1人ならともかく、カトパンと組んでいますからね。仲の良さを見せつけられてもどうでしょうか。たとえば、夏目三久の『あさチャン』(TBS:平日・6時〜8時)だって、当初は教育学者の齋藤孝教授とのツートップ体制でしたが、数字が取れずに、夏目アナ1人にしてマシになった。『モーニングショー』(テレ朝)の前身『モーニングバード』も羽鳥アナと赤江珠緒アナのツートップでしたが、リニューアルして羽鳥アナになったわけです。数を増やせばいいというわけではないんです」(同)

 さらに忘れられていることもあるという。

「カトパンが榎波アナのことを同期と言っていたので思い出しました。この2人でMCを務めた番組があったんですよ。『最上級のひらめきニンゲンを目指せ!クイズ!金の正解!銀の正解!』(土曜・19時〜19時57分)という番組で、17年4月にスタートしたのですが、半年で打ち切りになったんです。一応2クールあったのに、特番に潰されることも多くて、放送されたのは12回でした。なんか不吉な予感がしますね」(同)

 この新番組のスタートに際し、当時、カトパンはこう語っていた。

「同期入社の仲の良さには自信があります! 力を合わせて新たなクイズ番組を皆様にお届けできるように頑張ります!」

週刊新潮WEB取材班

2020年9月14日 掲載

関連記事(外部サイト)