伊勢谷友介の“心の闇” 「社会貢献」と「DV」「大麻」の関係を精神科医が分析

伊勢谷友介の“心の闇” 「社会貢献」と「DV」「大麻」の関係を精神科医が分析

伊勢谷友介

 9月8日、俳優の伊勢谷友介(44)が大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕された。東京・目黒区の自宅には乾燥大麻が20・3グラム(40回分)保管され、常習していたと見られる。もともと彼は、ボランティアをはじめとする社会貢献活動を積極的に行っていることで知られる。その一方で、交際している女性へのDVが取り沙汰されていた。そして今回の逮捕劇である。善と悪の顔を持つ男の心の闇とは――。

 ***

 東京・世田谷区出身の伊勢谷は、父親が53歳の時に生まれた子だ。先日亡くなったデザイナーの山本寛斎さんは異母兄にあたるそうだが、父親は別居。母親に育てられたという。母親は教育熱心だったこともあり、現役で東京藝術大学に入学している。

 1999年、映画『ワンダフルライフ』で芸能界デビュー。2009年にNHKの『白洲次郎』でテレビドラマに初出演した。10年のNHK大河『龍馬伝』で高杉晋作役に抜擢されるなど、極めて順調な俳優人生を送っていた。

 そのかたわら、2009年に「リバースプロジェクト」という会社を設立。社会貢献を軸に、環境に優しい減農薬・無農薬のコメを作る「食」のプロジェクトなどを手がけた。

 2011年の東日本大震災では、自ら被災地に出かけ、3カ月に渡って3トンの義援米を福島県に提供、150トン以上の支援物資を被災地に届けた。また、オンライン寄付のサイトで支援金を集め、それを復興支援の団体に送っている。

 さらに、同年12月には、震災のため卒業式ができなかった福島の飯舘村の幼稚園や小学校120人の子どものために、川俣町公民館で卒業式を開いた。伊勢谷はこの時、トナカイの姿で登場し、子どもたちと一緒に「赤鼻のトナカイ」を歌った。

 昨年4月には、伊勢谷が発起人の高校「Loohcs」を開校した。同校は、AIを駆使し、日本だけでなくミャンマー、インド、モンゴルでも学べ、難関大学に不合格の時は授業料を返金するという特徴がある。


■“深い闇”


 だが、この男には、普段の行いからは予想もつかない別の顔もある。伊勢谷の女性遍歴は派手で、これまで名前が挙がったのは広末涼子、長澤まさみ、森星……。その他、何人ものモデルとも交際していた。問題は、交際女性に対して、度々暴力をふるっていたことだ。大麻は20年前から常用していたと報道されているが、交際女性から大麻をやめてと言われると、ボコボコにしたという。

 また彼はミリタリーグッズが好きで、交際女性を的にして、エアガンを乱射したこともあったという。そのため女性が別れを切り出すと、今度は泣いて謝罪し、結婚を匂わせる始末だったとか。

 表の顔からは想像できない行状だが、

「彼の心には、“深い闇”がありますね」

 と分析するのは、精神科医の片田珠美氏である。

「交際女性に暴力をふるうのは、自分自身の衝動や感情をうまくコントロールできないからです。怒りや攻撃衝動をコントロールできないで、すぐに爆発させてしまうような人は、間欠爆発症という一種の病気です」

 そんな伊勢谷が、なぜ社会貢献をするのか。

「彼はすごく賢いし、才能もありますから、自分自身の病的な部分に薄々気づいていたはずです。それを補うために善行を行う、という心理的メカニズムです。贖罪の意味合いもあるかもしれませんね。ジキルとハイドのように、二重人格というわけではありません」(同)

 この贖罪行為は、一般の人にも起こるという。

「夫が不倫した後、妻や子どもたちのために寿司やケーキを買って帰るのと同じ心理です。ただ、伊勢谷さんの場合は闇が深いので、社会貢献活動もより大きなものになります。東日本大震災の被災地に出かけて、長期間ボランティアを行ったのはそのためです」(同)


■“怒りの置き換え”


 そもそも伊勢谷はなぜ、怒りや衝動をコントロールできないのか。

「育った環境が大きく関係していると思います。彼の父親は何度も結婚と離婚を繰り返す、自由奔放な人でした。彼が生まれた後も、育てていませんし、父親らしいことはほとんどしてなかったそうです。伊勢谷の心の根底には、父親に捨てられた、可愛がってもらえなかったという恨みがあるはずです。とはいえ、その怒りを父親にぶつけることはできません。怒りは溜まっていくと、どこかで出さないといけない。それで怒りの矛先の向きを変え、交際女性などにぶつけるのです。このメカニズムを“怒りの置き換え”といいます」(同)

 当然、交際も長くは続かない。

「彼女が別れると言った時、泣いて謝罪するのは、見捨てられる不安があるからですね。こういう態度をとるのは、おそらく父親に捨てられたという思いが大きく関係していると思います」(同)

 大麻を使用していた理由については、こう分析する。

「大麻と怒りの衝動をコントロールできないことは、密接に関係しています。薬物には、ダウナー系ドラッグと、アッパー系ドラッグがあります。ダウナー系は、脳の働きを抑制します。緊張感が取れ、愉快になります。大麻がこれですね。アッパー系は脳の働きを活発にし、覚醒度を高めます。コカインや覚せい剤です」(同)

 ダウナー系を使用する人はポール・マッカートニーに代表されるように、ミュージシャンなどのアーティストが多いという。アッパー系は快楽や刺激を求める人が多く、清原和博やASKA。沢尻エリカは両方使用していた。

「伊勢谷さんが大麻を使用したのは、怒りの衝動やイライラを抑えるのが目的でしょう。大麻で衝動をコントロールしようとしたのです。父親に捨てられたからこそ、彼は自分の中で理想の父親像を描いたはず。いろいろな社会貢献を行っていたのも、理想の父親像を体現させたいという気持ちがあったからかもしれません」(同)

週刊新潮WEB取材班

2020年9月17日 掲載

関連記事(外部サイト)