「V6」勤続25年…結婚率の高さ、個人活動、アイドルの領域を広げてきた軌跡

■世界的に見てもバックストリート・ボーイズとV6くらいのもの


 1995年9月。それは、日本の男性アイドル史の転換点だった。しかしあのとき、それに気づいていた者は誰ひとりいなかったはずだ。25年が経った今、あの9月を振り返ってみて「あのときが転換点だった」と言える類のものである。V6が結成されて四半世紀。6人に軌跡を辿る。

 1995年9月3日。光GENJIが最後のライブを行い、解散した。

 そしてその翌日、1995年9月4日。V6が結成され、デビュー会見が行われた。

 ジャニーズのグループが解散し、新たに別のグループが誕生する。それまでも続いてきたサイクルの、ひとつの終わりと、ひとつの始まりが起きただけのように思えるかもしれない。その新たな始まりは、またほどなくして終わりを迎えるのが常だった。

 しかし、あれから25年。V6は、終わらずに続いている。

 メンバーを変えずにこれだけの期間活動を続けている男性ボーカルダンスグループは、世界的に見てもバックストリート・ボーイズとV6くらいのものである。

 もちろん、ジャニーズのアイドルとしても、珍しいことだ。

 80年代にデビューしたシブがき隊は6年、光GENJIは8年。

 1991年にデビューしたSMAP以降は、活動年数は飛躍的に延びたが、そのSMAPは2016年で解散。V6デビューの前年、1994年にデビューしたTOKIOは、山口達也の脱退に加え、先日、長瀬智也が脱退を発表し、来年以降、形式を変えることになった。

 少年隊も、長く事実上の活動休止状態が続き、東山紀之が「今はなき少年隊」と自虐的に笑いにするほど(*1)。名前は残るものの、先日、錦織一清、植草克秀のジャニーズ退所が発表された。

 つまりV6は、現在のジャニーズの中で、継続的に活動を続けているグループとして最長であり、他に類を見ないグループになっているのである。

 とはいえ「V6はジャニーズの中での王道か?」と問われると、正直そうではないだろう。

 今や国民的アイドルとされるのは嵐だし、故・ジャニー喜多川の精神を体現しようという意志はKinKi Kidsに強く感じられる。

 だが、逆に王道ではない“V6というかたち”が確立できたからこそ、6人の大人がひとつのグループをここまで長く続けられているのではないか、という気がしている。

 前置きが長くなったが、本稿では少し特殊なV6というかたちについて見ていきたい。

■10周年を迎えた2005年あたりから、個人活動が増加し始める


 V6の25年をざっくりと分けると、グループとしての知名度を高めていった最初の10年と、個人がそれぞれの分野で活躍しながらV6としても活動をする、という形式を模索し、それが定着した後半の15年、と言えるだろう。

 森田剛が「10周年まで6人でバーっと走り抜けて、それからの10年は、各自やりたいことを頑張って。V6でも集まって」(*2)と語るように、90年代後半は「愛なんだ」「WAになっておどろう」といったヒット曲も出て、レギュラー番組「学校へ行こう!」は高視聴率を記録し、人気を博した。

 そして10周年を迎えた2005年あたりから、個人活動が増加し始める。

 この年は是枝裕和監督の映画「花よりもなほ」の撮影が行われるなど、岡田准一の映画出演が増加。

 また、劇団☆新感線や蜷川幸雄演出の作品に主演するなど、今や実力派の舞台俳優である森田剛が初舞台を踏んだ年でもある。

 岡田准一は同じ2005年を「10年目の時『それぞれが職人のように極めたものを持って頑張ろう』みたいな話があって」と振り返る。(*2)

 それから15年の間の中で、2人以外にも、井ノ原快彦は司会者としてNHKの朝の顔を務めるまでになり、長野博はグルメ本を出すほどグルメを究め、坂本昌行はミュージカル俳優として地位を確立、三宅健は手話を覚えNHK「みんなの手話」のナビゲーターになり、パラリンピック番組のパーソナリティも務めた。

 そう、それぞれが職人として時間をかけて技を磨き、各々の道を究めているのである。

 ちなみに、三宅健が、聴覚障害を持つ女性ファンに手話で話しかけられ、何も答えられなかったことをきっかけに手話を覚える決意をしたのも2005年の10周年記念握手会のときのことである。


■6人中4人が結婚し、父になっているという現役のアイドルグループも珍しい


 また、V6が語られるときには、その結婚率の高さと相手の豪華さもよく話題になるところである。2007年に先陣を切った井ノ原快彦は、ジャニーズとしては珍しく結婚相手である瀬戸朝香と並んで記者会見をした。

 この時点で、SMAPは木村拓哉が結婚しているのみ、TOKIOに妻帯者はゼロだった。その後、16年に長野博と白石美帆、17年に岡田准一と宮崎あおい、18年に森田剛と宮沢りえと続いた。現在、4人は父となっている。

 6人中4人が結婚し、父になっているという現役のアイドルグループも珍しい。だがよくよく考えれば、10代半ばから20代前半の6人で結成されたV6も、最年少の岡田准一が今年40代に、最年長の坂本昌行は来年50代に突入する。

 25周年記念の最新シングルのキャッチコピーは『勤続25年の男たち』と、“勤続”という普通の働く男性に見立てられた言葉が使われている。

 この“勤続”という言葉は、アイドルとは遠い場所にあるイメージだが、V6にはしっくりくる。

 当然、25年も経てば働き方も人生のステージも変わっていく。これまで、アイドルには当てはめられていなかった常識が、V6には自然と適用されている証拠の表現なのではないだろうか。

 無理をしすぎると25年も勤続はできない。もちろん色々な努力はしてきているはずだが、“何かを代償にしてアイドルをし続けている”というイメージがV6には薄いのだ。

 光あたるところには影ができるが、その影がV6には見えづらい。

「アイドルグループはグループとして常に精力的に活動し続けねばならない」とか「アイドルは結婚してはいけない」という、誰が決めたわけでもない世間の空気を、V6は結果的に打ち破ったことになる。

 最近になって多様性という言葉が多く発される現代だが、V6は、アイドルとしての多様性について25年をかけて体現してきたグループなのである。


■「続けるための策を練ったりしたことなんて、ありません」


 それはもちろん「新しいアイドルの形を作ろう」といった気張ったタイプの意志に基づいたものではないはずだ。

 V6が長く続いた理由を三宅健は「偶然の産物」として「続けるための策を練ったりしたことなんて、ありません」と語っているし、井ノ原も「誰にもやめる理由がなかったし、みんながそうしたいと思ってきたから」としている。(*3)

 さらに「途中でやめようと思ったら、たぶんやめられたんじゃないのかな。“仲間”とか“絆”とかいちいち確認し合ってるわけではなく、あくまでマイペース」(*3)と語るのも、絆がことさら強調される現代において、気負わすぎず、爽やかで心地いい。

 岡田准一もV6を「バラバラの職人気質を持ったメンバーが集ってて、気楽にやってるのが僕たちのよさ」(*2)と語り、リーダーの坂本昌行は「V6は目標を決めず、常に目の前にあることに対して一生懸命やってきたグループ。それが結果として今につながっている」(*3)と分析している。

「気楽に」「目標を決めず」と聞くと緩く感じてしまうかもしれないが、目の前のことには一生懸命。それが積み上がった結果が今のV6なのだ。

 CDの売上枚数だけで測れば、デビュー初期の方が数字としての勢いはあったことは確かだが、それはV6というグループが一過性のブームに終わらず、文化になっていった証拠なのではないだろうか。

 長野博は、1995年9月、V6結成時の記者会見でこう宣言していた。

「光GENJIのように一世を風靡し新しい時代を作っていきたい」

 たしかに一世を風靡したあとに、彼らはそれで終わらずに、ゆっくりと新しい時代を作っていったのである。

(*1)テレビ朝日「10万円でできるかな」2020年7月27日放送
(*2)別冊カドカワ2015年7月29日号
(*3)週刊朝日2019年1月4日‐11日合併号

霜田明寛(しもだ・あきひろ)
1985年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。9歳でSMAPに憧れ、18歳でジャニーズJr.オーディションを受けた「元祖ジャニヲタ男子」。就活・キャリア関連の著書を執筆後、4作目の著書となった『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)は3刷を突破。 また『永遠のオトナ童貞のための文化系WEBマガジン・チェリー』の編集長として、映画監督・俳優などにインタビューを行い、エンターテインメントを紹介。SBSラジオ『IPPO』凖レギュラー。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年9月22日 掲載

関連記事(外部サイト)