コロナ禍に「ノブコブ徳井」の仕事が増えた理由 「客ウケしない」笑いが武器に

コロナ禍に「ノブコブ徳井」の仕事が増えた理由 「客ウケしない」笑いが武器に

「分析キャラ」として注目を集めている徳井

■お笑い分析ならいくらでも


 バラエティ番組オタク、腐り芸人、ほとばしる芸人愛……。お笑いコンビ・平成ノブシコブシの「じゃない方」徳井健太がいま、「分析キャラ」として注目を集めている。

 ソーシャルディスタンスを維持するためバラエティ番組の出演者が制限され、仕事が激減した芸人が多いなか、「コロナの影響でテレビ出演が増えている」という徳井。その理由はごくシンプル、「収録にお客さんが入らなくなったから」だという。

 そんなブレイク前夜の徳井に、「ダウンタウンにはなれない」と絶望した芸歴0年目から、相方・吉村崇が「芸人のなかで徳井の生き方一番羨ましい」とまで言った現在まで、自らを「分析」してもらった。

 ***

――「ゴッドタン」の腐り芸人、「アメトーーク!」の「バラエティ観るの大好き芸人」など、お笑い番組や芸人さんについての「分析」を熱く語る徳井さんに最近注目が集まっています。

徳井健太(以下、徳井) 僕はテレビを、特にお笑いを見るのが趣味で1週間に50番組以上見ているのですが、お酒を飲んだとき仲間内で見たバラエティや芸人のことを話すのが昔から好きでした。

 仕事でも吉本興業の音声コンテンツ「酒と話と徳井と芸人」、YouTube「徳井の考察」をやっていて、公私ともにかなりの頻度で芸人やお笑いの話をしています。尊敬している先輩、もっと売れて欲しい若手、面白い番組のことなどを褒める、肯定的なお笑い分析ならいくらでもできるので、それが最近になってテレビの仕事につながり、面白がってくれる方が増えたことは単純に嬉しいです。


■「テレビ向き」ができない


――今年で芸歴20年になられましたが、いまこのタイミングでその「分析キャラ」が重宝されるようになったのはなぜでしょうか?

(徳井) 「テレビ向きなコメント」、つまりは「オンエアされやすいコメント」を言うのが昔からずっと苦手でした。苦手というか、できない。

 例えば、ハワイの綺麗な海で泳ぎ美味しい料理を食べたいとも思わないし、高級時計が欲しいとも思わない。そういうVTRが流れたとき、若手のときは一生懸命コメントしましたが、やっぱり、本心からの発言でないので現場は全然盛り上がりませんでした。

 しばらくやり続けてもできなかったのと、相方の吉村がそういうコメントが得意なので対比で面白いかなと、試しに「ハワイとか好きじゃないです」って正直に発言したら、共演者もお客さんもシーンとして最悪の空気になったことも……(笑)。良くも悪くも“ノリ”で話せないんです。

 でも、3年前くらいの「ゴッドタン」で「腐り芸人」という企画があって、今のバラエティや芸人に対して日頃考えている本音をストレートに語ったら、結構ウケたんです。

「売れたい」とか「笑いで天下を取りたい」という気持ちが僕にはなくて、他の芸人に嫉妬することも一切ないので、フラットかつ客観的な視点で「分析」できたことが、視聴者に受け入れられたんじゃないかと僕なりに解釈しています。


■「徳井さんの活かし方が分からない」


――ハライチ・岩井勇気さん、インパルス・板倉俊之さんと一緒に出られた「ゴッドタン」の「腐り芸人」初回の放送は衝撃で、ネットを中心にかなり話題になりました。そこまで本音で毒づいて大丈夫?と心配になるくらい……。

(徳井) 僕としてもあの二人の「腐り具合」には敵わないと思っています。そもそも僕は「腐ってはない」という自覚があるくらいなので(笑)。

「ゴッドタン」でいえば、収録にはお客さんがおらず、現場で笑うのはスタッフだけというのも大きかったです。

 というのは、僕の「分析」って、例えば一発ギャグみたいに、見ている人が声を出して笑う芸ではありません。テレビでも収録現場にいるお客さんからは「へー」とか「ほー」とかの反応だけで、笑い声は起きない。だから、スベったように見えるんです。

「アメトーーク!」でも大抵うまくいかなくて、出るたびにスベっていました。スタッフの方からは「徳井さんのことは面白いと思っているんだけど、活かし方が分からない、ごめんね」と謝られることもあったり(笑)。


■「風が吹いてきた」


――確かに「アメトーーク!」では、笑っているお客さんの様子がよく映ります。

(徳井) コロナ以後、バラエティ番組の収録からお客さんがいなくなりました。「アメトーーク!」でも収録現場でリアクションするのはスタッフのみになったのですが、バラエティ番組のスタッフって、強烈な“パンチライン”でないと笑ってくれません。

 一発ギャグやテンポの良い分かりやすいツッコミといった反射神経を使う芸はできない僕ですが、「ここぞ」と決めたときに発する一言にスタッフが反応してくれることは多かったので、「ようやく自分に風が吹いてきた」と感じています。

 苦手なことや得意ではないことに迎合しないで仕事ができているせいか、最近相方から「全芸人のなかで徳井の生き方が一番羨ましい」とまで言われました。


■芸人への「嫉妬」がない


――そんなふうに言える吉村さんの素直さも素敵です(笑)。先ほどの「他の芸人さんへの嫉妬が一切ない」ということについて、もう少し詳しく教えて下さい。

(徳井) 同期に「ピース」や「NON STYLE」がいますし、この世界に入ってすぐ、「自分よりも面白い人だらけ」という事実に打ちのめされました。芸人をやめようと思ったくらいで、芸歴0年目に嫉妬はなくなったんです。

 しかも、千原ジュニアさん、小籔千豊さん、劇団ひとりさんといった先輩芸人さんとお会いすると、もう面白さの桁が違う。悔しさや憧れを抱くのもおこがましいくらいのレベルの差を感じました。で、諦めた。160キロの球を投げられるピッチャーがいる事実に、どう頑張っても120キロしか出ない自分は、競っても無駄と悟るしかありませんでした。

 ただ、そこから僕の「分析癖」は始まったのかもしれません。

 数字化されない「お笑いの面白さ」について、何がどう優れているから面白いのか、構造から考えるようになったことが、きっと今、見ている方に面白いと思ってもらえる「分析」につながっているのかも。


■20年分の「分析ストック」を開放


――そんな鋭い批評眼と卓越した分析力、そして強いお笑い愛が感じられるコラム「逆転満塁バラエティ」がスタートします。書籍『この素晴らしき世界』で吉本芸人さんの奇人変人ぶりを綴った東野幸治さん本人から、後任として指名されたと聞きましたが。

(徳井) 聞いた当初は驚きました。でも光栄ですし嬉しかったです。連載第1回目は、その東野さんをテーマにさせて頂きました。僕が知る限りのことになりますが、結構好き勝手書かせて頂いています。

 もともと文章を書くことは好きなので、連載をすること自体はまったく苦でなくて。「文章を書く仕事がしたい」と会社にはずっとお願いしていて、吉本の有料携帯サイト「ライブよしもと」で「ブラックホールロックンロール」を10年以上連載していたり、小説を書かせてもらったりしたこともあります。本は売れなかったんで申し訳ないのですが(笑)。

――2012年に読売新聞に掲載された、子育てを通じて人種差別について考えたコラムは特に秀逸でした。この後はどんな芸人さんを書かれていく予定ですか?

(徳井) 偉大なる先輩方――小籔さん、加藤浩次さん、千鳥さんや、相方の吉村、それに渡辺直美やEXITなど後輩芸人についても書きたいですし、話したことのない芸人、例えばコウテイなんかも書いてみたい。

「笑っていいとも!」の最終回といった芸人以外をテーマにすることもできるし……いくらでも書けます、なんせ20年分の「分析ストック」があるので(笑)。


■芸人が一番すごい?


 僕自身が芸人なので実体験として分かるのですが、芸人という職業は絶望に陥りやすいものです。なぜなら、ダウンタウンさんがとにかく面白いから。東野さんの回でも書きましたが、あの東野さんでさえ、ダウンタウンさんの圧倒的な面白さに「絶望」した過去がある。

「一番面白くなりたい」という気持ちで芸人を目指したのに、「ダウンタウンよりは一生面白くなれない」ことに、僕と同年代や上の世代の芸人さんのほとんど全員が絶望を経験していて。

 でも、その絶望からそれぞれなりのやり方で這い上がって今があって……。大げさでちょっと照れますが、芸人を通して「絶望の先にある希望」を書きたいんです。

――連載タイトル「逆転満塁バラエティ」にはどんな意味が込められているのでしょうか。

 頭の回転が速い、話がうまい、他人を立てられる、わがままを言わない、意外に品がある、いじられ役にも徹することができる……芸人って軽く見られることが多いけれど、僕は芸人が一番すごい存在だと考えていて、そんな矜持を込めてつけました。

 アイドルにも役者にも負けない、9回裏に逆転満塁ホームランを打てるのが芸人なんだよ、って。ありったけの芸人愛をぶつけていきたいです。

 ***

 徳井健太さんがお笑いについて鋭く分析力を発揮する新連載「逆転満塁バラエティ」はこちら!
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/10031100/

徳井健太(とくい・けんた)
1980年北海道出身。2000年、東京NSCの同期生だった吉村崇とお笑いコンビ「平成ノブシコブシ」結成。「ピカルの定理」などバラエティ番組を中心に活躍。バラエティを観るのも大好きで、最近では、お笑い番組や芸人を愛情たっぷりに「分析」することでも注目を集めている。趣味は麻雀、競艇など。有料携帯サイト「ライブよしもと」でコラム「ブラックホールロックンロール」を10年以上連載している。「もっと世間で評価や称賛を受けるべき人や物」を紹介すべく、YouTubeチャンネル「徳井の考察」も開設している。https://www.youtube.com/channel/UC-9P1uMojDoe1QM49wmSGmw

2020年10月3日 掲載

関連記事(外部サイト)