あゆに石原さとみ…お相手に「一般人」を選ぶ女性タレントがいま続出しているワケ

 石原さとみさん、結婚おめでとうございます。時を同じくして、我らがあゆも第2子妊娠を発表。二人の共通点は、パートナーが一般人男性ということである。そして、お相手の素性を一切明かしていない。あれだけ人気の芸能人だというのに情報が漏れ出てこないというのはスゴい。本人と周囲が相当気を配っていたということだろう。週刊誌の記者や芸能レポーターだけ警戒していればよかったのは昔の話。今は一般人や YouTuberがスマホ片手に盗撮する時代だ。むしろ業界ルールが通じる記者たちよりも怖い存在だろう。秘密を守り切ったスタッフたちの、働きぶりに頭が下がる。

 改めて今年結婚を発表した面々を見てみると、意外と芸能人どうしの結婚が少ないのに気づく。コロナ禍の影響もあるだろう。お相手が一般人というケースは増えているように見える。特に女性芸能人だ。成海璃子や遊井亮子、鈴木ちなみ、BENI、水樹奈々、フジテレビの三田友梨佳アナウンサーなど。生田斗真と清野菜名、瀬戸康史と山本美月といった爽やかビッグカップルもあったものの、昨年に比べると少ない。ちなみに昨年は南海キャンディーズの山ちゃんと蒼井優、EXILE AKIRAとリン・チーリン、小泉進次郎と滝川クリステル、速水もこみちと平山あや、窪田正孝と水川あさみなど、有名芸能人どうしの結婚ラッシュだった。

 ではなぜ最近、一般人と結婚する女性芸能人が増えているのか。落ちぶれているわけでもなく、むしろ絶好調な女性芸能人たち。石原さとみだけではなく、ロケバス運転手と電撃結婚した新川優愛や、“交際0日婚”した元AKB48篠田麻里子といったツワモノたちもいる。しかし絶好調な女性芸能人だからこそ、一般男性との結婚はいま一番メリットがあるのではないかと思うのである。

■誹謗中傷の炎上時代だからこその「自衛策」? 一般人との結婚メリット


 人気女性芸能人が一番恐れるのは、理不尽な形で仕事がなくなることだろう。体調管理がなってないとか、クスリや犯罪に手を染めて仕事を失うならわかる。けれども、例えば身に覚えのないことで誹謗中傷を受け、自分の体調や仕事に悪影響となるのは絶対に避けたいに違いない。残念なことに芸能界では自殺も相次いでおり、タレントたちのメンタル面も不安視されている。ただ現状では、誹謗中傷問題に対してはなんら対策が取られていない。人気男性芸能人と噂になっただけで、SNSに中傷コメントが並ぶのは日常茶飯事。スポンサーの商品を紹介する仕事だってあるだろうに、悪口ばかり並んでは仕事にならないに違いない。それなら自衛策をとるしかないし、芸能人や有名人との交際なんてしないに限る。自分も相手も、誹謗中傷にさらされるリスクが2倍になるのだから。彼女たちがそう思っても不思議ではないのではないか。それに、顔も知られていない一般人が交際相手なら、デートだってバレにくい。理不尽な炎上は格段に減る。

 また一定の年齢以上の女性タレントを、「いつまでも結婚できない女」とからかう風潮もまだある。いくら仕事が絶好調でも、結婚できないのは本人に問題があるからというわけだ。「気が強い」「傲慢」とけなすエピソードがネットニュースになり、年齢や体質による見た目の変化を「劣化」とこき下ろす。これらもまた、歴とした誹謗中傷だ。

 恋愛をすればしたで中傷され、仕事ができても結婚しないと馬鹿にされる。ならば一般人との結婚というのは、人気女性芸能人ほどメリットに見えるのではないか。誹謗中傷リスクを減らし、快適に仕事を続けるための自己防衛策ともいえる。芸能人が一般人と結婚というニュースを聞いた時、意外と庶民的なのね、と好感度が上がることも多い。

 ただ一つ気をつけることがあるなら、相手に関する情報は最小限にするということだ。場合によってはイメージを損なうからである。女性芸能人の夫となる一般人は、実業家やIT社長、外資系企業勤務など、高収入男性と相場が決まっている。だがそうした情報が出ると、結局お金で選んだのね、と勝手にガッカリされてしまう。時にはお相手の女性問題や、前科などがほじくり返されることもある。結婚なんて個人の問題で、お金で選んだって全く問題ないと思うものの、芸能人はイメージが命。ダーティーな印象のついた結婚は、何か起きる度に蒸し返される。

 だからこそ、石原さとみもあゆも決してお相手を明かさない。あゆは結婚していないが、子どもの父親については一切話さなかった。おそらく二人とも、これからも話す気はないだろう。正しい判断だと思うし、第一線で頑張り続けたいから、余計なノイズは生じさせたくないという強い意志を感じる。仕事を頑張りたい人気女性芸能人ほど、一般人男性を選ぶ時代。炎上リスクに打ち手が講じられない限り、この傾向は続くのではないだろうか。

冨士海ネコ

2020年10月9日 掲載

関連記事(外部サイト)