ドラマ「一億円のさようなら」 「妻の遺産48億円」は幸か不幸か

 妻が巨額の遺産を相続していたことがわかった。夫は当然不信感を抱く。やがて1億円を手にして……。驚きの展開を見せるドラマ「一億円のさようなら」(原作・白石一文)の見どころについて。

 大学生のとき、カラオケ店でアルバイトをしていた。90年代前半のカラオケ店は大賑わいで、1日の売り上げが100万円を超える日も。

 前日の売り上げ金を目の前の銀行に持っていき、入金するのが朝番の仕事でもあった。

 あのとき、初めて100万円の重みを知った。ゲンナマで見たのも触れたのも初めて。いつも緊張してわきの下に汗をかきながら、銀行に運んだことを思い出す。

 今は心が汚れたし、キャッシュレスの時代なので、ゲンナマで100万単位のお金に触れることはほぼない。

 映画のように大量のお札をばらまいてはしゃいだ経験もない。なくしたらイヤだなと、みみっちいことを考えるタチである。

 もし1億円のゲンナマが突然手に入ったら? そんなドラマが「一億円のさようなら」(NHK BSプレミアム)である。

 金の出どころは、なんと長年連れ添った糟糠の妻が隠し持っていた遺産。

 26歳のときに会ったこともない親戚から突然相続した額、なんと34億! ブルゾンちえみか。1億足りないけど。

 そして弁護士に管理を任せ、2億円で株を買ったら大儲け、現在は48億円に!!

■綺麗事を言う安田に、上川はふつふつと沸く怒りをぶつける


「妻の資産が48億円」という、不運だか幸運だかわからない目に遭うのが、医療系の企業に勤めるサラリーマン加能鉄平。演じるのは、事務所の宣材写真がいつまでたっても変わらない上川隆也。

 ドラマがまだ始まらず、劇中の場面写真がない時点でのPRに使われるのが宣材写真なのだが、上川の写真はちょっと90年代の六本木のホストっぽいんだよな。これはこれで味わい深いものがあるのだが、そんな些末なことはさておき。

 問題の妻・夏代を演じるのは安田成美。上川・安田の夫婦は、二人の子供を育て上げ、息子(佐久本宝)は医学部に、娘(美山加恋)は看護学校に進学。

 まだまだ子供たちの学費もかかるし、中古で買ったマンションのローンも残っている。困窮しているわけではないが、それなりに切り詰めて慎ましく暮らしてきた。

 そんな折、親戚を名乗る男(阿南健治)が会社に訪れ、金の無心をしてきたことで、上川は妻に48億円の遺産があることを初めて知る。

 いや、それ、当然言い争いになりますわな。「48億?! ひゃっほう!!」とはならないわけで。長い年月近く嘘をつかれてきたことに不信感も抱くわな。

「あれは私のお金じゃないから。大金があるとまともに生きられなくなる」と綺麗事を言う安田に、上川はふつふつと沸く怒りをぶつける。

 うんうん、わかる。お金があれば解決できたことや、もっと違う選択肢があって可能性が広がったことなど、ちまちまと思い起こす上川。

 すい臓がんで苦しんだ母に個室を用意できていたら……新築一戸建てを買うことができていたら……「もしあのとき金があれば」というifエピソードを羅列。製薬会社から関連会社に出向させられて、給料も減った自分の不甲斐なさも含めて、安田に当たり散らす。

■「お互いに1億円ずつもって、どうなるのか試してみましょう


 そして、安田は家を出ていってしまう。同時に、財産管理をしているという弁護士(和田正人)が来て、1億円のゲンナマを上川に渡す。安田いわく、

「ふたりで持っていたら、お互いに気を遣ったり、惑わされたりするでしょう? お互いに1億円ずつもって、どうなるのか試してみましょう」

 なんだそりゃーっ!! と戸惑いながらも、頭の中は1億円でいっぱいになる上川。思わず書き出すよね、使う用途を。

 マンションローン700万、娘の仕送り8万×24か月、息子の仕送り8万×72か月、風呂リフォーム65万……つって、几帳面にリストを書き、生活費を計算して82歳までイケる計算までする上川。

 このみみっちいというか、しみったれた、ちまちました感じがすごく新鮮。

 近年の俳優・上川隆也は清く正しく正義の人、あるいは変人扱いの天才肌みたいな役どころが多かったからかな。

「金に関しては実は男性の方がケチで緻密でこうるさい」という私の持論が見事に証明されているのだ、上川の演技で。

 と、これが起承転結の「起」の部分である。ドラマにはもっと深みと広がりがある。

 まず、有り余る金を手にしたものの、上川にはトラブルや試練が待ち受けている。上川の会社の工場が爆発事故を起こし、部下(堀井新太)が重傷を負う。

 社内の派閥争いのような不穏な空気もあり、上川は事故対策本部の統括、つまり面倒臭い世間と社内の「調整役」を押し付けられてしまうのだ。

 また、子供たちも問題を抱えている。医師と看護師になるべく勉強していると思いきや、それぞれが別の道を模索している様子。頼りにしたい妻は行方知れずで、上川は追い込まれていく。


■もうひとつの軸は、過去の物語


 もうひとつの軸は、過去の物語。若かりし頃の鉄平と夏代(演じるのは松村北斗と森田望智)のパートも、織り交ぜて描かれている。それぞれが製薬会社のMRと看護師だった頃の物語で、遺産を相続したときも今後描かれるようだ。

 森田はNetflixの「全裸監督」で黒木香役を怪演した若手女優。決して派手な顔立ちではないが、いつ見ても違う顔と表情で役作りができる有望株でもある。

 上川が追い込まれていく現在と、安田が抱えてきた過去を重ねるように展開していく構図、私は好物だ。

 いずれ交わって、いろいろなことがパーッと拓ける瞬間も期待できるし、ふたつのドラマを一度に楽しめるお得感もある。主演は上川隆也だが、ボリュームとしては過去パートのほうが多いのかもしれず。

 さて、気になるのは武田真治だ。一時期、バラエティばかりで、ドラマから姿を消していたのだが、NHKの「みんなで筋肉体操」出演をきっかけに紅白歌合戦にも登場。

一躍茶の間の人気者になってから、ここ1年で役者・武田真治が復活。とても嬉しく思う。凝視必至の濃い顔立ちと無駄な筋肉美もさることながら、演技派であることを改めて感心させられるから。

 武田の役どころは、医師で森田の不倫相手。離婚して、看護師の森田をかっさらって海外へ連れて行こうと目論んだものの、見事にフラれる。フラれたのだが、現在のパートでも登場。なぜか安田と再会する。なにやらキナくさい。

 普段ドラマを観ない人がハマって蘊蓄たれ始めるような話題の作品ではないが、地味にじわじわと心をえぐってくる良作。

 お金が主題に見えるが、重きは別のところに置いてある。ドラマを観終えてから、原作を読もうと思った。

吉田潮(よしだ・うしお)
テレビ評論家、ライター、イラストレーター。1972年生まれの千葉県人。編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。2010年より「週刊新潮」にて「TV ふうーん録」の連載を開始(※連載中)。主要なテレビドラマはほぼすべて視聴している。

週刊新潮WEB取材班編集

関連記事(外部サイト)