学会関係者が明かす「石原さとみ」の篤い信仰心 元カレとの破局にも影響?

石原さとみの篤い信仰心を創価学会関係者が明かす 結婚発表も親族は困惑か

記事まとめ

  • 深田恭子や綾瀬はるかと共に"ホリプロ三人娘"と称される石原さとみが結婚を発表した
  • 石原は創価高校出身で父は学会本部職員、母は聖教新聞社の元専務理事の秘書だったそう
  • 前田裕二氏は交際中、毎朝お題目をあげる石原の声で目を覚ましていたとか

学会関係者が明かす「石原さとみ」の篤い信仰心 元カレとの破局にも影響?

■「私もこの家族と家族になりたい」


 今月1日、石原さとみ(33)が結婚を発表した。創価高校を卒業し、両親も熱心な学会員であることが知られる彼女について、学会関係者に話を聞いてみると――。

 ***

 このところ暗い話題ばかりが取り沙汰される芸能界に、突如としてもたらされたのは超弩級の「慶事」だった。今月1日に“電撃婚”を発表したのは、深田恭子綾瀬はるかと共に「ホリプロ三人娘」と称される石原さとみである。

 しかし、お相手に関する情報は「一般の会社員」というのみ。目下、芸能マスコミは当代きっての人気女優の“新郎”探しに明け暮れている。

 芸能デスクによれば、

「何しろ、石原は結婚報道でスポーツ紙の1面を飾れる数少ない女優のひとりなので、各社ともお相手を突き止めようと躍起。ここまでの情報を総合すると、外資系の金融関連企業に勤める同年代の男性で間違いなさそうです。30代前半で年収2千万〜3千万円を稼ぐことも珍しくない会社です」

 結婚の決め手は食事や服の好み、親孝行など、お互いの“価値観”が似ていたことだった。ふたりは、石原の友人夫婦の紹介で知り合い、お互いの両親への顔合わせも済ませたという。

「石原は相手の家族に会ったときに、“私もこの家族と家族になりたい”と、涙が出るほど感動したのだとか。妊娠はしておらず、結婚式・披露宴の日程も未定ながら、入籍は年内に済ませるということです」(同)

■親族は困惑


 2002年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞した石原は、翌年にはNHKの朝ドラ「てるてる家族」で主演に抜擢され、大河ドラマ「義経」でもヒロイン・静御前役で出演を果たした。

 一昨年の「アンナチュラル」(TBS系)では法医解剖医という難しい役どころで高い評価を得ている。

 だが、関東近県に住むトップ女優の親族を訪ねると、意外や困惑しきりなのだ。

「うーん、彼女は地元にほとんど帰ってこないし、最近はお父さんと年賀状のやり取りをするくらいなんですよ。それこそ、彼女が中学生の頃に、お父さんとふたりで親戚の結婚式に訪れて以来、顔を合わせていません。お父さんは6人きょうだいの末っ子だったから、彼女も他のいとことは年齢が離れていますしね。芸能界入りしたことも後になって知ったほどで、今回の結婚相手についても全く聞いていないんです」

 その上で、こう続ける。

「他の親戚たちと比べても、彼女の家族はバリバリの“学会員”ですから。お相手の素性は分かりませんが、やっぱり家族を含めて“価値観”が合う人じゃないと結婚はできないと思いますけどね……」

■「名誉会長」のお気に入り


 テレビでは一切報じられていないが、石原は創価高校出身で、両親とも学会員という家庭に育った。

 創価学会に詳しいジャーナリストの乙骨正生氏が語るには、

「彼女の父親は学会本部の職員で、母親は“学会の金庫番”と呼ばれた、聖教新聞社の中西治雄元専務理事の秘書を務めていました」

 ちなみに、中西氏は「金庫事件」で知られる人物。1989年に横浜市の産廃処理場で1億7千万円もの現金が入った金庫が見つかり、これが中西氏の持ち物と分かったことで“学会のウラ金”ではないかと疑惑の目が向けられた。

「両親が本部の職員を務めた筋金入りの学会員ですから、石原さんの結婚相手も同じ信心を持っているということが大前提になると思います。しかも、彼女は学会の最高権力者、池田大作名誉会長のお気に入りですからね」(同)

 その寵愛ぶりを示すエピソードをひとつ。

 先述した大河ドラマ「義経」に、石原の出演が決まった頃のことだ。

「ある幹部会議の席上で、池田名誉会長のメッセージが披露されたのです。そこでは“彼女はよく手紙をくれてね。修学旅行に行けばお土産を贈ってくれる。日本アカデミー賞の新人賞のときも賞状を持ってきてくれたんだ”と、秘話を明かしていました」(同)

 実際、学会関係者によれば、石原本人も熱心な信者として知られており、

「多忙な芸能活動の合間を縫って集会にも足を運んでいて、誰かが発言している最中は背筋を正して聞き入っています。たとえ“あっ、石原さとみが来てる”と気づいた人がいても、彼女の真剣な表情を目の当たりにするとミーハーな気持ちで声は掛けられない。創価高校時代の友人たちとはいまも仲が良いですね」

■元カレとの破局の原因は


 もちろん、彼女がどんな信仰を持っていようと、あくまで個人の自由である。

 とはいえ、老婆心ながら創価学会に限らず、石原のように信仰心の篤い家庭で育てば、異なる価値観のお相手と結ばれるのはなかなか難しいものがあるだろう。

 たとえば、昨年7月に破局が報じられた“元カレ”の前田裕二氏の場合はどうだったか。

 ライブ動画配信サービス「SHOWROOM」を立ち上げた前田氏はIT業界の寵児で、そのイケメンぶりから情報番組のコメンテーターとしても引く手あまたである。

 一時は、石原と半同棲生活を送り、“結婚秒読み”とまで囁かれていたが、

「石原さんが前田さんを折伏(しゃくぶく)、つまり、学会に入信するよう勧誘していたのは事実だと思います」

 とは先の学会関係者。

「学会の会合では“体験発表”が行われます。人生におけるさまざまな苦難をいかにして信心の力で乗り越えたか、その体験を他の会員に伝えるわけです。石原さんはある会合で心底、感動したようで、“今日の体験発表、すごかったよ! 本当に泣いちゃった。マジでヤバかったんだから! 裕二君も聞いた方がいいよ〜”などと、前田さんに熱っぽく語っていたと耳にします」(同)


■「女優の石原さとみが家で待ってるんだから!」


 では、そんなふたりが破局に至ったのはなぜなのか。

 事情を知る芸能関係者が声を潜めて明かす。

「ふたりが半同棲していた頃、前田さんは毎朝のように、お題目をあげる彼女の声で目を覚ましていたと聞きます。彼女の勤行が寝室に響くほどだったらしくてね。ただ、石原さんが入信を迫ったことが破局の原因かといえば、どうも違うようでして。というのも、前田さんは幼い頃から母子家庭で育ち、母親も8歳のときに亡くなっています。その後は、年の離れたお兄さんと暮らしながら早稲田大学政経学部に進学した苦労人。もし自分が入信しても影響を受ける家族が限られているので、“入信するのは構わないんですけど……”と漏らすこともありました」

 にもかかわらず、交際を解消したのには、別の理由があるという。

 かつてジャニーズの山下智久や、俳優の佐藤健などと浮名を流した恋多き女優も、ここ最近は、知的なエリートタイプに惹かれるようになったそうで、

「前田さんと付き合ったのも、彼の教養や仕事への取り組み方に共感したからに他なりません。ただ、石原さんは女優としてのプライドが高く、向上心に溢れる性格。前田さんが多忙を極めているときでも、彼女はハイテンションでぶつかってきて、好奇心の赴くままに質問攻めにすることもあったようです。前田さんが仕事を終え、遅くにくたくたになって帰宅した際も、出迎えた彼女は“女優の石原さとみが家で待っているんだから元気出して!”とハッパをかけたのだとか。彼女に悪気はないとはいえ、そんなやり取りが続いたことで前田さんは精神的にキツくなっていったそうなのです」(同)

 ともあれ、前田氏との破局を経て、より“価値観”の合うお相手を見つけたのであれば喜ばしい話だろう。

「週刊新潮」2020年10月15日号 掲載

関連記事(外部サイト)