相葉雅紀「I LOVE みんなのどうぶつ園」はなぜオールロケになったのか

相葉雅紀「I LOVE みんなのどうぶつ園」はなぜオールロケになったのか

相葉雅紀

 16年半続いた「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ)の後継番組「I LOVE みんなのどうぶつ園」がスタートした。MCの相葉雅紀(37)以外は、レギュラーを一新し、スタジオ収録なしのオールロケ番組に様変わりした。コロナ禍でのオールロケはさぞや大変だろうが、そうせざるを得ない理由もあったのだとか。

 ***

 10月3日の初回2時間SPは視聴率11・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずの好発進だった。中でも、番組後半の「志村けんさんの愛犬は今」の評判が良かったようだ。芸能記者は言う。

「『志村どうぶつ園』に出演したことがきっかけで、志村さんが飼うことになった柴犬“殿くん”のその後を紹介していました。志村さんが帰らぬ人となってから、殿くんは志村さんを求めて家中を探し回ったそうです。しかし、亡くなったことを悟ると、志村さんに殉ずるかのように水もエサも拒否。散歩にも行かない殿くんを救ったのは、志村さんの家政婦をしていた女性の息子たちでした。彼らが根気よく遊びに誘ったことで、殿くんも元気を取り戻していく。現在、家政婦さんの家に引き取られた殿くんを相葉君が訪ねるという話で、SNSでも反響を呼びました」

 まさに「志村どうぶつ園」を引き継ぐ内容だった。


■決めているのはそれくらい


「ただ、ちょっと気になる部分もありました。番組は千葉県の動物園ロケからスタートしたのですが、桝太一アナから質問が出たんですよ」(同・芸能記者)

桝アナ:新番組なのに、スタジオないんですか?

相葉:“動物がいる所”がスタジオでしょう!

ナレーション:そう、毎回、世界中の動物たちがいる現場から――決めているのはそれくらい。


■苦肉の策


「初回は確かにオールロケで、スタジオ収録の場面はありませんでした。スタジオ的な役割を持っているのが、相葉君が運転するハイエースに牽引されたトレーラーです。一見キャンピングカーのようですが、内部には複数のモニターがあって、中継車のようになっていました。そこから相葉君がモニターを使ってリモート中継するわけです。それなら『志村どうぶつ園』と同じように、スタジオ収録でやればいいのにと思ってしまいましたね」(同・芸能記者)

 スタジオなしのオールロケについては、早くも異論が出始めている。

 5歳の息子を持つ、とある40代の父親は言う。

「息子が“『志村どうぶつ園』を見たい”って言うから、『みんなのどうぶつ園』を見たんですけど……なんだか企画もバラバラで、映像は動物よりもゲストが中心。別の番組になっちゃったなあと思って息子を見ると、とっくにテレビに飽きてました。チャンネルを変えましたよ」

 SNSにもこんな書き込みがある。

〈相葉くんががんばってるのはわかるんだけど、志村どうぶつ園と比べて、I LOVE みんなのどうぶつ園は、スタジオ収録がなくなり、芸人さんもいなくなっちゃって、笑いどころがなくなった印象…〉

 それは日テレ社内でも同様、と関係者は言う。

「初回は志村さんの愛犬以外、これといった目玉企画もありませんでしたからね。上層部からは『なぜスタジオがないのか?』、『内容的に厳しい』、『メリハリがなくて飽きてしまった』など辛口な意見が飛び交ったそうです」

 10月10日に2回目は、その傾向はさらに顕著なものとなった。

「ゲストの柴咲コウ(39)は、この日にスタートするドラマ『35歳の少女』の番宣ですし、ムササビの飛行を撮るために高尾山で12時間ロケを敢行したジャニーズJr.の那須雄登(18)は頑張ってはいたものの、状況をうまく説明できていない。その上、企画の間に別の企画を嵌め込むので、とっ散らかった印象です。スタジオを間に入れれば、メリハリが効いて整理されるのですが」(同)

 なぜ、スタジオ収録を頑なに行わないのだろうか。

「実は、『志村どうぶつ園』のレギュラー陣をリストラしたためなんです」(同)

 デイリー新潮は、「相葉雅紀の『志村どうぶつ園』後継番組 出演者がなかなか決まらないワケ」(9月11日配信)で、相葉以外のレギュラー陣がリストラされることに所属事務所が猛反対している。そのため、新番組の出演者が決まらないと報じた。

「その後、番組プロデューサーと総合演出らは、『みんなのどうぶつ園』に継続出演できない理由を探し出した。それこそが所属事務所も納得せざるを得ない、オールロケだったのです」(同)

「志村どうぶつ園」のレギュラーといえば、相葉以外に、山瀬まみ(51)、タカアンドトシ(タカ[44]、トシ[44])、DAIGO(42)、ハリセンボン(近藤春菜[37]、箕輪はるか[40])、そして滝沢カレン(28)がいた。

「16年以上も番組が続いたのは、志村さんはもちろん、番組スタッフ、そしてレギュラー陣のチカラでもありました。チカラがあったからこそ、『志村どうぶつ園』に出演しながら、それぞれが他のレギュラー番組を持ったり、看板番組を持つ“超忙しいタレント”になったのです。そこにプロデューサーと総合演出は目をつけたようです」(同)

〈新番組「I LOVE みんなのどうぶつ園」はオールロケ番組に内容を一新します。そのため、ロケに稼働していただけないのであれば、卒業していただくしか……〉

「という交渉をしたそうです。人気タレントはロケのためのスケジュール調整など到底できるはずがない。高尾山でムササビを探して12時間ロケなど不可能です。最終的に、これで旧レギュラー陣は諦めざるを得なかった」(同)

「みんなのどうぶつ園」は、予定通り若手を中心にリニューアルされた。代わりに橋本環奈(21)、ティモンディ・高岸宏行(28)、那須雄登といった旬のタレントたちが登場している。

「しかし社内には、このままロケを続けられるのか、という声もあります。まだコロナの影響が続く中、ロケだけで行くのは至難の業です。万が一、感染者が出た場合、誰が責任を取るのか。旧レギュラー陣を卒業させるための“苦肉の策”が足を引っ張る可能性が大いにあります。これから大変でしょうね」(同)

週刊新潮WEB取材班

2020年10月24日 掲載

関連記事(外部サイト)