専業タレントはもう古い? フワちゃん、丸山礼、ラランド・サーヤ…二足のわらじ女子たちの強さ

専業タレントはもう古い? フワちゃん、丸山礼、ラランド・サーヤ…二足のわらじ女子たちの強さ

フワちゃん

 1万時間の法則、というのがあるらしい。何事も1万時間費やせば、その道では一流のスキルが身につくという話である。けれども、今どき一つのことに打ち込むなんてバカみたい、と思う人は増えたのではないだろうか。特にお笑い界、最近よく見かける女性たちは、みな“二足のわらじ”女子である。

 筆頭がフワちゃんだろう。昔はYouTuberって得体のしれない稼業だったが、要は何でもありの個人商店。指原莉乃の友達という触れ込みと、ド派手な衣装にタメ口のはっちゃけキャラで、瞬く間にバラエティ界を席巻した。かつてはキワモノのお客さん扱いされていたが、今や立派なレギュラーに。「で、君は何をしてる人なの?」と芸能人としての覚悟と売れ具合を問い続けてきたあの和田アキ子でさえ、「フワちゃんに会いたい、機転が利く」とヨイショしたのには驚いた。今は自分より人気が上だと、認めざるを得なかったのだろう。

 個人商店といえば、事務所に所属せずフリーで活動するラランド・サーヤも大人気だ。お笑い芸人の傍ら広告代理店にも勤務し、「アメトーーク!」や「セブンルール」などの番組に引っ張りだこである。出演時は、「銀行員とか商社マンと遊んでる(から、女性芸人は男性芸人に告白しないとモテないような扱いはやめてほしい)」「尊敬する先輩としか飲みに行かない」などの発言も飛び出し、賛否両論を呼んだ。

 また事務所に所属しながらも、テレビよりYouTubeを主戦場に置く芸人もいる。例えば丸山礼がそうだ。ブレイクのきっかけは、土屋太鳳やロバート秋山の顔マネ。でも今やお笑いだけでなく、ファッションブランドまで手掛ける多才ぶりを見せている。出始めの頃は素朴な雰囲気だったが、めっきりキレイなお姉さんになっていた。

 本業をちゃんとしてりゃいいのに、アピールがうるさい、と批判する声もまだまだある。でも、彼女たちは実に堂々としていて楽しそうだ。実力だってもちろんある。ラランドはアマチュアながら、2019年のM-1グランプリ準決勝進出。丸山もワタナベコメディスクールの特待生にスカウトされ、首席で卒業という経歴だ。でも彼女たちの強さは、実力よりも二足のわらじゆえの余裕に負うところが大きいのではないか。「副業」の場所で保険をかけているから、テレビではやりたい放題できるということだ。

 テレビがダメでもYouTubeがあるし、芸人以外にも稼ぎ口があるし。私のことが嫌いなら見ないでいいよ、ファンもフォロワーもたくさんいるんで。ていうか、「副業」はテレビの方。そう言わんばかりのふてぶてしささえ感じることもある。でも、そのふてぶてしさも芸のうち。冴えない、モテない、気遣われない女性芸人の役回りから脱出するには、それくらいのインパクトある態度でないと聞いてもらえない。そのことをよくわかっているのだろう。


■見えない「苦労」より見せる「努力」 あえて専業タレントに縛られない戦略


 かつてのお笑い芸人といえば、売れない下積み時代はアルバイトにいそしんでいた、というエピソードをよく聞く。けれども二足のわらじ女子たちに、下積みの悲哀や泥臭さは感じられない。その手の苦労話を語る芸人は腐るほどいるし、テレビに出て売れない限りは、過去を披露するチャンスさえもらえない。ではテレビに出るのに必要なのは何かというと、才能よりも話題性ではないだろうか。

 それならば、別の道で話題になってからテレビのオファーを待てばいい。二足のわらじ女子たちに感じるのは、そんな冷静な生存戦略である。そして成功の秘訣は、見えない「苦労」より見せる「努力」だ。フワちゃんや丸山が、YouTubeで試行錯誤を重ねて人気に火がついたように。サーヤがファッション誌ばりに、「広告代理店勤務」をアピールするように。

 最近ではゆりやんレトリィバァのダイエットが記憶に新しい。彼女もピアノネタや全米デビューに続き、今度は筋トレに励む様子を見せて女性層の支持を得た。黙々と本業を頑張るのではなく、本業以外の分野に挑戦する様子をどんどん見せること。それこそが令和で好まれる「努力」のあり方であり、ひとつの勝ち筋なのだろう。

 自虐やブスいじりもいとわず、お笑いだけに打ち込む女性芸人ももちろんすばらしい。彼女たちのひたむきさが好きな人には、二足のわらじ女子たちは浮ついて見えるに違いない。おそらくそのモヤモヤを中和しようと、「実は帰国子女でバイリンガルのフワちゃん」とか、「よく見ると美人のサーヤ」とか、妙な枕詞がつくこともある。そう思うと、二足のわらじ女子たちのブレイクは、まだ第1段階に過ぎないのかもしれない。彼女たちが本当に評価されるのは、その枕詞が取れた時なのだろう。その時こそアッコさんに、「君は何をしている人なの?」と改めて聞いてみてもらいたいなと思う。

冨士海ネコ

2020年10月25日 掲載

関連記事(外部サイト)