フワちゃんのタメ口に「アンタ柴田」が苦言 ヒロミを思い出すスタッフの心配事

フワちゃんのタメ口に「アンタ柴田」が苦言 ヒロミを思い出すスタッフの心配事

ファンとアンチ、どちらが多い?

■視聴者も賛同


 NEWSポストセブンは10月19日、「フワちゃんブレークで再確認 嫌われないタメ口女性の歴史」の記事を配信した。YAHOO!ニュースのトピックスにも選ばれたため、ご覧になった方もいるだろう。

 ***

 記事では《フワちゃんの大先輩ともいうべき“憎まれないタメ口オンナ”》として、浅田美代子(64)、岩崎宏美(61)、松本伊代(55)といった名を挙げた。

 その一方で、10月16日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系列・金曜・21:55)で、フワちゃん(26)に対する“タメ口批判”が放送された。そして相当な視聴者が溜飲を下げたようなのだ。

 この日は特別編として、「人志松本の酒のツマミになる話」がオンエアされた。「人志松本のすべらない話」のパロディで、出演者の全員がスタジオで酒を飲みながらトークを繰り広げる。

 ちなみに番組の“看板企画”とでも言うべき「本音でハシゴ酒」の場合はロケ。MCはダウンタウンの松本人志(57)と浜田雅功(57)、そして進行役として坂上忍(53)が出演する。

「人志松本の酒のツマミになる話」の場合は浜田が出演せず、松本と千鳥の大悟(40)、ノブ(40)の3人がMC・進行役を務める。


■柴田の問題提起


 この日も出演者は楽屋で酒を飲み、多少“温まった”状態で収録が始まった。まさに“四方山話”に花が咲いたのだが、番組が終盤に差し掛かった頃、松本が若槻千夏(36)に「フワちゃんのことをどんな感じで見てんの?」と質問したのだ。

 若槻が「すごい長く続くんだろうな」と今後の活躍を保証すると、松本も「頭いいよね、あの子」と頷いた。

「営業妨害になっちゃうけれど」と若槻は前置きした上で、フワちゃんを「本当に普通に話せる」と評価した。

 何しろフワちゃんといえば、“非常識”が最大のセールスポイントだ。天然と言えば聞こえはいいが、傍若無人、やりたい放題の芸風が話題を集めてきた。

 ところが若槻は、「フワちゃんはコミュニケーションが取れる、常識的な側面もある」と暴露したわけだ。これは確かに「営業妨害」なのかもしれない。

 そんな中、アンタッチャブルの柴田英嗣(45)が「これ、ダサイんですけど、今さらこれ言うの。タメ口をきくタレントってどうなんですか?」と問題提起した。


■千鳥のノブは擁護


 スタジオに若槻の笑い声が響くと、松本も「ちょいちょい問題になるよね、これって」と関心を示す。

 柴田は「僕はフワちゃんにため口きかれても文句言ったことないし、ほかのそういった方々に文句言ったことないです」と、まず予防線を張る。

 その上で、柴田は「俺がリスペクトしてる人に、それを(註:タメ口)を使われてるのが、俺、めちゃくちゃ腹立つんですよ」と言い放った。

 出演者が「おーっ」と声をあげる中、柴田は「俺の先輩にタメ口をきくなら、一回、俺を通せ」と自説を披露してスタジオは爆笑となった。

「本当は俺、めちゃめちゃイヤなの。このご時世、そういうタレントを認めなきゃ、ってなってっけど、なんですか、あれ!」

 これで再び笑いが起きて、番組はCMに入る。そしてCMが開けると、若槻が「私はシンプルに柴田さんダサいと思う」と噛みつき、こちらも爆笑となった。


■伊集院光の「不快感」


 ここで千鳥のノブは“タメ口を認めないとダサくなる風潮”には同意しつつ、「柴田さんの肩を持ちますけどね」と擁護。柴田も「俺が嫌なわけじゃないのよ。俺が尊敬している人に対してもやっているのが嫌なのよ」と説明を重ねた。

 すると若槻が「(フワちゃん)本人に言えば」、「(番組で)言うことじゃない」、「ここで言っているからダサい」と攻撃。柴田は「問題の提起として言ったのであって、別にタメ口をきくタレントに文句を言いたいわけではない」と弁明すると、若槻も笑い転げた。

 このやり取りに、民放キー局でバラエティ番組の制作に携わっているスタッフは驚いたという。「フワちゃんに対する宣戦布告という印象を受けました」と打ち明ける。

「番組でも『フワちゃんを認めないとダサくなる風潮』が話題になっていましたが、実際のところ、テレビやラジオでフワちゃんに物申す人はいませんでした。

 その一方で、例えばSNSなどを検索すると、フワちゃんに対する批判が相当数にのぼっています。対照的な状況と言っていいでしょう」(同・スタッフ)

 今年9月、伊集院光(52)がフワちゃんに不快感を覚えたかどうかで話題になる一幕があった。


■伊集院はネタ、柴田は……?


 伊集院がテレビ局のメイク室で「動物の赤ちゃんの話」で盛り上がっていたところ、たまたま隅のほうにいたフワちゃんが「伊集院光がメイク室で機嫌よさそうにワラビーの赤ちゃんの話してたわら」とSNSに投稿してしまったのだ。

 このエピソードを伊集院はラジオ番組で披露。「まるで盗聴器」とツッコミを入れた。するとオンエアを聞いた一部のネットメディアは、この放送を紹介、「伊集院がフワちゃんに不快感」と報じた。

 すると、記事を読んだ伊集院がTwitterに「あれ聞いてこう書くんだ。嫌ンなるねえ」と投稿。「フワちゃんに不快感」という記事に不快感を示した。

「伊集院さんはネタで喋ったとし、不快感を覚えたわけではありません。これまで笑いを取るために“フワちゃんネタ”を披露した芸人さんは他にもいますから、芸能界はフワちゃんに理解を示しているようにも見えます。

 これに対して柴田さんは、ネタとしてフワちゃんへの不快感を示したという体を取りました。ですが、実際は本音が相当に含まれていたと思います。

 柴田さんの“宣戦布告”に今後、どれくらいの賛同者が芸能界で現れるのか、がポイントでしょう」(同・スタッフ)


■ヒロミも人気は急落


 フワちゃんは、ヒロミ(55)や高嶋ちさ子(52)、鈴木おさむ(48)といった面々を例に挙げ、「自分は礼儀知らずだが、その悪いイメージが幸いして、少し挨拶しただけで関係が良好になった」とネタにしたことがある。

 特にヒロミは同じ八王子出身で、かつては先輩にタメ口でツッコむ芸風が人気を集めた。

 1996年から2004年まで、ヒロミと堺正章(74)は「発掘!あるある大事典」(フジテレビ系列)でMCを勤めた。

 健康情報を扱うバラエティ番組として人気を呼んだが、07年にデータ捏造問題が発覚。打ち切りとなってしまう。

 ところがヒロミは、打ち切り前の04年にMCを降板した。更に、その後は出演番組が急減し、芸能界引退に追い込まれたような印象を与えた。

 このため、「ヒロミは堺正章の怒りを買い、芸能界を干された」という出所不明の情報が、まるで都市伝説のように語り継がれた。


■芸能界はタメ口が嫌い


 実際のヒロミはトレーニングジムの経営で成功を収め、14年にテレビ出演を再開。17年9月には「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系列・日・21:00)に出演、堺に干されたどころか、恩人として感謝していると明かして大きな反響を呼んだ。

 ヒロミは仕事が減ったのは「先輩にタメ口をきくような芸風が、世間の風潮と合わなくなっていった」と説明。今さらキャラを変えてまで芸能界にしがみつきたいとは思わず、ニューヨーク留学を決心したという。

 相談すると誰もが留学に賛成する中、堺だけが「逃げるな、日本にとどまれ」と強い調子で反対した。これでジムの経営で成功するきっかけを得たのだという。

「当時、ヒロミさんの人気といえば、フワちゃんの比ではありません。そんなヒロミさんでさえも、世論はタメ口に批判的だったわけです。

 今はネットの発達で世論が変化するスピードは増す一方です。柴田さんの発言がきっかけとなって、フワちゃんの芸風に拒否反応を示す視聴者は、今後、増えていくかもしれません」(同)

 そもそも、芸能界は礼儀に厳しい。タメ口を嫌う大物は少なくない。お笑いの世界でも、柴田の指摘に“重鎮”が賛意を示す可能性がある。


■“計算”を世論はどう思うか?


「柴田さんが尊敬している先輩といえば、筆頭格はタモリさん(75)とビートたけしさん(73)でしょう。

 タモリさんならタメ口を許容されると思います。ですが、たけしさんは本質的には“先輩へのタメ口”は許さないタイプのはずです」(同)

 同じようにタメ口に対して批判的な大物芸能人として、和田アキ子(70)、デヴィ夫人(80)、美川憲一(76)、上沼恵美子(65)──という面々が挙げられるという。

「皆さん大人ですから、フワちゃんと共演することになっても、彼女が人気者である限りは何も言わず、そつなくこなされるでしょう。

 しかし、人気が落ちたり、柴田さんのようにフワちゃんに不快感を示す芸能人が増えたりすると、大物も拒否反応を明かす可能性は否定できません。こうなると、フワちゃんのタレント生命があやうくなるかもしれないのです」(同)

 芸能界には「タレント仲間に嫌われると、タレント生命は必ず短くなる」という“法則”があるという。フワちゃんが当てはまるかどうか、まさに正念場なのだ。


■フワちゃん、絶体絶命!?


 とはいえ、松本人志が「頭がいい」と評したのだ。フワちゃんも、自分へのバッシングが強まる可能性を、視野に入れていてもおかしくない。

「確かにフワちゃんは天然のように見えて、実は巧みに計算しています。一例を挙げれば、誰にでもタメ口のようなイメージがありますが、実は“タメ口度”を相手に合わせて微妙に調整しています。

 顕著なのは愛称と呼び捨てを使い分けるところで、明石家さんまさん(65)なら『さんまさん』、松本人志さんは『松ちゃん』、そしてヒロミさんは『ヒロミ』という具合です」(同)

 果たして、これがいつまで通用するか──。

 実際、Twitterを検索すると、柴田を応援する声は多い。そんな中に、《もっと言って欲しい》と応援する投稿があった。

《「そういうキャラ」とか「裏ではちゃんとしている」とか関係なくね? ただひたすら不快感しかない》

 こうした声が芸能界に広まってしまったら、テレビ出演はなくなってしまうだろう。

週刊新潮WEB取材班

2020年10月26日 掲載

関連記事(外部サイト)