風吹ジュンは誘拐されホテルで軟禁… 昔、芸能人の事務所移籍はこんなに大変だった

風吹ジュンは事務所移籍時になかにし礼氏ら旧事務所側から誘拐され、ホテルで軟禁状態

記事まとめ

  • 風吹ジュンは事務所移籍時なかにし礼氏ら旧事務所側から誘拐され、ホテルで軟禁された
  • 新事務所の社長も暴力団の事務所で監禁されたが、風吹ジュンも社長も警察に保護された
  • 芸能事務所を巡っては、安西マリア氏も社長の『パワハラ』に耐えかね一時失踪している

風吹ジュンは誘拐されホテルで軟禁… 昔、芸能人の事務所移籍はこんなに大変だった

風吹ジュンは誘拐されホテルで軟禁… 昔、芸能人の事務所移籍はこんなに大変だった

風吹ジュン

 近年、芸能人が事務所を移ることは、それほど珍しい話ではなくなった。だが歴史を繙くと、そこには移籍をめぐる様々な軋轢があった。『芸能人はなぜ干されるのか?』『芸能人に投資は必要か?』の著書で、芸能界の雇用問題に切り込んだフリーライターの星野陽平氏が、今昔の移籍事情を解説する。

 ***

 大手芸能事務所、オスカープロモーションの人材流出が止まらない。

 オスカーといえば、1970年設立の老舗で、7000名近いタレントを抱える業界の最大手だ。また「美の総合商社」と呼ばれるほど多くの美人タレントを輩出してきた。ところが、昨年末から今年にかけて、米倉涼子や忽那汐里、岡田結実、長谷川潤、ヨンア、草刈民代、紫吹淳、福田沙紀、剛力彩芽、堀田茜、森泉……と、売れっ子が相次いで退社している。米倉や剛力らはフリーとして活動を続けるが、岡田はViivo、長谷川とヨンアはIsle management、草刈はワタナベエンターテイント、堀田は渡辺プロダクション系列のトップコートと、別事務所に移籍するタレントも多い。10月17日にオスカーを辞めた森泉の新天地はウォークという事務所だ。

 相次ぐ退社の一因は、古賀誠一会長の娘婿のパワハラとも報じられているが、近年、タレントの雇用の流動化が進んでいるのも事実だ。筆者は2014年に『芸能人はなぜ干されるのか? 芸能界独占金禁止法違反』(鹿砦社)を上梓し、タレントの独立や移籍を阻む芸能界の体質を問題視してきた。改めて、タブーとされた芸能人の独立や移籍について考察しよう。


風吹ジュン誘拐事件


 所属するタレントが独立したり、タレントに移籍されれば、芸能事務所にとって大きな痛手だ。また、それらが当たり前になると、各芸能事務所はタレントの争奪戦を繰り広げるようになる。やがてはタレントのギャラが高騰し、芸能事務所の体力を奪いかねない。そのため芸能事務所はタレントの独立や移籍を防止する策を講じてきた。

 古くは1953年、大手映画会社5社が、所属する俳優の引き抜き防止カルテルを結んでいる。それを引き継いだのが、1963年に設立された芸能事務所の業界団体・日本音楽事業者協会(音事協)だ。芸能事務所の意向を受けて、マスコミもこれに追従。タレントの独立・移籍の禁止は「芸能界の掟」として定着していった。

 当然ながら、タレントが独立・移籍することは、法律上なんの問題もない。労働基準法の規定によれば、1年を超える期間の雇用契約は申し出をすればいつでも退職できるとされている。つまり、雇用契約を結んで1年が経過すれば、タレントはいつでも事務所を辞めることができるのだ。だから、芸能事務所は、引き抜き禁止のカルテルを結んだり、裏から手を回してテレビ局に圧力をかけるなどの手法を取ってきた。そんな中、音事協に加盟していない小さな芸能事務所では、タレントの移籍や独立に際して、暴力団を使って邪魔していたことがよくあったようだ。

 かなり古い話になるが、1974年9月に「風吹ジュン誘拐事件」が起きた。当時、風吹はアド・プロモーションという事務所と仮契約を結んでいたが、レコードがヒットしても月給は23万円に過ぎなかった。これに不満を持ち、倍の月給を提示してきたガル企画という事務所に移籍してしまった。そんな折、フジテレビで収録を終えた風吹の前に、旧所属事務所であるアドプロのマネージャーなど3人が現れ、風吹の腕をつかんで連れ去ってしてしまったのである。彼らは風吹をホテルに軟禁状態にし、事務所移籍を考え直すよう迫ったのだ。

 風吹が「翌日の仕事のため衣装を取りに行かなければならない」と言い、階下に降りたところ、待ち構えていた大勢の警官によって保護されることとなった。人だかりの中には包帯を巻いたガル企画の石丸末昭社長の姿もあった。この間、石丸社長は、暴力団の事務所で監禁され、暴行を受けていたというのだ。風吹を軟禁した中には作詞家のなかにし礼もいたが、石丸社長は自身の解放の条件として、風吹との契約を解除するよう、なかにしの実兄の中西正一から迫られたという。


■安西マリア失踪事件


 また、1978年には「安西マリア失踪事件」が起きている。「涙の太陽」でデビューした売れっ子の彼女が失踪してしまったのは、所属していた事務所の竹野博士社長の“パワハラ”に耐えられなくなったからだ。安西がテレビ撮影に遅刻した際、腹を立てた竹野社長は安西のマネージャーを叱責・暴行。さらに安西と安西の母親を呼び出し「オレは前科24犯。人をブッ殺すことなんか、なんとも思っちゃいねえんだ」と恫喝し、給料の減額を迫った。竹野社長は広島の暴力団、共政会の元幹部だった。安西とマネージャーはそんな竹野社長を恐れて、失踪したのだった。

 ポイントはこの事件で裁判が行われた際の、安西の次の証言だ。

「(竹野社長から)背中のイレズミをなんだと思っているのか。これを使ってホリプロとのもめごとを解決したんだって。こうなると広島から若いものを連れてこなくちゃならんな、などといわれて、私は泣き出してしまいました」

 安西は竹野社長の事務所に所属する前、ホリプロ傘下の芸能事務所に所属していた。当時の報道によると〈彼女(※安西)をスカウトした人間が800万円からの借金をつくっていて、それが移籍のさい問題になった〉(『女性セブン』1978年8月24日号より)。この借金は安西の移籍にあたり、違約金として竹野社長に請求されたが、彼は背中のイレズミを見せることでチャラにしたという。つまり竹野社長は前事務所を脅し、安西を移籍させたということだろう。今なら間違いなく警察沙汰である。


■沢尻、安室もひと苦労が…


 「最近はそんなことはない。沢尻エリカだって、スターダストプロモーションからエイベックスにすんなり移籍したではないか」と言う人もいるもしれない。だが彼女の場合、2009年にスターダストを辞めた後、2010年にスペインで個人事務所を設立している。そこでは本格的な芸能活動はせず、2011年にエイベックスと業務提携契約を締結し、それから女優として芸能界に復帰した。“夫である高城剛の存在が業界から疎まれ、「芸能界のドン」が高城との離婚を芸能界復帰の条件として突きつけた”“復帰に当たってはスターダストへの謝罪も求められた”などと当時は報じられた。芸能界へ復帰するにあたって、かなりのゴタゴタがあったようだ。

 2018年に芸能界を引退した安室奈美恵は、15年1月、デビュー以来所属していたライジングプロダクションを退社し、エイベックス内のプライベートレーベルに移籍した。ライジングもエイベックスも音事協に加盟しているが、音事協所属事務所間でのタレントの移籍は、今も昔も前例がないはずだ。それほどの電撃移籍だった。

 とは言え、やはりそこに至るまでには、様々な軋轢があったようだ。安室の独立騒動が持ち上がったのは、2014年8月ごろ。当時の報道によれば、同年5月、ライジング幹部に「独立したい」と切り出し、後日、契約条件の変更を迫る提案書を持参したという。そして印税などの取り分について、事務所との間で意見の食い違いがあったとされる。またこの時、大物アーティストのコンサート運営を手がける会社代表が、安室に独立を唆したとしきりに報じられていた。「洗脳されている」というのは、沢尻のケースと同様、タレントの独立騒動ではよく噂される話だ。

 結局、独立ではなくエイベックスへの移籍となったわけだが、そこには「移籍を強行したとしても、芸能活動は続けられる」という読みが安室側およびエイベックスにあったからではないかと筆者は推測する。当時の安室は、テレビ出演を控え、芸能活動の軸足をコンサートに移していた。またYouTubeなどネットメディアを使ったプロモーションも普及しつつある時代だった。仮にテレビで干されたとしても、コンサートさえできれば安室は芸能界で生き残ることができる。安室の後ろ盾とされた会社代表は、コンサート運営のプロであり、そのあたりの事情にも明るかったであろう。


■ジャニーズも退社相次ぐ…今井翼の移籍に注目


 芸能界の移籍問題が特に注目され始めたのは、2016年に起きたSMAP解散騒動がきっかけだった。これを機に、公正取引委員会(公取委)もこの問題に本格的に関心を持つようになった。2018年2月には、タレントなどフリーランスに対して、不当な移籍制限などを一方的に課すことは、独占禁止法違反にあたる恐れがあるという報告書を発表。翌2019年7月には、SMAPの元メンバーらの出演をめぐり、ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに対して圧力をかけていたとして、独禁法違反につながる恐れがあると「注意」している。音事協など芸能事務所団体に対しても、契約や取引慣行の適正化についての要請がなされたり、公取委の職員が、タレントを相手に事務所との契約や取引慣行に関して解説する説明会なども実施している。こうした環境の変化が、オスカーのタレント退社を加速させている側面はあるだろう。

 人材の流出は、オスカーだけでなく、ジャニーズ事務所にも及んでいる。今年はすでに元SMAPの中居正広、NEWSの手越祐也が退所し、今年12月末には少年隊の錦織一清と植草克秀が、来年3月にはTOKIOの長瀬智也が退所を予定している。

 特に、2018年にタッキー&翼を解散し、ジャニーズを退所した今井翼は注目に値する。2020年に「めざましテレビ」(フジテレビ系)に生出演し、1年1か月ぶりにテレビ復帰を果たしたわけだが、その後、松竹芸能の関連会社である松竹エンタテインメントに所属していることを明かしたからだ。従来の芸能界の論理で言えば、大手芸能事務所を辞めたタレントは、元所属事務所からの圧力を恐れ、大手で引き受け手が見つからないことが常識だった。そうしたタブーが打ち破られた格好である。

 公取委が介入に乗り出したことで、タレントの独立・移籍は加速するだろう。

星野陽平(ほしの・ようへい)
フリーライター。1976年生まれ。東京都出身。2001年、早稲田大学商学部卒業。2017年には『芸能人はなぜ干されるのか?』の著者として、公正取引委員会で講演を行った。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年11月2日 掲載

関連記事(外部サイト)