「エール」山崎育三郎のアカペラが絶賛 波及効果で「あさイチ」も頭が上がらない

 10月30日に放送された、朝ドラ「エール」(NHK総合)の視聴率は20・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)で、久しぶりに20%の大台に乗った。この日は記念すべき第100話。で、クライマックスは、歌手の久志(山崎育三郎[34])が甲子園のマウンドに上がり、フルコーラスで歌いあげた「栄冠は君に輝く」だった。コロナ禍の今夏、聞くことのできなかった名曲が、まさかこんなところで聴けるとは……。はやくも“神回”との呼び声も高い。

 ***

 コロナ禍で放送が中断していた「エール」は、9月14日に再開するとすぐに舞台は戦時下に突入した。当然、物語も暗くなりがちで、視聴率もやや低迷した。民放プロデューサーが言う。

「そんな中、第18週(10月12〜16日)の『戦場の歌』は評判が良かった。それまで軍からの要請で、次々と戦時歌謡のヒットを生み出した裕一(窪田正孝[32])が、ビルマ(ミャンマー)に慰問に行き、目の前で恩師(森山直太朗[44])を亡くし、戦争の真実を目の当たりにする――という朝っぱらから見るには少々重いストーリーだったものの、反響の大きさから再放送されました。裕一は若い命を無駄にしてしまった自責の念から作曲ができなくなります。同時に、裕一と組んで戦時歌謡を多く歌っていた、幼なじみの歌手・久志も自暴自棄になっていきます」

■エールを送ろう


 自信たっぷりでキザな久志が、酒と博打に明け暮れるようになるのが第20週(10月26〜30日)の「栄冠は君に輝く」だった。

「ようやく立ち直ることのできた裕一は、久志にできたばかりの『栄冠は君に輝く』を歌わせようとするのですが、“こんな希望に溢れた曲”は歌えないと断ります。しかし、裕一は久志を甲子園に連れて行き、説得するんです」

〈どん底にまで落ちた僕にしか伝えられないものがあるって信じてる! 僕たちも未来ある若者に一緒にエールを送ろうよ! お前じゃなきゃ駄目なんだよ!〉

「そして裕一は久志にボールを投げる。受け取ったボールには“栄冠は君に輝く”と書かれている。それを手に彼はマウンドへと向かい、歌い出すわけです」

■「あさイチ」まで息を吹き返した


 観客のいない球場、もちろんアカペラだ。

「そこで2番まで、久志、いや山崎はたった1人で歌い出す。出だしこそ自信なさげでしたが、まさにエールを送られたかのように力強くなっていく。NHKもわざわざ歌詞を画面に出していました。そして3番には伴奏がつき、球児たちのプレーの画像も加わって、フルコーラスが流されました。いやあ不覚にも涙が出ましたね」

 この日の視聴率が20・1%。続く「あさイチ」はゲストが山崎で、視聴率15・5%、占拠率は32・6%と年間最高記録を叩き出したのだ。

「このところ数字を落としていた『あさイチ』まで息を吹き返してしまいました。山崎は数字を持っていますね。彼は東邦音大附属高校声楽科から東京音大声楽演奏家コース(中退)に進んだ本格派。ミュージカル俳優が本領であり、21歳で『レ・ミゼラブル』のマリウスに抜擢され、24歳で『モーツァルト』のヴォルフガング・モーツァルト、26歳で『ミス・サイゴン』のクリス、29歳で『エリザベート』のルイジ・ルキーニと次々大役を演じ、その世界では“プリンス”と呼ばれたほど。もちろん、歌はお手のもの。ところが意外なことに、歌手を演じたのはこれが初めてだそうです」

 山崎が俳優として認知されたのは「下町ロケット」(TBS・15年)だろう。佃製作所で、ふてくされた工員を演じ、納品するバルブを不合格品とすり替える事件を起こすなど、クセのある役を演じていた。

「気になる俳優でしたが、ハマリ役と言うほどではなかった。彼はミュージカル俳優という殻を破ろうとしていたのか、それ以前から様々なことに挑戦してきました。09年には『さんまのSUPERからくりTV』(TBS)内で結成された小倉優子(36)がリーダーのバンド“サザエオールスターズ”でボーカルを務めたこともあります。ちょっとキザで美声のイケメンとして人気も出たのですが、番組自体が打ち切られました。さらに『しゃべくり007』(日本テレビ)にゲスト出演して面白キャラで注目されると、バラエティ番組『世界の村のどエライさん』(関西テレビ制作/フジテレビ)では千鳥とともにMCにも挑戦。ただこの枠はもともと『SMAP×SMAP』の枠でしたから、1年も持たなかった。俳優としても連ドラで主演したこともありましたが、これといったハマリ役にはならなかった。15年に、元モー娘。の安倍なつみ(39)と結婚したのですが、その時の報道も“安倍なつみさん結婚”一色でしたからね」

 ようやくハマリ役に出会ったということだろうか。

「テレビマンたちは、彼が数字を持っているという予感があったからこそ、色々起用してみたんでしょう。なにより、国民的アイドルだった安倍なつみを惚れさせる美声と美貌があるわけですから。NHKも第100話に、あえて彼を持ってきたのだとしたら、相当に策を巡らしたのかもしれません。今年の紅白は紅組の司会は、『エール』ヒロインの二階堂ふみ(26)に決まりましたが、山崎の出番もありそうですね」

週刊新潮WEB取材班

2020年11月4日 掲載

関連記事(外部サイト)