V6、ジャニーズ鬼門の25周年を迎えることができたのは「井ノ原快彦」のおかげ

 11月1日、「V6」がデビュー25周年を迎え、記念ライブを東京・代々木第一体育館から配信した。業界関係者は「最近のジャニーズでは、グループの25周年は鬼門と言っていいほどでしたが、V6はそれを乗り越えた。これにはイノッチ(井ノ原快彦[44])の功績が大きい」と言う。

 ***

 ジャニーズ事務所にとって、どれほど25周年が難しいかというと……。

 最古参のグループの少年隊は、年内を以て錦織一清(55)と植草克秀(54)の退所が発表されている。今年がレコードデビュー35周年の節目ではあったが、デビュー以来続けられた3人のミュージカル「PLAYZONE FINAL」(08年)以来、グループでの活動はなかった。

 SMAPはデビュー25周年を迎えた16年末に解散。

 TOKIOは24年目の18年に山口達也(48)が退所したことで、音楽活動はなくなり、来年3月には長瀬智也(41)も退所することになっている。

 彼らに次ぐ歴史を持つのがV6だ。現役のジャニーズ・グループで、事実上の最古参と言っていいだろう。民放プロデューサーが言う。

■ジャニーズで最も信頼の厚い男


「彼らは同じグループ内で2つのユニットに分かれて活動もしました。年長組の坂本昌行(49)と長野博(48)、そして井ノ原のトニセン(20th century[トゥエンティース・センチュリー])と、年少組の森田剛(41)、三宅健(41)、岡田准一(39)のカミセン(Coming Century[カミング・センチュリー])です。今でこそほとんど40代(岡田は11月18日で40歳に)になりましたが、デビュー時は最年長の坂本は24歳、最年少の岡田は14歳でしたから、その差は大きかった。その世代格差を埋めたのが当時19歳だったイノッチだと言われています。彼が上手く取り持ったお陰で、カミセンの3人も自由に活動ができたというのが業界での評価です。ちょうど間の年齢だったからそうした役割になったのか、元々の器量がそうさせたのかはわかりませんが、ジャニーズで最も真面目で信頼の厚い男で、そのキャラは今も信頼されています」

「あさイチ」では年長の有働由美子アナ(51)を立てつつも、時にはツッコミもする、絶妙なMCが好評だった。

■国分太一に相談


「NHKが朝の情報番組のMCに職員以外を起用するのは史上初のことでした。『あさイチ』は一昨年まで8年間続きましたが、有働アナの降板に殉じるようにイノッチも自ら降板。それも彼の性格なのかもしれません。ドラマの現場でも、スタッフの名前は必ず覚えて名前で呼ぶし、彼が絡む無名の役者に対しても自分から話しかけて場を盛り上げる。そういう謙虚なところがあるからこそ仕事も順調なんでしょう」

 15年に故・愛川欽也から受け継いだ「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)では、愛川時代からのレギュラーで、ジャニーズ事務所の先輩にあたる元・シブがき隊の薬丸裕英(54)とも上手くやっているようだ。

 同じ15年にはNHK「紅白歌合戦」白組司会もこなし、今年は「24時間テレビ」(日本テレビ)で、後輩たちを率いてメインパーソナリティーの大役も果たした。

 役者としても、「特捜9」(テレビ朝日)の主演として、今年はSeason3が放送された。

 グループも無事25周年を迎え、まさに順風満帆と言っていい。

「バラエティでの回し方など、先輩の国分太一(46)などに相談しているようです。同じジャニーズとして立ち位置も似ていますからね」

 確かに国分は司会者としての評価が高い。「太一×ケンタロウ 男子ごはん」→「男子ごはん」(テレビ東京)や「たけしのニッポンのミカタ!」(同)、「世界くらべてみたら」(TBS)、「国分太一のお気楽さんぽ〜Happy Go Lucky〜」(フジテレビ)などで司会を務めている。

「仲もいいですしね。2人で『たいのっちのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)という番組をやったことも。2人で『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ)に出演した時には、国分は“ぼくらはジャニーズの中でもかっこよくない2人”とも言っていましたし……」

 2人の共通の悩みが役者業だという。

「国分は噺家を演じた映画『しゃべれども しゃべれども』(平山秀幸監督・07年公開)で主演男優賞を受賞したりもしましたが、イノッチはまだ代表作と呼ばれるような作品に出会っていません。それにキムタク(木村拓哉[47])や岡田、ニノ(二宮和也[37])ほど演技力は評価されていません。軽い芝居は悪くないのですが、国分の言う通り二枚目という感じではありませんし、だからといって脇で栄えるというわけでもない。MC業で周知された、親しみやすい“いい人”ぶりが、先に立ってしまうのかもしれません」

 もっとも、ここへ来て俳優としていい役が回ってきているという。

 11月6日には13年ぶりとなる主演映画「461個のおべんとう」(兼重淳監督)が公開された。

「高校生の息子に3年間、弁当を作り続ける父親の役。息子には関西ジャニーズJr.のユニット、なにわ男子の道枝駿佑(18)が抜擢されました。後輩を相手に、実生活の父親としての一面も出してくるようです。一方で、来年には連ドラ『カンパニー』(NHK BSプレミアム)では、妻子に愛想を尽かされ、リストラ要員となった中年サラリーマンが、クラシックバレエの興行を成功させなければならなくなるコメディも演じます。ひょっとすると刑事モノよりフィットするかもしれません」

週刊新潮WEB取材班

2020年11月8日 掲載

関連記事(外部サイト)