上野樹里主演「監察医 朝顔」 異例づくしの「月9」が見せた“進化”

■1年たらずで続編、しかも2クール連続


 甚大な被害、想定外の喪失、今もなお続く不安。2011年の東日本大震災を経験した人々は、手に手を取り合って「前を向いて頑張ろう」とした。それはとても大切なことなのだが、前を向けない人もいる。現実を受け入れられない人もいる。2011年3月11日から時が止まってしまった人もいる。そんな人の思いを決して置き去りにしないドラマが「監察医 朝顔」(フジ)だ。

 ***

 主人公は東日本大震災で母が行方不明になった女性。母の遺体は見つかっていない。

 来る日も来る日も遺体安置所を訪ねて、母を探した経験が「監察医」という職業につながっている。

 それでも母が消息を絶った地に足を運ぶことができず、一種のPTSDになっていた。それが、上野樹里が演じる万木朝顔だ。

 同じ喪失感を異なる形で抱えているのは、朝顔の父・万木平(時任三郎)。刑事という職業柄、多忙を極めるものの、休日には必ず妻が消息を絶った地を訪れる。妻の遺体や遺品を探すためだ。

 周囲からは「前を向いて歩いている人がいるのに当てつけだ」「自己満足にすぎない」と言われる。

 それでもやめない。時が過ぎ、人々の意識も、景色も、どんどん変わってゆく被災地で、妻を探し続けている。

 この父娘の思いを軸にしながら、朝顔の恋と結婚と子育てを駆け足で入れ込みつつ、監察医という仕事の特異性を描いたのが、2019年のシーズン1。

 1年たらずで続編を放送。しかも2クール連続、つまり半年放送し続けて、震災から10年がたつ3月11日を迎える形だ。異例といえば異例の「月9」である。

■「会いたい」「明日なら会える」


 真摯な作品だし、上野樹里のくしゃっとした泣き顔は確実に涙を誘うこともわかっている。

 とてもいいドラマなのだが、「今期イチオシ!」と気軽に手放しで絶賛できない壁がある。

 とにかく心が清い人々の物語だからだ。そりゃ文化庁芸術祭に参加しちゃうわなと、心が汚れた私は思っちゃうわけで。

 父娘の喪失感にそっと寄り添うことができたシーズン1とは異なり、続編には視聴者を飽きさせないフックもある程度必要だ。しかも長丁場だし。

 そこで、いろいろと考えたんだろうな。毎回終わり際に、それとなく視聴者の心をざわつかせるよう(SNSで話題になるよう)仕掛けてきやがった。

 おかげで少し茶化しやすくなったというか、気軽にツッコミを入れられるようになったのである。

 第1話の終わりでは、上野に「家族に残された時間がそう長くはない」と語らせた。家族が別々に暮らすということなのか、それとも誰かが亡くなるのか、と匂わせた。

 朝顔は再び喪失感を味わうのかと切ない気持ちにさせたのである。

 第2話では、朝顔の夫・風間俊介が自宅に帰ると、なぜか時任が勤務する野毛山署強行犯の係長(戸次重幸)がいる。

 しかも朝顔に濡れた髪をタオルで拭いてもらっているという、どうにもありえない構図。え、何のプレイ?

 第3話では、朝顔が電話で東北の地に住む祖父(柄本明)と話すシーン。「黙っていたことがある」という。

 柄本が仏壇に隠していたのは、ひとつの臼歯だ。

「朝顔の母(石田ひかり)の歯が実は見つかっていたのか?」と憶測を呼ぶ。

 柄本が体調不良という匂わせも。正直、私は「これは奥歯で親知らずかな」ぐらいにしか思わなかったが、この後詳しく描かれるのだろう。

 そして、先週の第4話では、風間が「聖奈」という女性らしき人物と、なにやら怪しげなショートメールのやりとりをしていた。

「会いたい」「明日なら会える」といった文言で、「すわ、不倫?!」と思わせた。

■変わり者の法医学者・山口智子も


 フックというにはやや軽率な、「あー、はいはい」と思うような匂わせもあるのだが、視聴者を繋ぎとめるための創意工夫は決して怠っていない。

 監察医モノで刑事モノ、1話1事件のいわば読み切り完結系なのだが、ちゃんと朝顔一家に温かいまなざしを集中させるよう、配慮もされている。

 また、シーズン1でひとり浮いていた、変わり者の法医学者・山口智子も、謎の色男(大谷亮平)の登場によって、別ベクトルの興味を惹きつけた。

 神奈川県警と山梨県警でいがみ合っていた検視官の杉本哲太と三宅弘城も、うっかり同じ釜の飯を食うことになる。

 半人前だった法医学者の志田未来も、すっかり成長して朝顔の右腕に。法昆虫学も勉強し始めていて、感心感心。

 つまりは、シーズン1からそれなりの進化を遂げている、ということだ。

 さらに、新メンバーの投入にも触れておこう。

 風間の実姉を演じるのは、ともさかりえ。

 38歳で銀行員から刑事になったという、やや強引というかトリッキーなぶち込み方。しかも実弟だけが姉の転職に気づいていなかったという展開。

 ある殺人事件の現場では、刑事の時任、新人刑事のともさか、監察医の上野と一家総出というか一族総出になっちゃって。

 ただし、鑑識係員役の藤原季節が「親戚、多すぎませんか?」とツッコミを入れている。

 視聴者がモヤっとした瞬間、劇中でちゃんと揶揄。違和感を全員で共有することって大事だよね。

 そしてもうひとり。なんと大竹しのぶが登場するのだ(知らなかったけれど、月9に初出演らしいよ)。

 役どころは、祖父の柄本が住む町で大衆食堂を営む女性だ。そりゃあ、濃くなるね。ほうっておけなくなるね。

■柄本明と大竹しのぶの「シンクロ」


 実は、柄本明と大竹しのぶには「共感や同情では起こりえない、謎のシンクロ滂沱の涙」を経験させられたことがある。

 なんというか、乗り移ってきたというか、気が付いたら一緒に泣いていた、という経験。それが2011年に放送したフジテレビの「それでも、生きてゆく」というドラマだった。

 脚本は坂元裕二。未成年による殺人事件の加害者家族と被害者家族を描いた社会派の作品で、識者には「よくぞ描いた」と評判だったが、一般的には「救いのない暗さ」とウケがあまりよろしくなかった。

 ふたりは元夫婦役。幼い娘を息子の同級生(奇しくもこの難役を演じたのは風間俊介で、その父親役は時任三郎!)に殺害されるという役どころだった。風間は未成年だったため、少年院送致となって社会復帰を果たしている。

 柄本と大竹は娘を殺されたことで、お互いにやり場のない強烈な憤怒を抱えたものの、夫婦が向かうベクトルが異なって離婚に至り、家族崩壊という設定だった。

鬼気迫る怒りと咆哮と涙を見せた大竹、魂を失ったかのように静謐な怒りと後悔をにじませる柄本。まったく異なる怒りにシンクロさせられたのだ。

 もうひとつ、シンクロ話を。以前、柄本明が死刑囚役を演じたドラマがあった。極悪非道の死刑囚なのだが、死刑執行の前に実の娘と対面したときのシーンが忘れられない。

 柄本は一言も発さない。発していないのに、表情だけで娘に対する愛情・後悔・謝罪などの複雑な心模様と、人生の無常を醸し出した。あのシーン、本当に素晴らしかったなぁと今でも思い出す。

 そのドラマのタイトルは「モリのアサガオ」(2010年・テレ東)だった。

吉田潮(よしだ・うしお)
テレビ評論家、ライター、イラストレーター。1972年生まれの千葉県人。編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。2010年より「週刊新潮」にて「TV ふうーん録」の連載を開始(※連載中)。主要なテレビドラマはほぼすべて視聴している。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年11月30日 掲載

関連記事(外部サイト)