テーマは「女による女のためのドラマ」 2020年の良質な作品を振り返る

2020年の良質なドラマを振り返る 「女による女のためのドラマ」が多数

記事まとめ

  • 今年は「スカーレット」「知らなくていいコト」「伝説のお母さん」等女のドラマが多数
  • 「MIU404」「妖怪シェアハウス」「すぐ死ぬんだから」はいわば「亜種の朝ドラ」とも
  • 不倫モノと簡単にくくれない「荒ぶる季節の乙女どもよ。」「恋する母たち」も

テーマは「女による女のためのドラマ」 2020年の良質な作品を振り返る

■お飾りや見せかけのヒロインではなく


 今年も主要なものは全て見たライター・吉田潮が振り返る「2020年、良かったドラマ」。

 ***

 2020年はとんでもない年だった。

 各局で軒並み撮影中断や放送延期に追い込まれ、新作ドラマは厳しい状況に。

 結局「愛の不時着」(Netflix)と「半沢直樹」(TBS)が猛威を振るって、すべての話題をかっさらった。

 その後はドラマではなく、漫画&アニメ「鬼滅の刃」にすべての関心をもっていかれ、ぺんぺん草も生えねー状態という印象だ。

 確かに私自身もNetflixやAmazonプライムに逃げた。なぜかゾンビモノばかり観た。たぶん「感染症が引き起こす疑心暗鬼の正体」が現実と地続きだからかな。

 韓国のゾンビ時代劇「キングダム」にハマり、「ウォーキング・デッド」はHuluにお試し加入してまでシーズン10まで一気見した。

 ゾンビ疲れした後は「アンという名の少女」や「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」で口直し。パワフルな女たちに癒され、励まされ、力をもらった。

 とはいえ、良質な国産ドラマもあったし、演技で魅了した俳優もたくさんいた。生活の基盤を揺るがす災禍で、すっかり記憶の彼方かもしれないが、2020年は地味に面白い作品も多かった。

 まず、連ドラ。

 選んでいくうちに、ひとつのテーマが浮かんだ。完全に「女による女のためのドラマ」である(悪いな、男どもよ)。

 今を生きる女性が、胸に秘めた思いや飲み込んできた愚痴、ためこんできたストレスをちょっぴり吐き出せるようなフックのある作品。

 お飾りや見せかけのヒロインではなく、地に足つけて自分の言葉で語ることができる女性像が含まれていた作品でもある。

■久々に胸が締め付けられる朝ドラ


●「スカーレット」(NHK)

 主演の戸田恵梨香にご祝儀もこめて。貧しい境遇から持ち前のド根性と好奇心で、陶芸家の道を突き進んだ女性の物語。

 夫役・松下洸平との掛け合い、そして関係性の変化も興味深かった。朝からイチャコラ胸キュンな場面もあれば、すれ違う仕事の哲学と人生観、そして覚悟と決意の別離まで。

 必ず生じる夫婦の距離もきっちり描いていたので、久々に胸が締め付けられる朝ドラだった。

●「知らなくていいコト」(日テレ)

 政界・財界・芸能界の醜聞を狙う週刊誌の世界で、出自がちょいとワケありな敏腕記者を吉高由里子が演じた。

 母(秋吉久美子)の突然の死、彼氏(重岡大毅)の暴挙、元彼(柄本佑)との不倫、殺人で服役した男(小林薫)が父親ではないかという疑惑。

 精神的に追い込まれつつも、えげつない世界に骨をうずめる覚悟と芯の強さを見せた。たぶんモデルは新潮じゃなくて文春のほうだな。

●「伝説のお母さん」(NHK)

 ドラゴンクエスト的なRPGの世界で、伝説の魔法使いを演じた前田敦子。魔王討伐に選ばれるも問題は山積み。

 家事も育児も一切しない夫、待機児童が多くて入れない保育園、ワンオペ育児の限界……。

 ファンタジーの世界に「働く女(母)の怒りと不満という現実」を盛りこんだシュールなコメディだった。

 人間を脅かす魔王役の大地真央が実は母たちの救世主という皮肉が効いていた。

●「捨ててよ、安達さん」(テレ東)

 安達祐実が本人役を演じ、人気子役という運命を冷静に振り返るドラマ。

 毎回モノを捨てる断捨離啓発ファンタジーなのだが、捨てられるモノが擬人化されて登場する仕掛けが面白い。

 安達の傍らにいる謎の少女(川上凛子)がめちゃくちゃ辛辣な毒を吐く姿も可愛かった。

 女の人生というか、安達祐実の半生をともに振り返る貴重な体験。モノを捨てられない人の背景に思いを寄せた。

■いわば「亜種の朝ドラ」


●「MIU404」(TBS)

 星野源と綾野剛の刑事バディモノだが、上司役の麻生久美子がこのドラマに深みをもたせた。

 男社会の警察組織内で女に課される苦行と煩悶。正義の名のもとで無意識かつ日常的に行われている性差別に、きっちりとNOを叩きつけた麻生。

 男尊女卑のマッチョ思考が当たり前の刑事ドラマで、細やかな配慮ができる麻生の存在は心に刻まれた。第7話ゲストの美村里江も悶えるほどの好演。

●「妖怪シェアハウス」(テレ朝)

 自己評価が低く、男に騙され捨てられたヒロイン・小芝風花が、神社に住む妖怪たちに救われるファンタジーコメディ。

 人間の浅はかさを知りつくした妖怪たちが適度な距離で叱咤激励、人生指南する構図が面白かった。

 小芝が徐々に自信を身につけて、恋に仕事に邁進していく姿は、いわば「亜種の朝ドラ」。

 コミカルな妖怪大事典の様相だが、ひとりの女性の自立の物語だった。

●「すぐ死ぬんだから」(NHK BSプレミアム)

 下町で酒屋を営み、長男に継がせて隠居生活を送る仲良し夫婦。

 穏やかで人畜無害な夫が急死した後、隠し子がいるとわかり、心が千々に乱れるヒロインを三田佳子が演じた。

 隠し子は溝端淳平、その母は余貴美子。

 死別の悲しみをはるかに超える憎しみと憤りに遭遇したとき、はたして女の沽券はどうしてくれよう?

 地味だが「数々の女ドラマの終着駅」の味わいがあるコメディだった。

■不倫モノと簡単にくくるべからず


●「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(TBS系)

 多感な女子高生たちによる「青年の主張」が意外と面白かった。

 子供扱いされたかと思えば、意図せず汚れた大人の性的対象に見られたりもする女子高生たちの本懐を描く。

 何がいいって、女子高生5人が文芸部という設定で、それぞれが自分の言葉をもち、欲望に対しても確固たる主語があるという点だ。

 若手女優のみずみずしさ目当てで群がるおじさんと一緒にしないでほしい。

●「#リモラブ〜普通の恋は邪道〜」(日テレ)

 波瑠主演、マスク必須のコロナ禍の現実と地続きで描いたラブコメディ。

 人と人の距離が近い「密」が忌避されたら、どうやって出会うんだ? 濃厚接触が敬遠されたら、恋はどう進展するんだ? 

 そんな問いに真摯に応え、人が内面で抱える孤独と欲望にちゃんと向き合っていたドラマだ。

 純粋な「好き」という気持ちのやりとりだけでは展開しない厄介さと面倒くささにリアリティがあった。

●「恋する母たち」(TBS)

 思春期の息子をもつ母3人の恋模様を描いた挑戦的な恋愛ドラマ。

 思春期の息子ってのが実はこの作品の肝でもあり。いつまでも聖なる母では居続けられない、女の性と業を余すところなく描いた気もするので、不倫モノと簡単にくくるべからず。

 幸福な家庭を築いたように見えて、実際は母なる呪縛で自分を押し殺してきた女たちが、原点回帰と一念発起で「自分を再生する」物語。


■いや、ほんと、面白かったんです


 続いて、スペシャルドラマ5選。

 女の沽券だの欲望だのと、こうるさいことはもう書かぬ。素直に物語が面白かった、驚いた、あるいは役者がよかったドラマを。

 DVDになりにくいスペシャルドラマだが、この年末に再放送される作品もあるので、ぜひチェックしてほしい。

●教場(フジ)

 木村拓哉主演、警察学校を舞台にしたドラマ。

 学校モノで青春群像劇の要素もあれば、ミステリー展開でもあり、奥深い作品だった。

 警察官を目指す若者たちが必ずしも清く正しい心根とは限らず、抱える心の闇が徐々に暴かれていく。

 正月早々、心がザワつき、鳥肌モノの展開に拍手喝采。特に、生徒役の林遣都や井之脇海、富田望生に川口春奈が熱演。12月29日・30日に再放送。

●微笑む人(テレ朝)

 松坂桃李主演(祝・結婚)のミステリー。

 桃李は「本の置き場所が欲しかった」という理由で妻子を殺害した銀行員役で、この事件の真相を追う週刊誌の契約記者を尾野真千子が演じた。

 一点の曇りもないエリート人生を歩む桃李が、なぜ殺害するに至ったのか。

 動機と背景を追う尾野に心を寄せていたら、最後の最後で想定外の衝撃が待っていて……。いや、ほんと、面白かったんです。


■2時間モノの概念をいい意味で破壊した名作


●世界は3で出来ている(フジ)

 いわゆる「リモートドラマ」が一時期どっと作られた。

 その中で最もよかったのがコレ。林遣都のひとり芝居で、ひとり3役・3兄弟を演じ分けるという。

「寵愛されとるな、林遣都!」と思うのだが、理由はわかる。

 本当に繊細な演じ分けに驚愕したから。そしてコロナ禍で茫然としている人や喪失感を抱える人に、そっと寄り添うセリフの数々。あのときの気分に最も合致したんだよな。

●スイッチ(テレ朝)

 松たか子と阿部サダヲが元恋人の弁護士と検事という役どころ。

 このふたりが互いを茶化し合い、ディスり合い、いがみ合いで終わると思いきや、発露する欲望の衝動!

 大人の濃密なラブコメであると同時に、ちゃんとリーガルでしっかりサスペンス。

 驚きの展開と結末に、高揚感と満足感が半端ない。2時間モノの概念をいい意味で破壊した名作だと思う。

●光秀のスマホ(NHK)

「明智光秀がスマホをもっていたら」という設定で、スマホの画面のみで展開するミニドラマ(5分×全6話)。

 光秀を演じるのは山田孝之だが、スマホをいじる手しか映らず。秀吉を演じる和田正人はちょろっと映る。

 戦国武将たちがLINEでグループ会話、SNSの裏アカで罵詈雑言など、毒と茶目っ気満タンのドラマ。

 ということで、長々お付き合いいただき、感謝。数字がとれなくても、話題にならなくても、こよなく愛する人は日本のどこかに必ずいる。テレビ局に愛と期待を込めて、エールを送る。

吉田潮(よしだ・うしお)
テレビ評論家、ライター、イラストレーター。1972年生まれの千葉県人。編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。2010年より「週刊新潮」にて「TV ふうーん録」の連載を開始(※連載中)。主要なテレビドラマはほぼすべて視聴している。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年12月28日 掲載

関連記事(外部サイト)