「ジャニーズJr.」22歳活動終了制度導入に見える、「可愛い子には旅をさせよ」の愛

「ジャニーズJr.」22歳活動終了制度導入に見える、「可愛い子には旅をさせよ」の愛

Snow Manは9人中7人が20代後半、深澤辰哉は27歳で、ジャニーズ史上最年長でのデビュー記録を更新した

■ジャニーズアイドルの王道とは


 ジャニーズ事務所は16日、ジャニーズJr.に22歳での活動終了制度を導入することを発表した。これは、「ジャニーズアイドルとは何か」を再考させられる大決定である。嵐のグループとしての活動休止や、大学生活との両立が難しいタレントの活動休止を認めるなど、ジャニーズ事務所の働き方改革が散見されてきたが、新たな改革は人事だ。その影響や背景にあるものについて、『ジャニーズは努力が9割』の著者、霜田明寛氏が考察する。

 改めて「ジャニーズアイドルとは何だろうか」と考えさせられた。

 今回の決定は、一瞬、最近のジャニーズ事務所が提示してきたものと逆行するようにも見えるから尚更である。

 ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川の死後、初めてジャニーズJr.からデビューグループが送り出されたのは2020年1月。SixTONESとSnow Manの2組同時デビューだ。

 Snow Manの深澤辰哉は27歳で、ジャニーズ史上最年長でのデビュー記録を更新。

 この2組のグループのメンバー全15人のうち14人が20代。Snow Manは9人中7人が20代後半、SixTONESの6人も20代中盤が主だ。

 長いと16年、10年以上ジャニーズJr.でいたメンバーも多く、2組のデビューはファンにも他のジュニアにも少なからず「長く頑張っていれば報われることもある」という印象を与えたはずだ。

 一方、この2組と同世代にあたるSexy Zoneは、2組より9年も早い2011年に平均年齢14.4歳でデビューしている。

 例えば嵐は当時16歳3人、17歳1人、18歳1人の5人で結成されたグループだし、SMAPもKinKi Kidsも全員がジャニーズJr.時代を経て、10代のうちにデビューをしている。

 他にも各グループのデビュー時の年齢を平均すると、嵐:17.2歳/1999年、NEWS:17.2歳/2003年、Hey! Say! JUMP:15.6歳/2007年(※平均年齢/デビュー年で表記)となり、この年代でのデビューこそが、ジャニーズアイドルの王道だったはずである。


■最年長デビュー記録の更新が続いた


 90年代の半ば、TOKIOの城島茂は23歳、V6の坂本昌行は24歳でデビューし当時最年長デビュー記録を更新しているが、それはあくまで特殊例。

 思えば当時20代だったにも関わらず、番組内でオジサン扱いをされているようなこともあった。

 それから25年、2010年代以降、徐々に20代のジャニーズJr.は普通になり、坂本の記録はKis-My-Ft2、A.B.C-Zといった後輩たちによって徐々に更新されていった。

「13、14、15、16! その響きが好きだから!」

 ジャニー喜多川作・演出の舞台ジャニーズワールドシリーズではこのようなセリフが挿入されるが、このセリフが象徴するように“ガラスの十代”の輝きを放ちながら世に出ていくのがもともとのジャニーズアイドルだった。

 また、10代のうちに選ばれ、デビューしたほうが“選ばれし者”である雰囲気は醸成されやすい。

 ジャニーズJr.時代をもちろん経るものの、V6の岡田准一のように、その期間が短いほうが“エリート”と呼ばれがちだった。

 だが、最近の世の中の傾向は敢えて言葉にするならば、長い時間研鑽を続けてきたものをありがたがるもので、そこに合わせて徐々にジャニーズアイドルの形も変化を遂げてきていた。

『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)という拙著のタイトルもその傾向を踏まえてつけたものでもある。

 今回の決定は「基本に改めて立ち返る」ためのものでもあるという。

 アイドルにとって大事なもの。

 それは、生まれながらの輝きなのか、それとも研磨を続けたことによって放つ光なのか。


■異端児・生田斗真の例


 もうひとつ、昨今のジャニーズの流れとして、大きくあったのはCDデビューしていなくてもジャニーズ事務所所属タレントとして活動を続けられるというシステムである。

 もともと「ジャニーズJr.はCDデビューをもって卒業」という慣習が長く続いていたが、それを打ち破ったのが生田斗真である。

 生田斗真はCDデビューこそしていないが、多くのドラマや映画出演を経て人気が沸騰した。

 ジャニーズJr.という枠に収まらないと判断されたのか、ジャニーズ事務所の公式サイト上に個人ページができるという静かな形で、卒業。

 その道には風間俊介ら多くのタレントが続いている。
 
 CDデビューこそしていないものの、舞台や大河ドラマ出演に情報番組のMCにと、彼らの活躍が、ジャニーズという看板に彩りを加えていることは確かだ。
 
 生田斗真や風間俊介は、自分たちがジャニーズでは異端であることを自認し、よくそれを語っている。
 
 2人とも10代の頃からジャニーズJr.を引っ張っていたが、大きく世間の注目が集まったのは20代になってからだ。

 そう考えると22歳制度は、いささか早いタイムリミットのようにも思える。

 では彼らのような“傍流の可能性”は排除されてしまうのだろうか。
 
 今回の事務所発表の文章では「アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返る」と書いてある。

「アイドル」と「タレント」が併記されている上に、「デビュー」を「CDデビュー」とは明言していない。

 明確な定義がされているわけではないが、ここでの表現を借りるなら生田や風間のようなタイプは「タレントとしてデビュー」のタイプのはずだ。

 王道ルートに絞った原点回帰であれば「アイドルとしてCDデビュー」と書いてあるはずで、2人のような「“傍流の可能性”を潰すことではない」「活動の多様性を奪うものではない」というメッセージと受け取ることができるだろう。


■公式の写真やグッズの売上も本人に還元


 今回の制度は、準備期間を経て、2023年3月31日より適用されるとのことなので、詳細は未定、もう少し身も蓋もない言い方をすれば「どのレベルのタレントまで残れるのか」はわかっていない。

 ただ「22歳までに芽を感じられなかったらサヨウナラ」制度であることは確かである。

 一瞬、冷たい言い方にも聞こえるかもしれないが、これはジャニーズ事務所について深く考えれば考えるほど、愛なのではないだろうか、と思えてくる。

 あまり知られていないかもしれないが、ジャニーズ事務所は超がつく優良事務所である。

 ジャニーズJr.はレッスンを受けられるが、レッスン料は無料。

 お金を払わなくてよいだけではない。

 最近では、他の芸能事務所の若手タレントが、売れるまで充分な給料が支給されていなかったり、売れてもそれまでの投資の回収期間と判断されて薄給だったりといった醜聞が漏れ聞こえてくるようになっている。

 そんなニュースに触れたことがない人でも大方のイメージは「売れていない若手タレントは食べていけない」といったものだろう。

 しかし、ことジャニーズに関してはそんなことはない。

 先輩のグループのバックダンサーだったとしても、ステージに立つといった仕事をしたジャニーズJr.にはきちんとギャラが支払われる。

 公式の写真やグッズの売上も本人に還元される。

 つまり、ジャニーズJr.というCDデビュー前の段階でも“生きていけてしまう”のがジャニーズ事務所なのだ。
 
 さらには不祥事などがない限り、クビを言い渡すこともない。これは、タレントを自らの「子どもたち」と捉えていたジャニー喜多川の愛の土壌の上に成立していたものだと思う。

 ジャニー喜多川の信念は「アイドル作りは人間作り」(*1)だ。

 生前、こうも語っていた。

「親御さんから信頼を受け、大事なお子さんを預かる以上、私も命をかけて自分の子のように教育しようと思ってやってきた」(*2)


■元Jr.の就活生のケース


 だが、その優しさが、長い目で見て少年たちの人生に悪影響を及ぼしてしまうのだとしたら――。

 早い段階で、違う道に進んでもらうほうが彼らのためになるのではないか――創業者の死を受け、時代にあわせジャニーズという仕組みを引き継ごうとする人々が描いた“新たな愛の形”の判断のようにも思える。

 もちろん、ジャニーズアイドルとしての芽はなくても、それは人としての芽がない、ということではない。

 ジャニー喜多川はこうも語っている。

「どんな子にも、人間としての美しさはあるんですよ」(*1)

“人の可能性”を信じるジャニーズ事務所だからこその、愛ある「可愛い子には旅をさせよ」がこの制度なのではないだろうか。

 そして「ジャニーズJr.として成功しなかったからといって、それが人生の旅の終わりではない」と思うようになった経験がある。

 自分の話になってしまい恐縮だが、最後に紹介させて欲しい。

『ジャニーズは努力が9割』は4冊目の著書になるのだが、そこまでの3冊は就活及び自己表現・コミュニケーションに関するものだった。

 2009年以降、並行して、10年以上にわたり大学での就活セミナーや、個別指導を行い、1000人以上の就活生と向き合ってきた。

 その中で、最も優秀だと感じた男子大学生は――元・ジャニーズJr.だった。
 
 僕が出会ったのは彼が大学3年生の時点で、僕より10歳以上年下だったが、ジャニーズという世界で頑張ってきた彼の話を聞いていると自然と尊敬の念が生まれた。
 
 一度何かに必死になれた人は、他の何かにも必死になることができるのだろう――そう、今後の彼の可能性も強く信じることができた。

 彼は10代でジャニーズJr.になり、多くのステージを踏んだが、自らの意思で辞め、大学受験をし、誰もが知る有名私大に合格。さらにはジャニーズJr.での経験がエンターテイメントの世界で裏方として働きたいという想いの根底に存在していた。

 かつて、ジャニーズのライブステージで踊りながら、俯瞰でタレントたちを動かしている自分の姿が見えたのだという。


■自分で見切りをつけなくてはならない


 ジャニーズJr.はクビにならない。

 それは、逆の言い方をすれば、自分の可能性に自分で見切りをつけなくてはならない、ということである。

 10代という全ての可能性に想像を膨らませることができる期間において、自分を諦めるという行為は酷なことだ。

 特にアイドルという仕事は、職業の選択肢を多く知らない若い時代ほど、わかりやすく魅力的に映り、ジャニーズJr.としてその入り口に立てた者には諦めがたい道のはずだ。

 だが「自分が輝くのはこの場所ではない」と判断できる客観性と強さを、彼は持ち合わせていた。

 ジャニーズだったということが色眼鏡で見られることなく、一般社会でもプラスに見えるよう2人で面接の戦略を立て、彼は高倍率をくぐり抜け、希望のテレビ局に就職した。

 ジャニーズJr.としては優秀ではなかったかもしれない。だが、場所が変われば、優秀さの基準は変わる。

 何がしたいのか、それにはどこが適しているかを自分で判断できたのは、10代のうちにジャニーズという真剣な世界で真剣に生きたことの賜物だろう。

 悲しいかな、人生には多くの「ちょっと間に合わなかった」が存在する。年齢を重ねれば重ねるほど、取りうる人生の選択肢は少なくなっていく。

 今回の制度は、そんな悲しみを、一度でもジャニーズという世界に関わった少年たちに味あわせないための、大きな愛なのではないだろうか。

(*1)NHKラジオ第一『蜷川幸雄のクロスオーバートーク』2015年1月1日放送
(*2)朝日新聞2017年1月24日

霜田明寛
1985年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。9歳でSMAPに憧れ、18歳でジャニーズJr.オーディションを受けた「元祖ジャニヲタ男子」。就活・キャリア関連の著書を執筆後、4作目の著書となった『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)は4刷を突破。 また『永遠のオトナ童貞のための文化系WEBマガジン・チェリー』の編集長として、映画監督・俳優などにインタビューを行い、エンターテインメントを紹介。SBSラジオ『IPPO』凖レギュラー。

週刊新潮WEB取材班編集

2021年1月20日 掲載

関連記事(外部サイト)