日本のドラマ界を背負ってきた「長瀬智也」24本目の主演ドラマ「俺の家の話」と「ポスト長瀬」

日本のドラマ界を背負ってきた「長瀬智也」24本目の主演ドラマ「俺の家の話」と「ポスト長瀬」

デビュー当時の長瀬

■3月末でジャニーズを退所


 3月末をもってジャニーズ事務所からの退所が発表されている長瀬智也。TOKIOのメンバーとしては最後の主演ドラマとなる可能性も高い「俺の家の話」が本日から放送される。主演した連続ドラマだけで23本。本人の思い入れも強く、90年代から現在にいたるまでの日本のドラマを背負ってきたと言っても過言ではない。『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)の著者・霜田明寛氏がその足跡を振り返り、“ポスト長瀬”になりうる、ジャニーズ俳優を予想する。

「僕はドラマに育ててもらったし、やっぱりテレビドラマが好きなんです」とテレビドラマへの思い入れが人一倍強い長瀬智也。(*1)

 23本の多種多様な連ドラで主演を飾っているが、ジャニーズ事務所でもうひとり、90年代から現在にかけて、ドラマに主演し続けた俳優・木村拓哉と比べると、その傾向の差がわかりやすい。

 90年代後半以降、月9ドラマ出演が主に活動の主軸だった木村拓哉に比べ、長瀬智也の月9ドラマは1本のみ。初期の木村が主戦場にしてきたラブストーリーも少なく、多様な作品に出演していることがわかる。

 長瀬の出演作品と俳優としての歩みを、時代とともに4つの傾向に分けて見ていこう。

1.まずは2枚目期(1993年〜)

 ドラマデビューは1993年だが、長瀬智也が一躍注目されたのは、当時17歳で主演した1996年の連続ドラマ「白線流し」(フジテレビ)だ。岐阜県の高山市の高校で実際に行われている「白線流し」という行事を題材にしたストーリー。

 実は平均視聴率 11.2%と、当時の基準からすると大ヒット作という数字ではないのだが、人々の記憶に残る作品となり、「19の春」「二十歳の風」といったかたちで、連ドラでは高校生だった彼らの卒業後を描くスペシャルドラマが、9年後の2005年まで5作にわたって制作された。


■もはや伝説


 同じように青年の成長を時代とともに追っていく形式である「ふぞろいの林檎たち」の最終シリーズにも長瀬は出演している。

 ちなみに近年、山田太一脚本の連続ドラマに出演したジャニーズは長瀬智也のみ
(単発ドラマでは堂本光一・今井翼・関西ジャニーズJr.の西畑大吾などがいる)。

 90年代以降、山田太一の連ドラの数が減ったこともあるが、一面的な人間の描き方をしない山田太一の脚本に耐えうる、人間の奥行きと多面性を表現できる力があった数少ない存在だった……という言い方もできるだろう。

 他の多くのジャニーズ俳優がそうであるように、デビューしてから数年の長瀬は、2枚目の役ができるのが基本形。

 ルックスがよい長瀬にそのような役がくるのは頷ける話なのだが、このあと、ある脚本家との出会いから、一気にその幅を広げていくことになる。

2.クドカンとのタッグがうまくいき3枚目もいけるように(2000年〜)

 2000年4月、もはや伝説と言ってもいいドラマが放送される。

「池袋ウエストゲートパーク」(TBS)だ。

 ブレイク前の窪塚洋介、高橋一生、佐藤隆太、妻夫木聡、阿部サダヲ、坂口憲二にジャニーズJr.時代の山下智久に、世界的評価をされる前の渡辺謙……と、その3年後のスペシャル版制作時ですら同じメンバーを集めることは困難だったと思われるキャストが並ぶこのドラマの主演を務めたのが当時21歳の長瀬だ。

 今や大河ドラマ脚本家である宮藤官九郎の連ドラデビュー作でもあるこの作品。これを機に宮藤官九郎は一気に人気脚本家の地位に上り詰めた。

「石田衣良さんの原作には、もっと格好いいシーンがいっぱいあったのに、僕が見たかったのはそこじゃなかった(笑)」(*2)と宮藤が語るように、長瀬が演じたマコトは、もちろん見た目はかっこいいのだが、例えば冒頭はトイレでエロ本を見ながらいちごを食べる場面から始まるなど、3枚目にも見える。


■キャラクター化の妙


 正義感は強く女性にもモテるが素人童貞というそのキャラクター設定は、中高生男子にも憧れと共感を与え、男性支持も強くなった。

 宮藤官九郎が描く男の主人公には、宮藤本人が思春期に培ったと思われるメンタリティが投影される。

 その後も「木更津キャッツアイ」(2002年・TBS)に主演したV6の岡田准一、ドラマ「うぬぼれ刑事」(2010年・TBS)に出演、映画「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」(2014年)に主演した生田斗真など、ジャニーズタレントの男性支持が強まるタイミングの背景には、宮藤官九郎脚本がある。

 さらに、宮藤官九郎脚本作品に限らず、その後、嵐の二宮和也が童貞役を演じた『STAND UP!』(2003年・TBS)など、かっこいいだけではない、時にはそういった役ですらジャニーズが演じるというその後の流れの基盤を作った。

 つまり、“ジャニーズが演じる役が2枚目じゃなくていい”流れを作ったのが脚本宮藤官九郎・主演長瀬智也のタッグだったと言っていいだろう。

 その後、このタッグは2005年の「タイガー&ドラゴン」(TBS)などに続き、この20年間で、今回の「俺の家の話」を含め、連ドラ計3本・スペシャルドラマと映画各2本が作られた名タッグとなっている。

3.キャラクター化(2006年〜)

 アラサーに突入した長瀬には年齢や男を感じさせない役も多く回ってくるようになる。

 ヤクザが高校に年齢を偽って入学するという韓国映画のリメイク作が「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」(2006年・日本テレビ)。

 白目をむくなど“顔芸”といってもいい、いい意味でわかりやすい演技は子供にも受け、2006年7月クール1番のヒット作に。

 7年後の2013年には同じ日テレ土曜21時枠の「泣くな、はらちゃん」に主演。

 漫画の世界から出てきたキャラクターが、実際の世界と行き来する話だ。

 主人公は「恋とは?」「片思いってなんですか…?」と周囲の大人に疑問をぶつけていくことで世界の美しさや残極さを知っていく。


■悪役もできる


 世界について何も知らない漫画のキャラクターが世界を知っていくという設定だからこそ、純真無垢に見える必要がある役どころ。

「恋」「神様」「働く」と……語られる内容は深淵だが、これもまた、子供でも入りやすい形になることに長瀬が貢献している。

「大人だけじゃなく、子どもに向けてって意識がどこかにあるんですよ。大人な話でも、僕は子どもに見てもらいたいと強く思っていて」と本人も語っている。(*3)

4.悪役もできる…(2013年〜)

 ピュアな「はらちゃん」を演じた同じ年、「クロコーチ」(TBS)では悪徳刑事の役でダークヒーローを演じきった。

 一般的なイメージからすれば、ジャニーズアイドルらしからぬ役とも言えるが、本人は「アイドルだからこれはやってはいけないとか、そんな浅さで見ていない」と断言。(*4)

 さらに「そんなことで仕事をジャッジしていたら僕はこの世界にはいない」と続け、いわゆる“アイドルらしからぬ役”もやり続けることで、長く俳優として魅力を発揮し続けることができた、と言えるのかもしれない。

 2016年公開の宮藤官九郎監督・脚本の映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」では地獄の鬼という、悪のキャラクターを演じた。

 長瀬が演じた鬼は“哀しい赤鬼”で、わかりやすい単面的な“悪役”ではない。悪に至る背景を感じさせるのもすごいところである。

「見た人の記憶に残る確信が持てるな、と思えるドラマじゃないと、自分がやる意味がないと考えています」(*4)との言葉通り、ここで紹介した作品のみならず、長瀬の出演作は、記憶に残るものになってきた。


■ジャニーズにやらせていいのだろうか


 四半世紀以上の長きにわたって俳優を続けてきた長瀬。退所後は裏方にまわるという報道も出ており、今回が最後の連ドラになる可能性もあり、寂しいところだ。

 もちろん、代わりがいない俳優であることに間違いはないのだが、あえて“ポスト長瀬”になりうるようなジャニーズ俳優を考えてみよう。

 それは、ジャニーズWESTの重岡大毅だろう。

 2014年のCDデビュー前からドラマに出演、2019年から2020年にかけては5クール連続でのドラマ出演を果たした重岡。

 NHK「これは経費で落ちません!」(2019年)も話題になった。

 重岡はまず、ジャニーズの基本形である2枚目も、3枚目もいけるタイプだ。

 映画「溺れるナイフ」(2016年)では、クールな2枚目の役割を菅田将暉に任せ、ヒロインがその優しさに惹かれる、シーンによって「2と3」の線の間を絶妙に揺れ動く男を好演した。

 むしろ、見ている側としては、3だと思っていた男にヒロインが唇を奪われた瞬間が、一番ドキドキしたかもしれない。

 プライムタイム初の連ドラ出演となった宮藤官九郎脚本の「ごめんね青春!」(2014年・TBS)では、宮藤が重岡本人を見て着想した「からくり人形」というあだ名の人物を演じ、相性もバッチリ。

“ルックスはいいが童貞性が強い”という、宮藤とジャニーズが組むことで生まれるものを濃縮したようなキャラクターで、生徒役のひとりとして大いにコメディ要素に貢献していた。

 昨年の「知らなくていいコト」(日本テレビ)では、ヒロインの吉高由里子に婚約破棄をつきつけ、その後も嫌がらせをする悪役を演じた。

 それこそ、ジャニーズにやらせていいのだろうかと思う、本当に嫌な奴の役である。


■想像を超える良作


 さらに、昨年末にNHKで放送された「悲熊」では、なんと熊に。

 重岡が熊の着ぐるみをきたドラマ、と聞くと、コントかふざけて作られているように聞こえるかもしれないが、想像を超える良作だ。

 原作は漫画なのだが、重岡が演じることによって、人間社会では珍しい熊が、この社会の中でマイノリティとして生き、強く出られずに割を食っている“人”にも見え、ぐっと奥行きが出るのである。

 熊としてのピュアなかわいさを醸し出せる上に、作品に奥行きをもたせられる俳優として、重岡にハマったキャスティングだった。

 と、いったように、

1.二枚目はもちろん3枚目もいけ
2.宮藤官九郎脚本との相性もよく
3.キャラクターも
4.悪役も

 いけるという、ここまで解説した長瀬的要素を持つのが重岡なのである。

 長瀬は「ひょっとしたら誰かの人生が変わるかもしれないっていう思いは常に持っている」(*5)という強い思いでドラマ出演をしてきたという。

 今後も長瀬や重岡の出演するドラマは、世界の見え方を変えてくれるかもしれない。

「泣くな、はらちゃん」では、長瀬演じるはらちゃんが、自分たちの物語を描いた女性を“神様”と崇めてこう伝える。

「世界を変えてください。あなたが笑えば世界は輝くんです」

 ドラマの創造主である長瀬の笑いに、世界が輝いた28年間だったに違いない。

<参考>
(*1)「日経エンタテインメント!」2016年3月号
(*2)「映画の宮藤官九郎」/キネマ旬報社
(*3)「日経エンタテインメント!」2014年8月号
(*4)「zakzak」2013年11月1日
(*5)「TVガイド PERSON VOL.41」2016年1月9日

霜田明寛
1985年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。9歳でSMAPに憧れ、18歳でジャニーズJr.オーディションを受けた「元祖ジャニヲタ男子」。就活・キャリア関連の著書を執筆後、4作目の著書となった『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)は4刷を突破。 また『永遠のオトナ童貞のための文化系WEBマガジン・チェリー』の編集長として、映画監督・俳優などにインタビューを行い、エンターテインメントを紹介。SBSラジオ『IPPO』凖レギュラー。

週刊新潮WEB取材班編集

2021年1月22日 掲載

関連記事(外部サイト)