羽生結弦『天と地と』で北京五輪へ、熱望する石坂浩二との「謙信公・魂のレッスン」

羽生結弦選手

「ショートプログラムでは1位発進と好調でしたが、フリーではミスが続き最終順位は3位。またもネイサン・チェン選手とのライバル対決で敗れてしまいました。今大会には並々ならぬ思いで臨んでいただけに、羽生選手の悔しさもそうとうなものでしょう」(スポーツ紙記者)

 スウェーデンで開催された世界選手権で激闘の末、なんとか表彰台は死守した羽生結弦。頂点には立てなかったが、早くも“打倒ネイサン”に向けて、気持ちを切り替えているという。

 スポーツライターの梅田香子氏は、羽生が少年のころから負けず嫌いだったことを覚えている。

「羽生選手は2004年の全日本ノービス選手権で優勝しましたが、翌年は日野龍樹選手に敗れ2位。そうとう悔しかったんでしょうね、■お姉さんに抱きついてわんわん泣いていましたよ。でもそれをバネにして成長し、2007年の大会でリベンジ。再びチャンピオンに返り咲きました」

 世界選手権が始まる前のインタビューでは■「(北京五輪の)枠取りに関しては最大限、貢献したい。僕にとっては今のところそれだけ」と話していたが、すでに新たな目標を見据えて動いている。

「羽生さんは来年の北京五輪に向けてトレーニングの計画を立てています。今シーズンのフリーの曲目■『天と地と』は来シーズンも使用を続けるといわれていて、完成度をより高めることを考えているはず」(スケート連盟関係者)

■来年も『天と地と』で臨む

 スポーツライターの折山淑美氏も、『天と地と』への羽生の思い入れは強いという。

「自分で選曲し、演技に合わせて自分で編曲をしていますから、特別な思いを持っているでしょう。今シーズンは試合数が少なかった、ということを考えても、フリーに関しては曲目を変えてこないだろうなと思っています」

 コーチの方針も羽生と一致している。

「■コーチのブライアン・オーサーさんは“五輪のフリーは2年かけて完成度を高める”というのが、キム・ヨナ以来の持論。ですから当然、羽生さんは来年も『天と地と』でいく可能性が高いです」(前出・スケート連盟関係者)

 北京五輪では優勝に加えてもうひとつ大切な目標がある。

「4回転アクセルジャンプです。羽生選手自身が、■“競技人生の最終目標”と語っていますからね。幼いころに師事していた都築章一郎コーチから“アクセルは王様のジャンプ”と教わり、自分でも得意だという気持ちはあるでしょう。世界一の舞台で披露したいと考えているはず」(前出・スポーツ紙記者)

 心配なのは、練習環境が完全とはいえないことだ。コロナ禍でホームリンクのあるカナダに渡れないでいる。しかし、フィギュアスケート指導者・評論家の佐野稔さんは羽生がコーチ不在の中で大きく成長したと話す。

「カナダで練習をしていればコーチも仲間もいて、お互いに励まし合って練習できていたと思います。しかし■ひとりで練習しなければいけない状況に閉じ込められた中でこれだけの結果を残した。誰にも頼れない環境で精神的に成長した部分はあると思います」

 しかし、かつて宇野昌磨がコーチ不在時に成績を大きく落としたように、コーチの存在は必要不可欠でもある。

「ワクチンが行きわたり終息が見えてくればカナダに行く可能性は高い。コーチの存在は精神面でとても大きく頼りになります」(佐野さん)

 練習環境の違いでも、カナダのほうがいいと梅田さん。

「■ジャンプの練習をするためのハーネス(身体をつり上げる補助器具)がないスケートリンクが日本には多いんです。使える人も少ない。4回転アクセルの練習を確実に、安全に行うためにはカナダに行ったほうが間違いはないです」

 4回転アクセルの完成のためには、カナダでの練習が欠かせない。そして、『天と地と』の世界観を自分のものにすることも重要な課題だ。

石坂浩二

「『天と地と』はもともとはNHK大河ドラマのオープニング曲です。羽生さんは主人公・上杉謙信の価値観や人生観が自分に合っていると思ったそう。■全日本の本番前では曲の主人公になりきることを強くイメージしたあまり、涙を流していました」(前出・スケート連盟関係者、以下同)

 義将として名高い謙信に、自分を重ね合わせているのだ。

「私利私欲を捨て、義のために戦いを続け、そして勝ち続けた上杉謙信。葛藤や不安がありつつも全日本選手権に出場し、世界選手権で五輪の枠取りのために全力を尽くした自らの姿を投影しているのではないでしょうか」

■石坂浩二が羽生にエール

 1969年に放映された大河ドラマ『天と地と』で上杉謙信を演じたのは石坂浩二だ。

「■石坂さんはこの曲が使われたことを知って歓喜。スポーツ紙のインタビューで、“謙信の心を胸に 翔べ!”と羽生選手にエールを送りました。“選曲自体が立ち向かうメッセージになる”と話しています」(前出・スポーツ紙記者)

 石坂の思いを知ることは、羽生にとっても力となる。

「青年期から晩年までを演じた石坂さんは、謙信の感情の起伏や心境の変化を演技を通じて深く理解しているでしょう。氷上で演技をする■羽生選手も、石坂さんの“魂のレッスン”を受け、その経験を参考にしたい、石坂さんと話がしたいと熱望していると思います」(同・スポーツ紙記者)

 羽生は以前にも演者からアドバイスを受けたことがある。

「平昌五輪で映画『陰陽師』の劇中曲『SEIMEI』を使った際、安倍晴明を演じた野村萬斎さんと話をしています。野村さんは劇中の晴明の決めポーズのポイントについてアドバイスしたそうですよ」(同・スポーツ紙記者)

 石坂から受け継いだ謙信の魂を胸に、北京で翔べ!

関連記事(外部サイト)

×