『エヴァンゲリオン』の次は『仮面ライダー』大喜利状態続く、次に見たい『シン・○○』

庵野秀明監督

 1971年の『仮面ライダー』から、現在放送中の最新作『仮面ライダーセイバー』まで連綿と続く“仮面ライダーシリーズ”は、今年で50周年を迎えた。

 衣類にバッジにアクリルスタンド、お菓子に焼酎など、50周年を記念したさまざまなグッズの発売、シリーズの人気エピソードのセレクション放送、さらには87年から放送された人気作『仮面ライダーBLACK』のリブート作品『仮面ライダーBLACK SUN』の製作決定などが続々と発表されている。

■まるで“シン・大喜利”状態

 なかでも大きな注目が集まったのは、5日に発表された、庵野秀明脚本・監督の映画『シン・仮面ライダー』の製作だ。

 ある映画ライターが言う。

■「庵野監督の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は現在大ヒット公開中ですが、その熱気のさなかに庵野監督最新作の発表、しかも“シン”を冠したタイトルということで、大きな盛り上がりをみせています」

『シン・エヴァンゲリオン』をはじめ、2016年に公開され大ヒットした映画『シン・ゴジラ』の総監督・脚本、そして、企画・脚本をつとめ現在公開日調整中の映画『シン・ウルトラマン』と、庵野秀明が関わる近年の映画のタイトルにはすべて「シン」というフレーズが付随したものになっている。前出のライターが続ける。

■「従来のゴジラ映画に愛を込めつつも、これまでの作品と全く異なる新しいゴジラ映画像を作り上げたことは衝撃的でした。まだ特報段階ですが、『シン・ウルトラマン』も、初代ウルトラマンの世界観を下敷きにしつつ、新たなウルトラマン像の誕生はおおいに期待できます。そんななかで、ゴジラシリーズ、ウルトラマンシリーズと並ぶ日本の代表的な特撮コンテンツのひとつである仮面ライダーを手がけ、しかもタイトルに“シン”もつく。エヴァ完結で盛り上がる空気もあり、それは期待しかないですよね」

 まさかの『シン・仮面ライダー』発表で、一部で、『シン・機動戦士ガンダム』、『シン・ゴレンジャー』、『シン・風の谷のナウシカ』に『シン・ルパン三世』、『シン・セーラームーン』などなど、庵野監督に「シン・○○」シリーズとして過去の名作を新たに製作してほしいという願望の声が、ネットやSNS上に多数みられた。

■「なかには『シン・サザエさん』とか『シン・ドラえもん』とか、さらには『シン・水戸黄門』や『シン・3年B組金八先生』など、絶対ないだろうという作品にも“シン”をつけ、どの“シン”が面白そうかを競う“シン・大喜利”状態になっています。完結したばかりなのに、『シン・シン・エヴァンゲリオン劇場版』というものも見ました(笑)」(同)

■■宮崎駿×庵野秀明作品が見たい!

 勝手な妄想はどんどんと膨らみ、映画ファンを大いに楽しませているよう。『仮面ライダー』は庵野監督にとって非常に思い入れが強い作品のようで、夫人で漫画家の安野モヨコとロケ地デートに行ったこともあるという。また、結婚式では監督が仮面ライダーのスーツで登場したのは有名な話。

「今度の『シン・仮面ライダー』も、愛があるから作るということで間違いないでしょう」と、アニメメディア関係者も言う。さらに続けて、次回作で、庵野監督が手がけてみたいと思っているであろう、“有力作品”についてこう期待する。

「2012年に短編作品『巨神兵東京に現わる』を製作したこともありますが、かつてアニメーターとして製作に参加し、■原画なども手がけた『風の谷のナウシカ』は、いつか手がける可能性は高い気がします。宮崎駿×庵野秀明という並びだけでトップクラスの豪華さが出るので、配給元的にも期待できそうです。ビジネス的な側面でいうなら、『機動戦士ガンダム』も庵野さんならではの角度から見てみたいというファンは多そうです」

 さらに、庵野監督の思い入れが非常に強い作品がもうひとつあるという。

「■『宇宙戦艦ヤマト』です。数年前に製作されたアニメでもオープニングの絵コンテも実際に担当されていますし、ヤマトのプラモデルの監修を担当したこともあり、ミリ単位でこだわりぬいた製品となりました。『ヤマトがなかったら今の自分はなかった』と発言するほどの作品です。仮面ライダーの後も、ほかの“シン・○○”が先に作られるかもしれませんが、最終的に庵野さんの中で決着をつけたい作品は、やはりヤマトではないでしょうか」

 来年のことを言えば鬼が笑うとはいうが、『シン・仮面ライダー』の公開は2023年の予定、さらに次の『シン・○○』といったら、いったいいつの話になることやら。

〈取材・文/渋谷恭太郎〉

関連記事(外部サイト)

×