新垣結衣『退所』文言が削除、事務所との間に生まれていた“見解の相違”

【星野源と新垣結衣が結婚】週刊誌界隈では「そこまで驚かなかった」といった人も

記事まとめ

  • 星野源と新垣結衣が電撃婚を発表、週刊誌界隈では「そこまで驚かなかった」との声も
  • 数年前にも『逃げるは恥だが役に立つ』での共演がきっかけで親密ぶりが報じられていた
  • 新垣が所属する『レプロエンタテインメント』ではのんや千眼美子の独立トラブルも

新垣結衣『退所』文言が削除、事務所との間に生まれていた“見解の相違”

新垣結衣

 5月19日、星野源と新垣結衣が電撃婚を発表。しかし、週刊誌界隈では「そこまで驚かなかった」といった人も多いという──。

 というのも、数年前にもドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)での共演がきっかけで親密ぶりが報じられていたり、星野が新垣の住むマンションの別棟に引っ越したという報道もあったため、ふたりが真剣交際しているとみて張り込みを続けていた週刊誌が多かったからだ。

 今回のゴールインに日本中は祝福ムードに包まれているが、それとは“別の視点”のコメントが多数あることにも気がつく。それは、

■《事務所を辞めることができてよかったね》

 新垣が所属する『レプロエンタテインメント』を退所したことを喜ぶコメントだ。かつて所属していたのん(能年玲奈)や千眼美子(清水富美加)の“独立トラブル”があったため、事務所とタレントの関係性については世間からも注目されていた。

■記事の差し替えが行われ

 新垣は、結婚発表とともに、下記のように事務所との専属マネジメント契約を終了することを自身のオフィシャルファンクラブサイトにて報告した。

《この度、私、新垣結衣はレプロエンタテインメントとの専属マネジメント契約を終了し、今後は個人として活動していくことになりました。(中略)なお当面は、レプロとのマネジメント契約を一部継続し、引き続きサポートしていただく形で、自分のスタイルをじっくりと構築してまいります》

 この発表を受けて、大手メディアはすぐにネットで速報を放った。が、

「■一部メディアは《事務所を退所し、フリーに》と報じましたが、新垣さんの事務所からの申し入れがあり、すぐに記事の差し替え、削除が行われ、『退所』と『フリー』という文字が消えることになったのだそうです。事務所サイドとしてはマネジメント契約は一部継続されるらしく、“今後もウチが窓口となることは変わりない”とのことで退所や独立ではないという考えなのだそうですが……」(スポーツ紙記者)

■大河ドラマが独立に影響して

 その後も《契約内容が変更》《新しいスタイルでの活動》と書くメディアもあったが、たしかに解釈が難しいところもあろう。芸能プロ関係者は現在のガッキーと事務所の関係性についてこのように話す。

「■今回のケースはこれまでのタレントと事務所の関係性とは少し異なり、複雑なようです。マネージャーも引き続きレプロの方が務めるようです。ギャラの取り分も変わらないと聞きました。では何が変わるのかというと、これまでは事務所主導で決めていた仕事が新垣主導になり、彼女のペースでなされるということ。ただ、新垣さん自身に直接オファーがあった場合でも、事務所を通すようになるみたいです」(ワイドショースタッフ)

 これでは新垣が言う 《今後は個人として活動していくことになりました》とはだいぶ話が違うように思えるのだが。大手芸能プロ幹部はこう語る。

「■お互いの見解の相違があるんでしょうね。独立することは確定なのでしょうが、まだ最終的な話が煮詰まっていないということでしょう。それは来年の『大河ドラマ』出演が決まっていることが深く関係していると思いますよ。

■ 大河は現事務所が営業して取った仕事ですから来年末までは仕切る権利があります。事務所としてはその間に“1本6000万円”とも言われているCM契約をできるだけ多く結びたい。今後、CMなどについてじっくり話し合うと聞きます。やはり事務所サイドとしては辞めてほしくなかった逸材なのではないでしょうか」

 逃がしたくないほど役に立つ──? 

関連記事(外部サイト)