近藤真彦のタレント復帰が決定、試されるメディア露出「金屏風会見」並みの重要度

近藤真彦、6月9日会見で事実上のタレント活動再開か レース業にはすでに復帰

記事まとめ

  • 近藤真彦が記者会見に登場することが決まり、事実上のタレント活動再開になる
  • 「スーパーフォーミュラ」第3戦の決勝レースでチームの監督として指揮を振るった
  • 近藤の会見開催日の予定は6月9日だと報じられている

近藤真彦のタレント復帰が決定、試されるメディア露出「金屏風会見」並みの重要度

ジャニーズではなくなった近藤真彦

■ 歌手でタレントの近藤真彦(56)が、ついに記者会見に登場することが決まった。事実上の、タレント活動の再開になる。

 昨年11月、週刊文春に25歳年下の女性との不倫が報じられ、芸能活動とレース活動を自粛していたが、4月いっぱいで所属するジャニーズ事務所を退所したことで、ジャニーズ事務所による“強制自粛”というおとがめは、効力を失っていた。

■ひとつだけ問題あり

 実際、今月16日には、大分・オートポリスで行われた「スーパーフォーミュラ」第3戦の決勝レースで、自身がオーナーを務めるレーシングチーム『KONDO Racing』の監督として指揮を振るい、まずはレース業への復帰を飾った。

 その際、レース場の最寄りの空港でメディアの取材に応じた近藤は、芸能活動の再開について、■「焦らず、徐々に、少しずつできれば」と語っていた。

 近藤の念頭にあるのは、ファンの前で歌を披露するライブ活動だったが、それに先駆け、自身がイメージキャラクターになり、芸能活動を再開することを決めた。

 事情を知る芸能関係者が明かす。

■「セガサミーグループのサミー株式会社が、新たなカードゲームのトーナメントを仕掛けることになったそうです。アメリカではポーカーのトーナメントが大人気ですが、それに匹敵する新しいカードゲームの流れを作る。そのPRに近藤が一肌脱ぐという流れです」

 セガサミーホールディングスは長年、『KONDO Racing』を全面的に支援してきた。チームの公式サイトにも、パートナーとして名前が見て取れるため、同社に近藤の起用の経緯について問い合わせたが、期日までに返答はなかった。

■「近藤としては断る理由のない、断れない、ありがたい仕事なのです。ただひとつ問題がありまして……」

 と前出・芸能関係者が眉をしかめるのは、近藤が会見に登場することによる混乱だ。こう続ける。

■「不倫騒動以来、初めての会見になりますから、どれだけのメディアが集まるのかわからない。それをさばけるのか。近藤の近くにいる人間はレース畑の人間ばかりで、芸能の事情にはまったくというほどうといんです。どんな媒体を呼ぶのか、どんな進行をすれば不快感をもたれないでメディアをさばけるのか。暗中模索ですよ」

 芸能リポーターや記者が、ジャニーズの後ろ盾のない近藤に対し、容赦ない質問を浴びせるのは容易に想像できる。質問にどう向き合い、どう答えるのか。

 ジャニーズ事務所を退所した際、文書でコメントを発表したが、後輩の東山紀之(54)に、■「退所の仕方に疑問が残る」「薄っぺらい」とバッサリと切り捨てられていた。

 そんな近藤にとっては、1989年の大みそか夜10時から行われた、歌手の中森明菜との“金屏風会見”並みに極めて重要な意味を持つことになる今回の会見。モヤモヤしたままのファンや、先輩に失礼な言葉を浴びせた東山を納得させることができるのか。

 近藤が怖気づいて会見を辞退することがなければ、事態は予定どおり進む。会見開催日の予定は6月9日だ。

〈取材・文/薮入うらら〉

関連記事(外部サイト)