NHKは嵐、東京オリンピック各局メインMC覚えてる?上がる名前はジャニーズばかり

東京五輪NHKのナビゲーターは“5分の4嵐”になるのか?

 いまだ開催をめぐる議論や調整が進まない、東京オリンピック・パラリンピック。

 本来開催される予定だった昨年、テレビ各局の五輪関連番組のメインMCが誰だったか、覚えているだろうか。

■NHKは嵐、出演の可能性は?

 まずNHK。もともとは昨年末で活動休止、事実上の解散状態となっている嵐を「スペシャルナビゲーター」として起用する予定だった。しかし五輪はコロナによって延期され、嵐は予定どおり2020年の12月31日をもって活動を休止。では、もし五輪が開催されるとなった場合、NHKのナビゲーターは、どうなるのだろうか。スポーツ紙放送担当記者が言う。

■「昨年、五輪のテーマ曲として米津玄師作詞作曲の『カイト』が発売されました。そのため、曲の使用はもちろん、芸能活動をお休みしている大野(智)くんをのぞく4人が再集結したり、リレー形式などでそれぞれが競技ごとにリポートやインタビューなど担当するという可能性も、なくはないのではないでしょうか」

 まさかの“5分の4嵐”が再集結ということになるのなら、NHKの五輪番組への注目度も高まることは間違いない。

 さらに、嵐のメンバーとジャニーズの後輩を組ませるパターンも考えられると、前出の記者は続ける。

「■『VS嵐』の後継番組としてスタートした『VS魂』(フジテレビ系)には、相葉(雅紀)くんのほかに風間(俊介)くんはじめ、佐藤勝利くんに藤井流星くん、岸優太くん、そして美 少年の浮所(飛貴)くんらが出演しています。二宮(和也)くんが始めたYouTubeチャンネルや、櫻井(翔)くんと相葉くんが出演するサイダーのCMも、Hey! Say! JUMPの山田(涼介)くんなど後輩が嵐のメンバーと共演するなど、嵐と後輩という組み合わせが増えています。そうなると、NHKの五輪番組も、嵐のメンバーと後輩を組み合わせるという可能性も考えられます」

 後輩の中で、抜擢される可能性が高いのは、山田涼介、Sexy Zone中島健人、King & Princeの平野紫耀の3人が有力だと言う。なぜならこの3人は、昨年、新型コロナウイルス感染拡大防止のための、ステイホームや医療従事者への感謝のメッセージ映像に出演し、NHKで放送された顔ぶれでもある。

■「五輪開催とコロナ対策は、もはやセットといっても過言ではありません。そういう意味でも、コロナ対策を呼びかけた彼ら3人が五輪関連の番組も担当するというのは、非常に意味のあるキャスティングにつながると思います」

■ジャニーズ起用率が高すぎる!?

 では、民放はどうか。

 ■昨年までの情報を振り返ると、まず日本テレビが明石家さんま、TBSは安住紳一郎アナ、フジテレビが関ジャニ∞の村上信五、テレ朝は正式発表されず、テレビ東京が小泉孝太郎という顔ぶれだった。前出のスポーツ紙放送担当記者が言う。

「嵐が活動休止してしまったNHKとは違い、民放各局は、この顔ぶれがそのまま引き継ぐ可能性は高いのではないでしょうか。テレ朝は大きなスポーツ大会でのキャスター経験も豊富な松岡修造がなんらかの形で関わるのではないかとみられています。各局メインのMCに、お抱えの元アスリートやそれぞれの局の人気番組を担当する面々が加わる布陣になりそうです」

 やはり民放も、NHK同様ジャニーズタレントの起用が予想されると言うのはある芸能記者。

■「日テレに『news zero』の櫻井君が登場するこもあり得ますが、NHKで『カイト』を使用する場合には厳しいでしょう。そうなると『シューイチ』が好評なKAT-TUNの中丸(雄一)くん抜擢が考えられます。TBSは中居くんと安住アナの黄金タッグ、テレ朝は世界水泳を放送し、最も注目度の高い池江選手も関係することから、北島康介さんの登場が濃厚ですし、世界体操で松岡修一さんとタッグを組んだHey! Say! JUMPの知念(侑李)くんもあるかもしれません」

 こうなるとテレビ東京だって、ジャニーズの可能性を捨てきれない。テレ東は世界卓球を毎回放送し、伊藤美誠選手など人気選手が出場する競技のため、本来なら好感度が高かった福原愛の起用が考えられたというが、不倫騒動でその線は消えかけている。

■「テレ東は『テレ東音楽祭』で毎年、TOKIOの国分太一くんが総合MCを務めています。また同局での活躍ぶりから、薬丸裕英さん、井ノ原快彦さんあたりも候補にあがっているのではないでしょうか」(同前)

 それにしても、各局ジャニーズ・元ジャニーズ率の高さが伺える。

■「知名度、好感度、各局への貢献度や実績など、退所も相次いで、弱体化しているのではないかという声もありますが、やはりなんだかんだ層の厚さはすごいです」(同前)

 いずれにせよ、東京五輪が中止にならなければの話ではあるが……。

〈取材・文/渋谷恭太郎〉

関連記事(外部サイト)