佐藤二朗「みんな何かしらの“負”を抱えてる」暗黒の20代を超えたいま、表現したいこと

佐藤二朗 撮影/高梨俊浩

 役者・佐藤二朗が原作・脚本・監督を務め、出演も果たした映画『はるヲうるひと』が、いよいよ公開される。当初は昨年5月に公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響で1年以上も延期に。映画を自ら手がけるのは、 '08年の『memo』に続く2作目。

■「僕だから、佐藤二朗だからこういう表現、みたいなものが僕の中にはまだある気がしていて。それがあるうちは脚本を書いて、監督をしたいと思っています。自分の“表現”というのを吐き出して、形にしたい。それが僕にとって、映画なんです」

 本作はもともと、佐藤が主宰する演劇ユニット「ちからわざ」で '09年に舞台として上演( '14年に再演)されたもの。そして今回、山田孝之を主演に映画化された。

佐藤二朗 撮影/高梨俊浩

「この映画を作るにあたって、たくさんの人に“佐藤二朗が監督で山田孝之主演? 面白そう”って言っていただいたんですけど、“あ、コメディーじゃないの?”って(笑)。コメディーなら面白そうと。

 でもそういう意見があってこそ、カウンターが打てるというか。人のやってないことをやって、ちょっと風穴を開けるイタズラ心みたいな、その気持ちはずっと持っていたいと思います」

■みんな何かしら負を抱えてる

 舞台はとある島の売春宿。佐藤いわく「生きる手触りがつかめず、死んだように生きる男女が、それでも生き抜こうともがく壮絶な闘いのおはなし」だ。

「みんな何らかの“負”を抱えているでしょう。その負って、第三者が取り払ってくれるわけじゃない。急に明日、消えるわけでもない。■僕はその“負”を抱えた人間が、負の要因を抱えながらも、明日も生きていこうとか、5ミリでもいいから先に進もうとする話にドラマを感じる。理屈ではなく、僕がグッとくるから、今回もそういう話を書きたいと思いました」

 抜け出したくても抜け出せない状況で、どう前を見るか。過去のインタビューでは、下積み時代の20代について「心がボロボロだった」と答えているが、その経験も影響している?

「暗黒の20代ね(笑)。二度と戻りたくはないです。でも、その経験が肥やしになっていたり、そのときの出会いで今も大事にしている人たちもいる。そういう意味では重要だったけど、本当にキツかった。あまり意識はしていないけど、映画で僕が表現したいことに影響しているかもしれないですね」

■一緒に飲みに行く豪華な面々

 暗黒の20代を経て、今や映画にドラマと引っ張りだこ。そんな佐藤が今も大事にしていること。それは人とのつながり。

「昔はね、飲みに行ったときくらいは仕事のことを考えたくなくて。飲み屋では、全然違う職業の人たちと飲んでいました。もちろん今も好きですよ? でも、ある時期から山田孝之、小栗旬、向井理、斎藤工とかとよく飲みに行くようになった。みんな30代後半。俺らが考えもしなかったことを彼らは考えていて、自分でプロデュースしたり、映画を撮ったり。ヤツらと話していると刺激をもらえて楽しいんですよね」

 人気俳優同士、どこへ飲みに?

佐藤二朗 撮影/高梨俊浩

「千歳烏山の『ふぐちん』というお店には、いろんな人たちと飲みに行きました。孝之、小栗、長澤(まさみ)と長澤のお母さん、堤真一、バイきんぐ小峠(英二)、安田顕……みんなバラバラにですけどね。

 そこのおかみさん、小栗だろうがなんだろうが、時間になったら追い出すんです。でも、唯一“あなたがいるならいつまでもお店開けますよ”っていうのが安田顕。堤真一にも向井理にも一切反応しないのにですよ?(笑)。安田、そのお店で一度裸になってるのに。俺はそこだけ、納得いってません!(笑)」

 と、最後は役者仲間で飲み友達でもある安田顕の話で笑わせてくれた。ふと、「人を笑わせるのが好きですか?」と聞いてみると、“そんなこともないけどねぇ。でも楽しいのはいいよね”と佐藤。

 今回の映画では〈人はなぜ笑うのか〉という問いが投げかけられる。劇中では「試しに笑え、無理でも笑え」という印象的なセリフが出てくるが、最後にはこんなエピソードを。

「実は僕の母親が“ケセラセラ、明日は明日の風が吹くぞ二朗”とよく言ってて、口癖だったんです。それを思って書きました。うちの母親、いろんなことがあってすごい苦労をしているんです。■映画では、負を抱えた状態で試しに無理でも笑ってみなさいと。ほんのちょっと、1ミクロンかもしれないけど、気が楽になるかもしれないよ? という意味で取り入れました。

 ほかの取材で孝之がこの映画について“見ておいたほうがいい作品”と言ってくれましたが、その言葉に尽きます。1人でも多くの人に、届けたいと思います」

■【日本最高級の俳優】

 過去に舞台で佐藤二朗が演じた主人公・得太の役を、今回の映画では山田孝之が演じている。

「得太という役は、舞台の時に、僕が僕に当て書きした役なんです。僕は山田孝之を日本最高級の俳優なんじゃないかと思っているので、彼がやってくれるなら安心して預けられると思いました。
 
 ■まだ撮影が始まる前ですが、とあるシーンのセリフについて、孝之から“何回読み直しても魂が震えます”ってメールがきて。それがすごい嬉しくて。彼は内面こそアツイ人ですけど、基本的にはそれを見せない人なので。

 孝之が得太のことを理解してくれたことがわかったし、そのシーンで魂が震えるならば、この作品は勝負に勝てるかもしれないと、そのとき確信しました」

■【とにかく見てほしい一心で】

「いま、必死なんです。今回の作品を見てもらいたい一心で、できることは必死にやっています。僕ら俳優は芝居に関しては特別な思いがある。

『はるヲうるひと』では、僕が最高に好きな俳優たちがそれぞれ“魂”の揺れた状態を表現してくれて、本当に奇跡のような作品を作り上げることができた。映画は見られることで初めて完成するもの。ぜひ、その目に焼きつけてほしいと思っています」

■【ジャニーズのあの人たちとも交流】

「共演しているからね。関ジャニ∞の大倉(忠義)とか嵐の相葉(雅紀)、(櫻井)翔くんとか。ジャニーズの人たちって、魂がちゃんとしている人が多いんです。たくさんの競争を勝ち抜いてそこにいるっていう意識がスゴい。そして賢くって、面白いんですよ」と、ここまで話したところで突然、

「あれ?『週刊女性』ですよね!? 僕と長澤(まさみ)と村上(信五・関ジャニ∞)と飲んでるところを撮ったのって(笑)。■記事に短パンにクロックス、佐藤二朗はものすごい格好で現れた……って書いてあったけど、こっちは撮られるなんて思ってないんだから!って思いました(笑)。でもまぁ、楽しいのはいいですよねぇ」

6月4日公開 映画『はるヲうるひと』

■6月4日公開 映画『はるヲうるひと』
原作・脚本・監督・出演/佐藤二朗
出演/山田孝之、仲里依紗、今藤洋子、笹野鈴々音、向井理、坂井真紀ほか

〈スタイリスト/鬼塚美代子(アンジュ) ヘアメイク/今野亜季([株]エイエムラボ)〉

関連記事(外部サイト)