朝倉未来が『RIZIN』敗戦後のリングに「ゆきぽよいる?」触れられなかった事情

「ゆきぽよ」こと木村有希

■《少し休んで、また頑張ろうかな 朝倉未来は最強でないといけない》

 6月13日に行われた総合格闘技大会『RIZIN.28』のメインマッチで、ブラジルのクレベル・コイケに敗れた朝倉未来。試合直後には引退も示唆していたのだが、翌日には一転して自身のインスタグラムで現役続行への意欲を綴った。朝倉選手はチャンネル登録者180万人を誇るユーチューバーでもある。

「挑発的な言動からアンチも多く、また元グラビアモデルの小倉ゆうかと交際したりと、話題に事欠かない格闘家です。■集客力ある存在だけに、運営側も辞められたら困るでしょう。スポンサーを名乗り出る企業も多いですからね。とりあえずは彼の前向きな姿勢に一安心でなないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 そんな注目の一戦を放送したのがフジテレビなのだが、試合終了後、リング上で片目を腫らした朝倉選手と、喜びを爆発させるクレベル選手らが映る後方に、やたらと目立つギャルが。■黒いTシャツにホットパンツ姿で脚を露出させ、髪の毛を盛りまくったゆきぽよだ。

 リング中央でクレベル選手がラウンドガールらと記念撮影を行っている間も、その背後のコーナーで拍手を送り続けていたゆきぽよ。気づかなかった視聴者も多かったことだろう。

 かろうじて存在に気づいた視聴者からは《■あれ?RIZINにゆきぽよいる!?》《ゆきぽよがなぜだかしれっとリング上》《ゆきぽよは何役?》と、ネット上に困惑の声が。ところが、その後も全く触れられることはなく、ゆきぽよがリングの上にいた理由はわからないまま放送を終えたのだった。

■朝倉海選手の試合にも“出ていた”

「彼女は、■メインマッチの勝利者賞を出していた『喧嘩道』の“プレゼンター”だったんですよ」とは、格闘技専門誌の編集者。『喧嘩道』とはスマホ向けのゲームアプリで、以前より大会スポンサーとして名を連ねているとのこと。

「未来選手の弟である海選手と一緒に、朝倉兄弟として『喧嘩道』のCMに起用し、また実際にゲームのキャラクターとしても登場しています。ファイトパンツにもスポンサーロゴが入っていますし、■本来ならば未来選手が勝利してゆきぽよさんとも記念撮影、という流れを描いていたのだと思います。

 ■実はゆきぽよさん。昨年末にも海選手の試合でもプレゼンターを務めていました、が……」

 2020年12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN.26』。こちらもフジテレビ系で大晦日の目玉番組として放送されたのだが、■海選手と堀口恭司選手の試合後のリングに上がったのが、『喧嘩道』のゲームイメージに合わせてド派手なピンクの特攻服に身を包んだゆきぽよだった。が、結果は海選手のTKO負け。

 彼女は勝者の堀口選手の横で、気合の入った笑顔で記念写真に収まったのだった。前出の専門誌編集者は苦笑いする。

「スポンサー関係者はリング上の光景に苦笑いしていたそうですよ。特攻服をきたゆきぽよさんと海選手が並んでこそ出資の意味があるわけですからね。とはいえ、この時は堀口選手が勝っただけの話で、彼女も流れ上でそうしただけで誰にも責められることではありません」

 この試合の翌日、1月1日に配信されたニュースサイト『モデルプレス』のインタビュー記事に、特攻服姿で登場したゆきぽよはリングに上がった試合をこう振り返っていた。

《「これは特別な試合なんだ」と素人目線でもよくわかりました。■結構早い段階で堀口さんが勝利して、よくわかんないけど「すごい」ということはわかったので、わーってなっていつの間にか立ち上がってました》

 その後も一般的な女性客の立場から、“イケメンが多い”“筋肉見放題”などと素直な感想を語っていたゆきぽよ。もしかしたら、海選手や『喧嘩道』のことをイマイチ理解していなかったのかもしれない。そして今回、2回目の“リングイン”となったわけだ。

試合後の朝倉未来選手のインスタグラム(@mikuruasakuraより)

「結局、プレゼンターを務めた2試合とも朝倉兄弟は負けてしまい、“勝利の女神”になることはできませんでした。でも■、フジテレビさんでは放送されませんでしたが、実際の会場ではクレベル選手と撮影をして、『喧嘩道』さんとともに“ゆきぽよ様です”とプレゼンター紹介をされているんですよ。

 たしかにメインマッチはライブで(放送時間の)尺の関係もあったのでしょうが、騒動続きの彼女だけに意図的にカットされたのであればかわいそうですね(笑)」(前出・専門誌編集者)

■今度は事務所トラブルも報じられた

 今年1月に『週刊文春』が、自宅に出入りしていた“知人男性”がコカイン使用で2019年に逮捕され、彼女自身も家宅捜索と尿検査を受けていたことを報じた。その後、涙ながらに謝罪と弁解をするもイメージは失墜。各局が起用に二の足を踏む状態が続いている。

 そして追い討ちをかけるように6月10日、またもや『文春オンライン』が、事務所社長が所属タレントを相手に損害賠償7000万円を請求する“退所トラブル”を報じたのだった。記事によると、契約違反をめぐる双方の主張は大きく食い違い、今後は法廷で争われる見込みだ。

「ゆきぽよには関係のないスキャンダルですが、■フジとしては朝倉選手も負けた上に、さらに彼女を“出演”させて事を荒立てる必要はないと放送を切ったとも考えられます。■彼女は彼女で、せっかくの大きなネタなのに自身のSNSで全く触れていないのもこれまた不自然。こちらもまた、今なお起用してくれているスポンサーに気を使ったのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 次こそは勝利の女神になってほしい。

関連記事(外部サイト)