あべ静江『みずいろの手紙』は「男性依存の歌」と“収録拒否”、10年封印し続けた過去

あべ静江(69)

 かつて世間の注目を集めた有名人に「あのとき、何を思っていたか?」を語ってもらうインタビュー連載。当事者だから見えた景色、聞こえた声、そして当時は言えなかった本音とは?第28回は、'73年に『コーヒーショップで』でデビュー。日本レコード大賞新人賞を受賞するなど、一躍スターの仲間入りを果たしたあべ静江(69)。婚約会見直後にお相手の男性に女性トラブルが発覚するなど、世間を騒がせた事件の真相とは―。

■本当は4年制の大学に行きたかった

■「歌手デビューは乗り気じゃなかったの」

 '73年、『コーヒーショップで』で歌手デビューすると、たちまち人気歌手になったあべ静江(69)。ラジオ三重や東海ラジオの専属ミュージシャンだった父親と、専属歌手だった母親という音楽一家で育った縁で、幼いときから少女歌手としてステージに立つ。小学生になってからは、'58年に誕生した東海テレビで子役としての活動もスタートさせる。

「■当時は生ドラマしかなかった時代。リハーサルを入念に行わないといけないから、仕事が1つ決まると学校を1週間ほど休んで朝から晩まで仕事する感じでしたね」 

 中学に入ると、子役としては少し大人っぽすぎるのでは……と感じるようになり、芸能活動を一度休止することに。そして愛知の短大と同時にTTC(テレビタレントセンター)に入学。TTCを卒業した短大2年のときに、エフエム愛知と東海ラジオの新番組を担当。ラジオDJとして芸能活動を再開させる。

「4年制の大学に行きたかったのですが、父親に反対されて。短大とTTCのダブルスクール生活を楽しみました」 

 なかでも東海ラジオの番組は好評を博す。また当時の制作部長が父親のミュージシャン仲間で、少女歌手時代を知っていたこともあり、歌手デビューの話が持ち上がる。

「■歌手活動には興味がなかったのですが、“2年間の契約が終わったら辞めていいから”と説得され、デビューすることになったんです」

 デビューすると、正統派美人歌手として人気を集め、『第15回日本レコード大賞』新人賞を受賞するなどブレイク。しかし2枚目のシングル『みずいろの手紙』を発売する際には、こんな事件が。

「■歌詞を見たときに、男性に依存するような女性の歌だと感じたんです。当時は女性が社会進出したり、強くなり始めていた時期。時代にも逆行しているし、私が考える女性像とも違ったので、この曲は歌ってはいけない。私自身がこの歌に描かれている女性だと思われる……と本当に嫌で“歌いたくない!”と抵抗したんです。

■ でもレコーディング当日、大人たちに説得されて泣きながらスタジオに入って歌ったんですよ。大人たちに屈してしまった自分が悔しくて収録中も泣いていたんですが、それが結果的に歌の世界観にマッチしたみたいで(笑)。この曲で『NHK紅白歌合戦』にも出場しましたが、内心は複雑でしたね」 

■水着で歌うのが理解できなかった

 透明感のあるルックスと歌声がマッチしたこともあり、自身の代表曲に。それでもこの曲が好きになれずに、歌うことを封印していた時期も。

「■私自身がこの曲に染められていく感じがして、焦りがあったんです。しばらくして事務所にわがままを聞いてもらえるようになってからは、10年ほど封印していました」

 しかし、あることがきっかけで再び歌うことを決意する。

歌手デビュー翌年の'74年に本誌に登場。マドンナ役を演じていただけあり、アイドルのようなポーズも似合う

「■どうしても歌わなくてはいけない場があって、久し振りにお客さまの前で披露することに。すると、目の前で見ていた女性が私の歌を聴いて涙を……。

■ そのときに、発売したからには私だけの曲ではないんだと実感して。みなさんのものになっている曲を、私の気持ちだけで封印するのはなんておこがましいんだろう……と、大反省。

■ そのことに気づいてからは、求められれば、むしろ喜んで、心を込めて歌えるようになりました」

 高校時代は弁論部の部長を務めていたこともあり、デビュー当時から自分の信念は曲げなかったと振り返る。

「■当時、若い女性が意見するのは生意気だと思われる時代だったけど、そう思われてもいいと『芸能人水泳大会』に出ても、絶対にビキニは着ませんでしたね。水着で歌うのが理解できなかったので(笑)。だからセクシーに見えるグラビアも、事務所にお願いして断っていました」

 歌手デビューの翌年には女優業も開始。映画『トラック野郎・爆走一番星』やドラマ『青春ド真中!』(日本テレビ系)など、多くの人気作品にマドンナ役で出演する。

「■『トラック野郎』で菅原文太さんとご一緒したときにすごく印象に残っているのが、ロケ地でスタッフの方たちと熱く演劇論をかわしていたこと。イメージどおり熱い方なんだなと思いましたね。『青春ド真中!』は学園ドラマだったのですが、撮影後にみんなでロケ地近くのお店でご飯を食べて、本当の学校みたいで楽しかったです」

 劇中ではみんなが憧れるマドンナ役を演じていたものの、私生活では男性運に恵まれなかったようで……。

「■歌手デビュー前に交際していた男性がいました。デビュー後は寝る暇もないぐらい忙しくなり、電話をする時間があったら少しでも寝たいと思うようになってしまい……。すぐに破局を迎えました」

 デビュー後、初ロマンスを週刊誌にキャッチされたギタリストの男性とは交際会見まで行ったものの、それが原因で騒動に発展。

「■会見後、その男性とお付き合いしているという女性が次々に現れたんです。そしたら私以上にマスコミの方がその男性を許せない! とエキサイトして、大きな騒動になってしまって……。当時は、何で私以上にマスコミの方たちが怒っているんだろうと不思議な感覚でした(笑)」

'82年、初ロマンスのお相手だったギタリストとの婚約会見。これがきっかけで大騒動に発展してしまい、破局を迎えてしまった

 その後にデートが報じられた歯科医の男性とは、報道がきっかけで本格交際に至らなかったという。

「■そんなこんなで今でもおひとりさまです(笑)。でも今はいろんな生き方が容認されるようになったので、すごく生きやすくなりましたよね」

■ゲーマーなんですよ、私

 現在の楽しみは、'09年に宮藤官九郎が手がけたバラエティー番組『あべ一座旗揚げ公演 あべ上がりの夜空に』(NHK BShi)で結成された『あべ会』メンバーで集まること。

「■阿部サダヲさんなど、芸能界のあべさんが集まってまったりするだけなんですけど(笑)。コロナ禍で最近開催できていないのが残念です。あとはゲームですかね。ゲーマーなんですよ、私。RPG系が好きで、今は『ドラゴンクエストX』で初のオンラインゲームにハマっています」 

あべ静江(69)取材時に身につけていたアクセサリーは、一緒にコンサートを行うなど親交があった西城秀樹さんのロゴをあしらったグッズ

 このインタビューがデビュー49年目最初の仕事だというあべ。長い芸能生活を笑顔でこう振り返った。

「以前所属していた事務所スタッフがデビュー記念日にメッセージをくれたり、励まし合っていける仲間がいるのが私の財産。まずは元気に活動し続けて、50周年記念ライブを地元の松阪で開催するのが目下の目標ですね。

 ■もともと2年で引退するつもりだったこともあり、頑張りすぎずにここまできたのがよかったのかなと最近思うんです。今はコロナ禍で大変だと思いますが、みなさんもあまり頑張りすぎず、一緒に楽しんで長生きしましょう!」

関連記事(外部サイト)