熊田曜子、不倫疑惑と違反広告報道で窮地に「裁判はムリ」無念の“和解”か

熊田曜子

「■Aさんもこの状況に困惑しています。本人はもちろん、熊田さん、双方の親族、なによりお子さんたちのためにも早く収束してほしいです」

 そう語るのは、熊田曜子と2012年に結婚した夫のAさんの知人男性。Aさんは現在、自宅を離れ、子どもたちにも会えていないという。

「5月18日未明に、熊田さんが夫から暴力をふるわれたとして110番通報し、Aさんはそのまま暴行容疑で現行犯逮捕されました。その後、別居しながら双方が離婚に向けて動き出しています。現在も3人の子どもは熊田さんと一緒に暮らしています」(スポーツ紙記者)

 当初は“DV被害を受けたかわいそうなママ”というイメージだったが、Aさんが熊田の“裏の顔”を週刊誌で語り始めたことで、状況は一変。

「Aさんは当初から暴行を否定。実際、暴行があったとされる2日後に熊田さんは情報番組に生出演していました。その後、■彼女がDVについてのコメントを発表したのを受けて、Aさんは、他人の精液がついたと思われる熊田さん所有の大人のおもちゃや“絶対にツーショットは撮られていない”と、不倫を匂わせるような音声データの存在を告白しました。以前から彼女の不倫を疑っており、ずっと調査していたようです」(同・スポーツ紙記者)

■“元カレ”が熊田とのトラブルを告白

 さらには“熊田の元カレ”と名乗る男性も、彼女との間で起きた過去のトラブルを週刊女性で告白してくれた。

「その男性が言うには、10年ほど前に熊田さんと交際していた際、■彼女の浮気を疑って本人に問いただしたところ家から飛び出して警察署に駆け込まれたと。最終的には彼を“ストーカー”扱いしたそうです。何かあると警察を頼るところは、今回のAさんの件と重なる部分があります」(ワイドショー関係者)

問題となった商品の広告。飲むだけで10キロやせると謳っている

 こうした“反撃”により、旗色が悪くなってきた熊田だったが、さらなる火種が。

「『週刊新潮』7月1日号で、■熊田さんが景品表示法に違反したハーブ茶の広告塔をしていたことが報道されました。今回の離婚騒動と直接的な関係はありませんが、この件は“疑惑”ではなく“事実”ですからね。イメージがますます悪くなってしまいました」(同・ワイドショー関係者)

 実際、不倫疑惑報道では一貫して彼女を擁護してきた所属事務所も、この“ハーブ茶問題”でついに音を上げてしまったようだ。

「長年貢献してくれていた熊田さんだからこそ、事務所も必死にバックアップしてきましたが、さすがにこれ以上はかばいきれなくなったようですね。■周囲にも“今後、熊田がテレビに出るのはかなり厳しいと思う”と漏らしているそうです。また、彼女は6月8日を最後にYouTubeやインスタグラムをパタリと更新しなくなりました。彼女のフォロワーたちからは、心配の声も上がっています」(芸能プロ関係者)

 彼女は現在、どんな生活を送っているのか。前出のAさんの知人が、熊田の置かれている状況を話してくれた。

更新が止まった熊田の動画チャンネル。編集作業は兄が行っていた

「熊田さんにとって誤算だったのは、Aさんが録音などの決定的な証拠を握っていたことでしょう。■本来であれば、親権をすんなり獲得して、Aさんから養育費をもらいつつ“シングルママタレ”として活動していこうと考えていたようですから」

 彼女の楽観的な判断が、さらに苦しい状況を招いているようだ。

「別居後すぐに、■家賃が月40万円近いマンションを借りて新生活を始めましたが、芸能活動も暗礁に乗り上げてしまうなど、当初の予定が大きく狂ってしまいました。さらに■熊田さんは毎月100万円近くを母と兄に援助していたようです。このままではシングルマザーとして3人の娘の養育はもちろん、自身やご家族の生活も苦しくなってしまうのではないでしょうか」(同・Aさんの知人)

■夫側に“和解”をアプローチ

 万策尽きたのか、熊田はこれまで見せていた強気の姿勢を崩して方針転換を迫られているという。

「■裁判が始まっても勝つのは難しいと考えているようで、現在は夫側に“和解”できないかとアプローチを考えているそうです。これまでの報道を見る限りは、Aさんに分がありそうですからね」(同・Aさんの知人)

 実際に和解に向けて動いているのだろうか。熊田の代理人に話を聞くと、

「双方とも代理人弁護士を通じて協議をしていますので、当方からのご回答は差し控えさせていただきます」

 と、否定はしなかった。そして、情報を発信した夫に向けてこんな“牽制”のようなメッセージも。

「先方にも代理人の弁護士がついていらっしゃるにもかかわらず、ご本人がメディアを通じてさまざまなコメントを出されていることに関しては、大変困惑しております。子どもたちと平穏に生活していくことを望んでおりますので、静かに見守っていただければと思います」

6月上旬、新居から子どもを学校へ送る熊田。現在は、3人の娘と母と5人で生活している

■お互いが親権を主張している

 このままだと無念な結果に終わってしまいそうだが、現在も彼女は“最後の抵抗”を続けているようだ。

 熊田の娘が通うインターナショナルスクールの保護者が、このように語る。

「熊田さんは自分の子どもたちに■“ママはパパから叩かれて死にそうになった”とか“パパに会ってはいけない。会ったら死んじゃうかも”と話しているそうなんです。また、Aさんと仲のよかった保護者のお子さんと遊んだり、家に行ってはいけない、とも話しているといいます」

 子どもを思う気持ちは熊田もいっさい負けてはいない。このドロ沼騒動の行方はどうなるのか。

「Aさんは■“これ以上、彼女には子どもたちを任せられない”と周囲に話しています。今後、和解に向けた話し合いが行われたとしても、■親権についてはお互い一歩も譲る気はないでしょうからね。平行線になってしまう可能性は高いと思います。やはり、最終的には裁判になってしまうのかもしれません……」(前出・Aさんの知人)

 騒動以前のような状態に戻るのは難しいかもしれないが、子どもたちが笑顔になれるような結論が出てほしい。

関連記事(外部サイト)