芸能界の“ドラママニア”、ナイツ塙がガチレビュー!今からでも見るべき「夏ドラマ」

「ドラマ見てたら誰とでも会話できるよ」と話すナイツ・塙

 オリンピックが終わって、お楽しみといえば夏クールのドラマ。芸人の中で「俺がいちばんドラマを見ている」と豪語するナイツ・塙さんに忖度なしでガチレビューしてもらいました。途中見逃した人も、これから見る人も必見!

■ナイツ・塙のおすすめ「夏ドラマ」

■――ズバリ、塙さん的に今クールのイチオシドラマは?

 4thシーズンを迎えた『■緊急取調室』ですね。■今シーズンの初回ゲストとして登場された桃井かおりさんのインパクトがとにかく強かった! 主演の天海祐希さん演じる刑事・真壁有希子と犯人役の桃井さんが、取調室で10分くらいやり合うシーンがあって。そのすごさに「どこまでが台本なんだろう?」って疑問に思うほど。■ネットで調べたら「アドリブだった」と書いてあったりして、2人のハイレベルな演技力にいきなり引き込まれました。

2人のハイレベルな演技力にいきなり引き込まれた『緊急取調室』

『キントリ』は■小日向文世さん、■田中哲司さんほか、演技の上手な方ばかりなので、役者さん同士のやりとりにもしびれます。

 今シーズンは“壮大さ”もいっそうアップしているように感じています。そもそも『緊急取調室』は、取調室の中で起こる、いわゆる“シチュエーションドラマ”に分類できるんだと思っていたんですよね。取調室で、膨大な量のセリフの応酬があるっていうだけでも十分に面白いんですけど、■今シーズンは特に、取調室を飛び出したロケシーンなども秀逸で。初回では飛行機内でのハイジャックのシーンなどもそうですが、「制作陣も力が入っているな」と感じますね。

 あとは基本的には1話完結なので、1回見逃しても途中からでも見始めやすい、というのもオススメなところです。

 終盤に向けてのキーポイントとしては、■“キントリ”のチームが解散するのか否か、というところでしょうか。今シーズンは「キントリ解散まで100日」という設定でスタートして、そこが大きな軸になっています。もちろんドラマ上の大きな見どころなのですが、ここまで長いシリーズとなると、キントリが解散してドラマ自体も終わる、という可能性もありうるのかもと。ファンとしては終わってほしくないわけですが、そういった緊張感も、やはり頭ひとつ抜けた面白さにつながっていると思います。

■――ほかの推し作品は?

『■TOKYO MER』も「さすが日曜劇場」という面白さです。脚本家(黒岩勉さん)が、同じく日曜劇場の『グランメゾン東京』と同じ方で、やっぱり間違いないですね。救命救急のプロチームが事故や災害、事件の現場に駆けつけて命を救っていくというドラマなんですが、例えば第2話では鉄骨落下事故とお祭り中の神社の境内での爆発事故、2つのエピソードが盛り込まれているんですね。どちらか1つだけでも十分見ごたえがあるのに、2つ盛り込むというところがすごいなと。

 それと、毎回救命に成功したあとに「■死者は……ゼロです!」■という決めゼリフがあるのもいい。“パッケージ感”というか。『キントリ』だと最後に中村静香ちゃんが働いている居酒屋のシーンで終わる、とか。そういうキャッチーさとか安定感のあるものは、ドラマを見る楽しみになりますね。

現在31本視聴中、芸人でも屈指のドラマ好きなナイツ・塙

『■ハコヅメ』は今期のドラマ満足度で1位になっていましたね。このドラマはリアルなところと、ファンタジーなところが、ちょうどいい塩梅でやっているのがいいなと。■漫画の原作者がもともと交番勤務の方だったから、「そんなことねーだろ!」ってこともなく。でも笑うとこは笑わせてくれる。全部が全部リアルになりすぎちゃうと、ドラマって盛り上がらないじゃないですか? そのさじ加減が絶妙。

 同じく日テレでやっていた『■親バカ青春白書』では親子役だったムロツヨシさんと永野芽郁ちゃんが再共演していて、今回とどこか似たムードですよね。ちょっとホッとするような、■昭和の空気感がするというか。視聴者は永野芽郁ちゃん演じる新米警察官が成長していく姿を見守っていく楽しみがありますね。

■ フジテレビの『ナイト・ドクター』は月9特有のチーム感みたいなものを出すのがすごく上手だなと。みんなそれぞれの個性があって、ひとりひとりバラバラなんだけど、最後ひとつにまとまっていく、みたいな。■医療系でフジだとだいたい間違いない。『■ラジエーションハウス』も好きだったので、今後も楽しみ。あとキンプリの岸君が「いい味出してるな、渋い顔つきをしていていいな」と思いながら見ています。

 恋愛系ドラマで気になるのは深夜枠でしょうか。今期だとMBS『■初情事まであと1時間』。要するに初めてセックスするまでの1時間前からを描くドラマですが、いい意味でエロくて、ドキドキするんですよね。毎回1話完結のオムニバスで、例えば、童貞と処女のカップルだったり。第3話は松雪泰子さんと大森南朋さんだったり。すごい見たいじゃないですか! 毎回設定が斬新で、女優さんも下着姿になったりと攻めていて。でもなんかいやらしくない、素敵なドラマなんです。

 ほかにも同じく深夜枠で、キスマイの北山君が主演の『■ただ離婚してないだけ』が怖くって、面白い。北山君の奥さん役の中村ゆりさんがもう、すごくかわいそうな役なんですよ。でも、同じく中村ゆりさん主演のBSテレ東『■今夜はコの字で』が再放送中で。コの字型のカウンターの店で人間模様が起きるっていうドラマなんですが、中村ゆりさんが楽しそうに飯食ってて。『ただ離婚〜』を見たあと『コの字』を見るとプラマイゼロになる。そんな楽しみ方もオススメです(笑)。

 その『コの字で』や今期の『■孤独のグルメ』、『■サ道』などのテレ東のドラマは、飲食店や銭湯など実在の店でロケする手法を確立していて、好きですね。安っぽいセットよりは、ロケのほうが見ているほうも気分が入り込める。きっと予算が限られる中でも工夫されているんでしょう。細部まで楽しめます。

■――たくさんのドラマを見ていてよかったことは?

 誰とでも会話ができるっていうのはありますね。ドラマって、なにかしら見てる人が多いから会話が続く。僕の場合、ドラマを見るまでは相撲と野球しか話題がなかった。だからドラマをたくさん見ることによって、若い女性と話すきっかけができましたね。ドラマの話題がツールなの。

 そもそもドラマを見るようになったのはテレ朝の『■警視庁・捜査一課長』シリーズへの出演がきっかけ。内藤剛志さんや斉藤由貴さんと話す機会ができたものの、映像作品への造詣の深さについていけなくて。でも今から昔の作品を追いかけたって、絶対追いつかないんですよ。だったら今やってるやつを全部見ようって。

 自分もドラマに出るようになってわかったのが、多くの人が携わって、みんなが魂込めているということ。だから、初めは「ちょっと面白くないなこのドラマ」って思ってても、中盤くらいから面白くなるし、愛着もわいてくる。結局最終回まで全部見て、よかったなってなる。

 名作ぞろいの夏ドラマ、途中からでもいいから見ないとホントにもったいないって思いますね。

PROFILE●塙 宣之(はなわ・のぶゆき)●漫才コンビ・ナイツを土屋伸之と結成、『M-1グランプリ2008』で決勝に進出。『お笑いホープ大賞』等、多くの賞を受賞。現在、31本のドラマを視聴中!

■まだまだ「夏ドラ沼」にハマれる! 注目リスト!

■『TOKYO MER〜走る緊急救命室』(TBS系)【日曜/21時〜】

「日曜劇場」初主演の鈴木亮平が、救命救急のプロチーム「TOKYO MER」のチーフドクター・喜多見幸太を熱演。医師でありながら厚生労働省の官僚でもある医系技官、音羽尚(賀来賢人)と対立しながら切磋琢磨していく。研修医役の中条あやみ、「TOKYO MER」の創設者である東京都知事役の石田ゆり子、看護師役の菜々緒も出演。

石田ゆり子演じる東京都知事・赤塚梓の肝いりで発足した「TOKYOMER」。事故現場をMERチームが死者ゼロで解決後に、赤塚都知事が「よっしゃー」と喜ぶポーズが人気を博している。

■『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)【月曜/21時〜】

 夜間救急専門のチーム“ナイト・ドクター”結成のために集められた医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら、絆を紡いでいく青春群像医療ドラマ。主人公・朝倉美月を波瑠が演じ、田中圭、岸優太(King & Prince)、北村匠海、岡崎紗絵が美月の同僚医師、沢村一樹が彼らの指導医に扮する。

「いつでも、どんな患者でも絶対に受け入れる」という強い信念を持つ医師という役どころの波瑠。熱血刑事が当たり役だった『未解決の女警視庁文書捜査官』(テレ朝系)など、“新・お仕事ドラマの女王”の呼び声も高い。

■『プロミス・シンデレラ』(TBS系)【火曜/22時〜】

 橘オレコによる同名漫画を二階堂ふみ主演でドラマ化。人生崖っぷちのアラサー・桂木早梅(二階堂)と、金持ちでイケメンだが性格サイアクの男子高校生・片岡壱成(眞栄田郷敦)が金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げるラブコメディー。壱成の兄、片岡成吾(岩田剛典)との三角関係も見どころ。

■『ハコヅメ 〜たたかう! 交番女子〜』(日本テレビ系)【水曜/22時〜】

 元警察官の泰三子によるコミック『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』原作。戸田恵梨香と永野芽郁のダブル主演。ある理由で交番に異動してきた元エース刑事・藤聖子(戸田)、新米警察官・川合麻依(永野)の凸凹コンビによる交番エンターテイメント。

戸田とのW主演で、交番勤務の新米警察官・川合麻依を演じる永野芽郁。愛され系天然キャラの川合と先輩の藤の最強ペアが繰り広げる交番勤務の日々は、見逃せない。

■『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京ほか)【水曜/24時〜】

 本田優貴の漫画原作。結婚生活7年目にして、“ただ離婚していないだけ”の冷え切った夫婦を描く不倫サスペンス。主人公のフリーライター・柿野正隆を演じるのはKis-My-Ft2・北山宏光。新聞配達員の若い女性、夏川萌(萩原みのり)と不倫をし、最悪の事態を招いてしまう。また、正隆の妻で小学校教師の柿野雪映は中村ゆりが演じる。

■『緊急取調室』(テレビ朝日系)【木曜/21時〜】

 たたき上げ取調官・真壁有希子(天海祐希)が警視庁捜査一課・緊急事案対応取調班(キントリ)メンバーと、凶悪犯との心理戦を繰り広げる刑事ドラマの第4シーズン。今作では冒頭で「キントリが9月末で解散すること」が判明。「部署消滅まで残り100日」というタイムリミットの中、キントリのメンバーは真摯に事件と向き合っていく。

■『初情事まであと1時間』(毎日放送ほか)【木曜/24:59〜】

 ノッツ原作による同名漫画原作。恋人たちが初めて結ばれるまでの直前1時間を描く恋愛オムニバスドラマ。性行為の1時間前に物語が開始され、始まる直前で物語が終わるストーリー。演出を手がける橋口亮輔、三浦大輔、大九明子、谷口恒平らが、それぞれのSEX事情を通して濃密な人間模様を描く。

■『#家族募集します』(TBS系)【金曜/22時〜】

 3か月前にシングルファーザーとなった赤城俊平(重岡大毅)は、5歳の息子の子育てに苦戦中。偶然再会した幼なじみの小山内蒼介(仲野太賀)のおせっかいに巻き込まれ、小学校教師のシングルマザー・桃田礼(木村文乃)、子持ちで夢を追うシンガー・ソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきの)との、大人4人と子ども3人の共同生活をスタートさせる。

■ドラマ24 『孤独のグルメseason9』(テレビ東京ほか)【金曜/24:12〜】

 久住昌之原作の同名漫画原作、松重豊主演のグルメドキュメンタリードラマの第9シーズン。主人公・井之頭五郎(松重)が営業先で見つけた食事処に自由気ままに立ち寄り、食事を堪能する姿を描く。今作ではコロナ禍で注目される五郎の“独り飯”をさらに掘り下げて展開。かつて五郎が訪れた店への再訪なども見どころ。

■ドラマ25 『サ道2021』(テレビ東京系)【金曜/24:52〜】

 タナカカツキによる同名原作漫画“サウナの伝道漫画”のドラマ新シリーズ。ナカタアツロウ(原田泰造)、偶然さん(三宅弘城)、イケメン蒸し男(磯村勇斗)ら、個性豊かなサウナ好き(サウナー)の面々が、コロナ禍で一変した自粛ムードの中でもサウナ生活を再開。サウナ談議に花を咲かせる。

(取材・文/松家寛子)

関連記事(外部サイト)