ハリー王子、またひと悶着の予感?自伝本出版を発表! 海外セレブ「最新ゴシップ」4選

イラスト/高松啓二

 世界的に大人気な有名セレブは言うこともやることもケタ違い!? 思わず誰かに言いたくなる、ニュースやウワサまで、現地からフレッシュでホットなネタをお届けします。ハリー王子にジョニー・デップの元妻、ブラピなど、今回も“お騒がせセレブ”が続々!

■ハリー王子、自伝本の出版を発表

イラスト/高松啓二

 妻メーガン・マークルと英国王室を離脱して以来、お騒がせ続きのハリー王子(36)が、今度は自伝本を出版すると発表した。アメリカの大手ペンギン・ランダムハウスから、来年後半に出版されるとのこと。

■「王子としてではなく、今の自分として書く」ものだとのことで、人生で起きたよかったこと、悪かったこと、学んだことなどに触れていくという。■ハリー王子は、自伝を書くことを王室に伝えはしたが、許可を求めてはいないそうだ。

 メーガンとハリー王子は、今年3月に受けたテレビのインタビューで、王室内で人種差別があったことなどを暴露し、世界中を騒がせた。その後にも、ハリー王子はApple TV+の、心の健康についてのドキュメンタリーに出演、王室にいたころの苦しさを語っている。この本で、またひと悶着起きそう?

■●ハリー王子
 故ダイアナ元妃の次男。正式な名前はヘンリー・チャールズ・アルバート・デビッド。2016年にアメリカ人女優メーガン・マークルと交際を始め、2018年に結婚。2019年に長男、今年6月に長女が誕生した。

■レネ・ゼルウィガーに新恋人

イラスト/高松啓二

 レネ・ゼルウィガー(52)に、新恋人ができた。お相手は、イギリス人のテレビ番組ホスト、アント・アンステッド(42)。■出会いは今年6月、レネが彼の新番組「Celebrity IOU:Joyride」に出演したこと。ふたりはすぐに意気投合し、交際が始まった。

 レネはすでに自分の持ち物を彼の家に持ち込んでおり、■事実上、すでに同棲生活が始まっているようだ。アントは昨年秋に前妻と破局、今年に入って離婚をしたばかり。元夫妻の間には子どもが1人いる。レネは2005年、歌手のケニー・チェズニーと結婚したが、4か月で破局した。ほかに、ジム・キャリー、ブラッドリー・クーパーなどとも交際歴がある。

■●レネ・ゼルウィガー
 テキサス州生まれ。『ザ・エージェント』でトム・クルーズの相手役に大抜擢され、ブレイクを果たす。『コールド・マウンテン』と『ジュディ 虹の彼方に』でオスカーを受賞。

■ジョニー・デップの元妻アンバー・ハード、母になる

イラスト/高松啓二

 ジョニー・デップの元妻アンバー・ハード(35)が、母になった。赤ちゃんに父親はおらず、シングルマザーだ。

■ 妊娠したという噂もなかったのに、いつの間に?と思ったら、代理母を使っての出産とのこと。

 生まれた子どもは女の子で、名前はウーナ・ペイジ・ハード。■4月8日に生まれていたが、ソーシャルメディアで発表したのは7月。子どもが欲しいと思い始めたのは4年前、つまり、ジョニーに離婚を突きつけた後だ。

 離婚自体は2017年1月に成立しているが、その後も醜い争いは続き、来年にもまだジョニーがアンバーに対して起こした名誉毀損裁判が控えている。すべてが落ち着くころ、この子はいくつになっているのやら。

■●アンバー・ハード
 テキサス州生まれ。高校を中退し、女優を目指してLAに移住。バイセクシャルであることを公にしている。出演作に『マジック・マイクXXL』『リリーのすべて』『アクアマン』など。

■ブラピとアニストン、元サヤを望むファン多し!

イラスト/高松啓二

 元夫婦ブラッド・ピット(57)とジェニファー・アニストン(52)が、またもや親密な仲になっているようだ。

 ■ジェニファーの誕生日パーティーにブラッドが出席したり、コロナ前に行われた昨年の映画俳優組合賞授賞式で、ふたりが会話をしている写真がメディアをにぎわせたりするなど、復活の気配は以前からささやかれていたが、最近の報道によると、実際、ふたりは時々カジュアルなセックスもする関係になっているとのこと。

 ■ただし、今の関係が心地よいようで、ここから先に進めるつもりはないようだ。ブラッドとジェニファーは2000年に結婚、2005年1月に破局。ブラッドはその後アンジェリーナ・ジョリーと、ジェニファーはジャスティン・セローと再婚して離婚した。いろいろあったけど、お互いやっぱりこの人だった?

■●ブラッド・ピット
 オクラホマ州生まれ。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でオスカー助演男優賞を受賞。アンジェリーナ・ジョリーとの間に実子3人、養子3人を持つが、離婚後の親権争いはまだ続いている。

〈取材・文/猿渡由紀〉
 LA在住映画ジャーナリスト。女性誌編集者(映画担当)を経て渡米。LAをベースに、ハリウッドスター、映画監督のインタビュー記事や、撮影現場レポート記事、ハリウッド事情のコラムを、多くの雑誌や新聞、ウェブサイトに寄稿。米女性映画批評家サークル(WFCC)会員。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

〈イラスト/高松啓二〉
 映画をこよなく愛する、30年以上のキャリアを持つイラストレーター。独特で繊細なタッチで描かれた雰囲気のある映画スターのイラストやペーパークラフトで、映画雑誌や書籍の表紙を多く飾る。雑誌、ウェブサイトなどでイラストコラムを執筆中。似顔絵教室の講師なども行っている。

関連記事(外部サイト)