宮迫博之に「またも嘘発覚」か、YouTubeの反論動画と食い違う“関コレの言い分”

元雨上がり決死隊・宮迫博之がFRIDAYの記事に反論 宮迫の言い分と食い違う証言も

記事まとめ

  • 元雨上がり決死隊・宮迫博之は『関西コレクション』に出演するなど、活動を続けている
  • その関コレ出演時に宮迫博之サイドが撮影許諾に関する返事をしなかったと報じられた
  • 宮迫博之は反論したが、関コレ側の説明が反論内容と食い違っているという

宮迫博之に「またも嘘発覚」か、YouTubeの反論動画と食い違う“関コレの言い分”

『FRIDAYデジタル』の記事に反論した宮迫博之(本人YouTubeチャンネルより)

 雨上がり決死隊が解散を発表。残念がるファン以上に非難の声が続出し、YouTubeの動画配信休止宣言から1週間での再開については芸人仲間からも、「いくらなんでも早くないか」という声が上がるなど、何かと叩かれ続けている宮迫博之。

「何をやっても叩かれる」、というより「叩かれることしかやってない」ようにもみえるが、9月5日、大阪で行われたファッションイベント『関西コレクション2021A/W』に出演したり、翌6日にはメンズ脱毛サロン『メンズクリア』の新商品発表会に出席するなど、精力的に活動を続けている。だがここでまた一悶着が……。

■記事内容を訂正して

 9月6日に『FRIDAYデジタル』によって出されたのは■《宮迫博之「関コレ出演シーン」がテレビでは流れなかった背景》と打たれた記事。

 それによれば、『関コレ』は公式カメラでイベントの様子を映像で収録し、テレビ局に配る予定だった。しかし宮迫サイドが、出演した部分の映像をチェックし、『場合によっては使用をNGとさせてもらう可能性もある』と注文をつけたとあり、結局、深夜になっても撮影許諾に関する返事がなかったと書かれている。

 この報道に宮迫が反論した。9日、YouTubeに動画をアップし、

《■僕らチームに“使っていいですか”って連絡は来てたんですけど、『関コレ』の後も撮影をしてまして。(返事を)すぐに返さなきゃダメだったんですって。2、3時間後に気づいて、あわてて返したんですけど手遅れで。返事がないから、(関コレからテレビ局に)“使えないですよ”って言っていただいたんだと思うんです。それで僕の映像が使えなかったんですって》

 と経緯を説明。そして、『深夜まで連絡がこなかった』ことに対しては、撮影者のスタッフが「1点、訂正させていただくと」と断ってから、「■そんなことはなくて、2~3時間のあいだの話。ちょっと誇張されている部分はあるかなとは思います」と話し、それには宮迫も「それはもうあるあるです」とうなずいた。

■返信は「深夜の2時だった」

 実際に現場ではどのようなことが起こっていたのだろうか。イベント関係者は当日の内情をこのように話す。

「■宮迫さんサイドへの“映像確認メール”は『関コレ』側が、夕方前に送ったと聞きました。しかし、2〜3時間どころか21時になってもそちらからの返事はなかったので、映像を流す予定だったテレビ局のほうには一旦、“まだ宮迫さんからの許可が下りていません”と伝えたんだとか。

■ そこからも返信を待ったのですが、深夜1時になっても戻りがなかったので、再度、局のほうに連絡を入れて、“映像の使用はナシで”と伝えたみたいです。ようやく宮迫さんサイドから連絡がきたのは午前2時ごろだったそうです」

 動画内で宮迫は返事が遅れたことに関して謝罪をしてはいるが、“映像のチェックがこの日にある”と知っていたならば、もう少し柔軟な対応をみせてほしかったところだろう。

「■宮迫さんは注目度が高いので、何か発信する度にそれが取り上げられニュースになります。最近は自身に関連したネットニュースに対して反論をするケースも多く、そういった動画は再生回数も伸びていますね。自分のメディアを持ち、反論の場があることをありがたいとおっしゃっていた彼ですが、記事と本人の言い分、どちらが正しいのかははっきりとわからない、プロレスのような感覚を覚えます」(ネットニュース編集者)

 取り上げる媒体、それに動画で反論する宮迫、そしてそれを消費する視聴者(読者)、エンタメとしては“win win win”な関係ということか──。

関連記事(外部サイト)