ジャニーズで一番好きな“リーダー”は誰? 嵐・大野智を抑えて1位に輝いた「絶妙な距離感の人」

嵐のリーダー・大野智

 ジャニーズの各グループにおける“リーダー”の形はさまざま。坂本昌行(V6)のようにメンバーをまとめ上げるタイプもいれば、城島茂(TOKIO)のようにいじられキャラ的ポジションにつくタイプ、天然キャラが揃うグループを超天然が仕切っている岸優太(King & Prince)など、それぞれグループの“色”が出ている。

 そこで今回、「■ジャニーズで一番好きなリーダーは?」と題したアンケートを実施。幅広い年齢層の男女1000人に回答してもらった。(※解散したSMAPやV6、リーダーもしくはまとめ役も含まれています)

■■第3位:大野智(嵐)

 第3位は、人気絶頂の中、2020年12月31日をもって活動を休止した「嵐」のリーダー・■大野智(41)。

 大野が他のメンバー4人に「■一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」と思いを明かしたことで休止となったのだが、記者会見ではメンバー全員が笑顔を覗かせる和やかなムードであった。

 さらに、休止後は芸能活動も自粛すると発表した大野に対し、Twitterではファンによる「■#大野くんの夏休み」というハッシュタグが生まれた。

「休止」というファンにとって酷な決断を下した大野だが、なぜ批判が少なかったのか。今回集まったコメントには、

「■メンバーみんなにもファンにも愛されているから」(10代・女性)

「■愛されキャラの大野くんはとても面白いから好き」(40代・女性)

「人■気絶頂の嵐のメンバーをまとめられるのは大野くんだけ」(20代・女性)

 などの理由が挙がった。

 メンバーやファンに愛されるリーダー・大野。今や「嵐のリーダーは大野くん」という確固たるイメージが付いているが、リーダー決めは櫻井翔とのジャンケンで決まったというのは有名な話。

『少年隊夢』(フジテレビ系)という番組にデビュー前の嵐が出演した際、大野以外のメンバーはリーダーに大野を指名、しかしリーダーになりたくない大野は櫻井を指名。2人でジャンケンをし、大野が勝利したのだが、東山紀之から「■勝ったあなたがリーダーよ」と言われ、リーダーとなったのだった。

 当の本人は「#大野くんの夏休み」を満喫中だろうか。

■■第2位:城島茂(TOKIO)

TOKIOのリーダー城島茂

 ジャニーズで「リーダー」と言えば“この人”。TOKIOの■城島茂(51)が第2位にランクイン。メンバーだけでなく、ジャニーズ以外の共演者、またファンにも「リーダー」と呼ばれ親しまれている。

 ここまで慣れ親しまれていても城島がリーダーになった理由を知らない人や、「最年長だから」だと思っている人も少なくないのでは?

 実はTOKIOもまたジャンケンでリーダーを決めている。

 結成して間もない頃、ちょっとしたことでケンカになるメンバーを見た植草克秀が「■リーダーが居ないからケンカになる。リーダーを決めろ」と言ったことがきっかけで、ジャンケンを実施。

 その結果、城島に決まったのだが「■メンバーをまとめるリーダーではなく“リーダー”というアダ名」とのことだ。

 寄せられたコメントには、

「■メンバーの不祥事でも厳しいことが言えるのはリーダーとして最適」(30代・男性)

「■リーダーといえば城島!」(40代・女性)

「■リーダーは元々ニックネーム的なものだったようですが、今では貫禄も実力も兼ね備え立派なリーダーといえると思います」(60代・男性)

「■年齢的にも落ち着いていて頼れるリーダーとしてふさわしいと感じる」(50代・女性)

 という理由が挙げられた。

■■第1位:中居正広(SMAP)

中居正広

 錚々(そうそう)たるメンバーを抑えて1位に輝いたのは、2016年12月31日をもって解散したSMAPのリーダー・■中居正広(49)。人気絶頂のSMAPを、1988年の結成時から28年間まとめ上げてきた。解散から6年が経とうとしているが、今でも再結成を望む声が後を絶たない。

 アンケートのコメント欄には、

「■個性豊かなメンバーと絶妙な距離感を保ちながら、リーダーを何年もつづけられたのは中居くんだから」(40代・女性)

「■貴重な個性のあるメンバーを尊重し、束ねていると思っていた」(70代以上・女性)

「■個性の強い4人をまとめ、長い間、第一線でSMAPが活躍できたのは中居くんの力」(60代・男性)

 アンケートのコメントからも彼のリーダーとしての手腕が認められていたことがわかる。

 中居がリーダーになったのは「最年長」という理由から。しかし、前に立って引っ張ってきたタイプではないというのは、中居自身が分析している。

 2021年10月に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)でEXILEのHIROと対談した際、「現役でリーダーをやってきた時は先頭に立って背中を見せてきた」というHIROに対し、中居は「■僕は別に自分がリーダーっていうのは(思っていなくて)、ずっと後ろにいるタイプ」と自身の立ち位置を分析。

 さらに「ずっと(メンバーの)速度と歩幅を見ておかないと心配なタイプ。たまに前に行っても、やっぱり振り返りながら見ちゃう感じですね」と言い、「“背中を見ろ”なんて(言えない)」とも話していた。

 TOP3に並んだ名前を見ると、先頭に立って引っ張っていくよりも、後ろでどっしりとメンバーを見守り支えるリーダーが多いよう。おかげで他のメンバーの個性が伸び、ファンを魅了するグループへとなっていったのだろう。

 今年11月にデビューしたばかりの「なにわ男子」リーダー・大橋和也(24)もまた「プリン食べすぎてお尻プリンプリン!」という自己紹介で、さっそく独自性を発揮している。これからどんなリーダー、そしてグループになっていくのか期待したい。

■【ランキング結果】
《1位》中居正広(SMAP)272票
《2位》城島茂(TOKIO)263票
《3位》大野智(嵐)204票
《4位》岸優太(King & Prince)42票
《5位》坂本昌行(V6)41票
《6位》大橋和也(なにわ男子)40票
《7位》中島健人(SexyZone)27票
《8位》北山宏光(Kis-My-Ft2)24票
《9位》松村北斗(SixTones)20票
《10位》中間淳太(ジャニ−ズWEST)17票
《11位》上田竜也(KAT-TUN)16票
《12位》河合郁人(A.B.C-Z) 13票
《13位》小山慶一郎(NEWS)12票
《14位》薮宏太(Hey! Say! JUMP)4票
《15位》岩本照(Snow Man)5票

『週刊女性PRIME』調べ、セルフアンケートツール『QiQUMO』を使用。
実施機関:クロス・マーケティング(https://www.cross-m.co.jp/)

関連記事(外部サイト)