渡部建「豊洲バイト」にこっそり復帰!佐々木希と弾丸ツアー「鳥取かに三昧」を堪能

渡部建

■《インスタが不正ログイン被害》

 12月7日、そんな見出しで久しぶりにネットニュースをザワつかせたのは、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建。自身の公式アカウントが何者かによって“乗っ取られてしまった”というのだ。

「あたかも渡部さん本人が投稿したように装って、カタコトの日本語で仮想通貨への投資に勧誘する不審なメッセージが投稿されたんです。実は渡部さんがアカウントを乗っ取られるのはこれで2度目。

 10月にもやられていて、いずれも海外から不正アクセスされてパスワードを破られてしまったようです。異変に気づいた渡部さんの所属事務所がすぐに対応をして、その日のうちに無事に解決しましたけど、■ホントにあの一件以来、弱り目に祟り目というかツキがないというか……」(スポーツ紙記者)

■芸能界からも気持ちが離れて

“あの一件”─前代未聞のスキャンダル“多目的不倫”で日本中から大バッシングを浴びた渡部が表舞台から姿を消したのは、もう1年半も前のことだ。

「発覚から半年たった昨年12月にようやく謝罪会見を開くも、完全に遅きに失しました。“禊”もすませないまま、人気バラエティー番組でしれっと復帰するプランだったということが判明してしまって、逆に世間の怒りに油を注いで大炎上。復帰を画策したテレビ局にまで批判が殺到して、結局、復帰話は飛んでしまいましたから」(同・スポーツ紙記者)

 会見からちょうど1年たつも、いまだに休業中。仕事はおろか、人目につくことも避ける生活を続けている。

「渡部さんの日課は、お子さんの幼稚園への送り迎えくらいで、それ以外はほとんど自宅にこもりっきり。今年の初めには、東京の豊洲市場にある鮮魚仲卸業者でアルバイトをやっていたんですが、それも人目を気にしてか長続きしなかったですし。

 ■復帰への道筋が見えない中で、芸能界からも気持ちが離れつつあると聞きました。相方の児嶋一哉さんとも、ここ最近はまったく連絡を取っていないそうですよ」(テレビ局関係者)

 そんな夫を、騒動後も変わらず支えているのは妻・佐々木希である。

■「タダ」でお手伝い

「周囲の視線もあったでしょうに、それでも気丈に仕事をこなして。年明けからは、秋元康さん企画、原作の連続ドラマ『ユーチューバーに娘はやらん!』に主演することが決まっていて、今は撮影の真っ最中。

 希さんにとってラブ・コメディーはほぼ未経験だったんですが、それでもオファーを受けたんです。■一家の大黒柱として“私が働いて稼がなきゃ”という意識がやっぱりあるんでしょうね」(同・テレビ局関係者)

佐々木希

 けなげな妻に、いつまでも“おんぶに抱っこというわけにはいかない”と渡部も思ったのかもしれない。

 長い引きこもり生活に変化があったのは、新型コロナ対策の緊急事態宣言が明けた11月のこと。渡部が豊洲市場でのアルバイトを■「こっそり再開している」というのだ。市場関係者が語る。

■「2月に勤めていたところと同じ店でやっているよ。あっという間にみんなにバレちゃってから、全然来なくなったので、てっきり辞めたと思っていたんだけど、11月のある朝、急に店にやってきたみたい。従業員も復帰すると聞かされていなかったから“びっくりした”って」

 前回のように、毎週決まった曜日に働きにくる、というわけではないらしい。

「■先月は数日、今月は1日だけ働きにきたって。また見にくる人が増えちゃうと店に迷惑をかけるから、あえて不定期にしてるみたい。コロナも収まってきた年の瀬だから、豊洲も忙しくて、どこも人手が欲しい時期。

 知り合いだっていう社長さんが渡部さんに声をかけたんじゃないかなぁ。■でも渡部さん、アルバイト代をもらっていないんだって。ホントにタダで“お手伝い”に来ているんだって」(同・市場関係者)

 近隣業者の従業員も、底冷えする冬の市場内で黙々と作業する渡部を目撃している。

■「夜中0時から朝8時までずっと立ちっぱなし、動きっぱなし。店に魚が届くと、彼が真っ先に“入りました!”と大声で知らせてますね。自分からはほとんどしゃべらないみたいだけど、店の人間が“渡部さん、コロナのワクチンは打ったの?”と聞いたら、元気よく“2回打ちましたから大丈夫です!”って。とにかくまじめそのものですよ。テレビのイメージと大違いで、見直しちゃったよね」

 社会復帰に向けて再び動きだした渡部に、佐々木は“ご褒美”を用意していた。

「■11月の終わり、ドラマ撮影がパンパンに詰まったスケジュールの合間を縫って、鳥取へ家族旅行に行ってきたそうなんです。親しい友人も一緒に、みんなで松葉がにを食べに行ってきたんだって。

 それも、かに漁が解禁になるタイミングに合わせて、『ミシュラン』で“2つ星”をとっている超有名かに料理店を希ちゃん自ら予約したそうです。弾丸ツアーだったみたいですが、“かに三昧”を渡部さんもすっかり楽しんだみたい」(芸能事務所関係者)

■佐々木希がエコノミー!?

 羽田から鳥取へ向かう飛行機で、渡部一家と乗り合わせたという乗客が語る。

「渡部さんも希さんもキャップを深くかぶってマスク姿でしたね。コロナ禍でほかの乗客もみんなマスク姿でしたから、気づいている人はほとんどいなかった。渡部さん、それでも周りの目が気になるのか、しきりに周囲をキョロキョロして、警戒している雰囲気でしたけどね」

 渡部の警戒っぷりは機内での座席位置にも表れていた。

11月29日付の佐々木希のインスタにも鳥取旅行が投稿されていたが、渡部建の姿&記述はナシ

「子ども連れなので渡部さんたちは一般客よりも先に優先搭乗していったんです。■芸能人だしお子さんも一緒だから、てっきり搭乗口に近くて座席間隔もゆったりしている“プレミアムクラス”の席に座るんだろうなと思っていたんですが、見たら、渡部さんたちは飛行機のいちばん後方のエコノミークラスに、ひっそりと座っていたんですよ」(同・乗客)

 え!? あの佐々木希がエコノミー!?

■「ほら、国内線って機内前方のプレミアムクラスの席に座ると、後から乗ってくる乗客が自分たちの席のすぐ横を通っていくじゃないですか。そうすると全員にもれなく見られてバレやすい(苦笑)。それだけ気にしていたんでしょうね。鳥取で降りるときも、いちばん最後でしたから」(同・乗客)

 それでも、渡部は少しずつ、家族との幸せな日常を取り戻しつつあるようだ─。

関連記事(外部サイト)