SixTONESに聞いた「恋人がしてくれたらうれしいこと」、“料理”と即答で答えたのは?

SixTONES

 デビュー2年目となった昨年、初のアルバム『1ST』に続き、シングル『僕が僕じゃないみたいだ』、常田大希(King Gnu/millennium parade)による提供曲『マスカラ』と、リリースした作品がどれもオリコンなどの首位を獲得。音楽シーンを賑わせたSixTONES。

■ジェシー「すごく充実した1年でした。グループだけじゃなく、個々での仕事もあって」

■田中樹(以下、田中)「ドラマや映画、バラエティー番組など、たくさん呼んでいただけましたね」

■高地優吾(以下、高地)「コロナ禍ということもあって、無観客の配信ライブも経験しました。客席にお客さんがいるありがたみを改めて感じて、初心に帰ることができたと思います」

■京本大我(以下、京本)■「デビュー1年目は、とにかくがむしゃらに突っ走っていたけど、2年目となった昨年は少し冷静になれたかなと。ひとりひとりがそれぞれの仕事で結果を出し、グループとしての深みをつくる作業ができた年でした」

 京本の言葉に5人も深く頷き、個人の活躍をグループに還元できたという手応えがあったと話す。

■間もなくデビュー3年目!

 1月22日にデビュー3年目に突入する6人。その幕開けを飾るような2枚目のアルバム『CITY』を1月5日に発表。タイトルに込められた思いを聞くと、

■松村北斗(以下、松村)「もともと、僕たち6人はジャンルレスな音楽活動をしていきたいという思いがあって。■いっけん、無関係に見えるものたちも“SixTONES”というフィルターを通して見たらひとつにまとまる。それを“街”にたとえています」

■森本慎太郎(以下、森本)「アルバムにはいろんなジャンルの曲が入っているので」

■ジェシー「このアルバムで作り出すSixTONESの“街”に遊びに来てくださいってことですね」

 アルバムのリード曲『Rosy』は、1月7日から公開される映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の日本語吹き替え版主題歌。映画のために書き下ろされたロックナンバーで、スパイダーマンの動きとリンクした振り付けにも注目が集まっている。

■高地「とても疾走感のある楽曲。主題歌になることを事前に聞いていたので」

■森本「高地だけが知ってたみたいです」

■ジェシー「僕たちはみなさんと同じタイミングで知ったから」

■高地「いやいや、みんな聞いてたよ!!」

■田中「高地のご両親が関係者なんだっけ……?」

■高地「信じちゃうから!! こういうところから噂って始まるんだから!!」

■森本「ははは。イントロから惹きつけられる感じになっていると思います」

■松村「海外にはあまりない、日本が誇るジャンルの音楽だなと思いました」

■ジェシーがハルクに憧れる理由

 映画『スパイダーマン』シリーズはもちろん、『アベンジャーズ』や『アイアンマン』など、マーベル・スタジオの作品には昔からなじみがあるという6人。

■京本「僕は全作品見てます!!」

■田中■「大我は本当にオタクで、ほかはどっちかといえばミーハー寄りかな。“アベンジャーズが話題だ”って言われたら見に行く感じで」

■高地「僕はいろいろと大我に教えてもらって」

■森本「マーベル作品に関しては京本が師匠で、高地が弟子みたいな関係です」

■京本「作品を時系列に並べたリストを渡して」

■高地「全部そのとおりに網羅しました!! CSのチャンネルも契約して。キャラクターでいえば、ドクター・ストレンジが特に好き」

■ジェシー「俺は『ハルク』が好きだし、ハルクになりたい!!」

■京本「俺はロキ(マイティ・ソーの義弟)をずっと推してる。あと、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のグルートも。リミックス作品で子どもになったベビー・グルートってキャラがいるんですけど、等身大のフィギュアを持ってます」

 SixTONESの中の“ヒーロー”は誰か聞くと、

■高地■「やっぱりジェシーですね。包容力があって、まわりの人たちみんなに優しいから」

■松村「ほんと、優しいよね」

■森本「いつも“優しい”って言われすぎてストレスが発散できないから、ハルクになりたいの?」

■ジェシー「ははははは」

 終始、笑い声の絶えない6人。ニューアルバムを引っさげた全国アリーナツアー『Feel da CITY』もスタートし、昨年に続き充実した1年になりそうな彼らに、今年のグループのキャッチフレーズを聞くと、

■高地「“猛進”で!! 笑顔で進もう、猪突猛進」

■田中「キャッチフレーズってより、四字熟語じゃん(笑)」

■高地「この勢いのまま止まりたくないって意味を込めてね。インスタグラムやYouTubeなどSNSを通して、毎日のように動いているSixTONESをみなさんに届けたいと思っています。なので、“猛進”で!!」

■松村「ずっと動き続けるって意味では、(回遊魚の)マグロでもいいよね」

■ジェシー「じゃあ、TUNAでいいじゃん!!」

■京本「いや、それなら猪突猛進のほうがいい(笑)。猛進の“進”は、慎太郎の“慎”にしてください」

■■高地優吾×■森本慎太郎

■――『Rosy』の歌詞のように、お互いの明日を占って!!

■高地:慎太郎は“食事で野菜を多めにとるといいでしょう”。疲れているときって、お肉のような胃に負担をかけるメニューを選びがちだけど、そんなときだからこそ、慎太郎があまり得意じゃない野菜を食べるとよいことが起きる!! ラッキーパーソンは、“笑顔のきれいな女性”。

■森本:■高地は、仕事中、とくに“MS”のイニシャルを持つ人物からの電話に注意な。

■高地:“MS”って、絶対おまえじゃん!!

■森本:明日はオフだから、高地に“一緒に行きたいけど仕事”って断られたバイク屋さんでひとり盛り上がってる様子をビデオ通話で見せたる(笑)。そんな彼にピッタリな女性は、“汚れとニオイに強い人”。釣りにバイクにキャンプと、アクティブ系趣味男なんでね。で、ふたりは意外にも街の歯医者さんで出会うの。■受付の人に「コウチさん、コウチユウコ(ユウゴ)さん!!」って呼ばれて、同時に立ち上がって……がなれそめ(笑)。

■高地:話が細けえよ!!(笑)。

■――恋人がしてくれたらうれしいこと

■森本:■非難されるのを覚悟で言いますが、ほっといてほしい(笑)。俺は趣味も多いし、遊びにもよく出かけるから、どんなに大切な人でも時間を共有し続けるのはちょっと……。「私のほうが先に約束してたのに!!」とか言われると俺もツライし……。かなり仕事寄りの極端な人間だってこと、理解してもらえるとうれしい。

■高地:してくれたらうれしいというより、相手がしようとしてくれたことを一緒にしたい。■俺、だいたいなんでもできちゃうからさ。掃除、洗濯、料理、レザークラフトとか、なんでも。

■森本:高地、サバイバル能力高いもんね。

■高地:でも、お金の計算はダメ。子どものころからおこづかい帳をつけるのが苦手だった。今こそ、生活費とか、ちゃんと計算してマメに帳簿をつけないといけないのに放置しがち。ウチの収支計算を頼めると助かるなあ……、簿記の資格を取ってもらったりして。

■森本:それ、ただの就職じゃん(笑)。

■――アルバムのタイトル『CITY』から、今後、行ってみたい“CITY”は?

■高地:ずっと言い続けてるけど、小笠原諸島に行きたい。クジラや白いイルカと泳いだりする映像を見て、自然が豊かで生活してみたいと思ったんだよね。街の人みんなが友達みたいな、そういう、人があったかいところに行きたい。

■森本:俺はドバイ。世界一高いビル、世界一高いところにあるプールといった高層ビルが立ち並ぶ都市部から、車でちょっと行くと、すぐに砂漠で。最先端都市から砂漠っていう極端から極端が詰まってる感じに惹かれる。■そういう意味では山手線の鶯谷駅周辺も好き。

■高地:鶯谷に砂漠があんの!?

■森本:砂漠はないけど、昭和の香りがするスポットがある(笑)。山手線のターミナル駅周辺はザ・都市だけど、鶯谷はちょっと印象が違うのよ。そのギャップがいい。

■――恋と愛の違いを教えて!

■森本「日本と外国(英語圏)の違い? 日本で恋人に言う“好きだ”や“大好きだ”にあたる英語は“I love you”で、“I like you”とは言わないし……と言ってもしゃーないか(笑)。■じゃ“恋”は余裕なし、“愛”は余裕ありで!」

■高地「なんで?」

■森本「相手に傷つけられても夫婦だと別れる選択をするのが難しいけど、カップルの多くは“別れましょう”のひと言で終わる。またくっつくかもしれないけど、一度は関係を清算するから余裕がない。そう考えると“恋”の関係は“愛”より緊張感あるのかも」

■高地「ちょっと話が違うかもしれないけど、愛って親子関係のイメージもあるな。子どもって、大人からたくさんの“愛”を注いでもらうけど、そのことに気がつかなくて、■結婚できるくらいの年になってようやく“愛”の重みと意味と責任を知るのかな……。逆に“恋”は軽くてかわいいイメージ。将来のことを深く考えずに付き合う、学生時代の恋愛のような、ふわふわしたもの」

■森本「まったく逆の考えだわ(笑)」

■■ジェシー×■田中樹

■――今後、行ってみたい“CITY”は?

■田中:ジェシーの親戚がいる、アメリカのラスベガスに行きたい。

■ジェシー:親戚の家に行けばホテル代もかからないからね。

■田中:お邪魔します(笑)。

■ジェシー:■俺はニューヨークとか行きたいなぁ。ツアーで行った場所だと、印象的なのは香川県。うどんにはびっくりした。つゆをつけなくても超おいしかったから。

■田中:そうだったね。俺は、Jr.時代の最後に行った沖縄かな。なかなか行く機会のない場所だし。

■ジェシー:樹って、普通に沖縄好きだもんね。

■田中:うん、プライベートでも行くくらい好き。沖縄料理おいしいし。

■ジェシー:今度、沖縄料理食べに行こうよ。

■田中:いいよ、いつにする?

■――お互いの明日を占って!!

■ジェシー:樹の明日のラッキーカラーは緑!! 緑色の物を身につけると運気アップ!!

■田中:ジェシーのラッキーカラーは赤。明日、セリフ言う仕事が入ってるよね? 赤ランプがついてるカメラをしっかり見てくださいってことで(笑)。

■ジェシー:あーなるほどね、オッケーです(笑)。

■田中:ジェシーに似合う女性は、モデル体形でクールそうな女性。でもめちゃくちゃ口数多い、みたいな。■もうそれって「ジェシーじゃん」みたいな人(笑)。タイプが違う人より、似た感性の人のほうがいい気がするんだよね。

■ジェシー:樹は、樹より身長高い人!!

■田中:えぇ!?(笑)。

■ジェシー:あと、ギャルか清楚系かって言われたら清楚寄りかな……。

■田中:そんなイメージなのね。

■――恋人がしてくれたらうれしいこと

■ジェシー:■(即答で)料理〜!!

■田中:リアルなこと言えば、お金を稼ぐこと以外、全部(笑)。

■ジェシー:大きく出ましたな。

■田中:俺、考え方がちょっと古いのかも。亭主関白っていうんですかね。■外で稼ぐのは任せとけ!! でも、家の中のことは任せる!! みたいな。

■ジェシー:料理も作ろうと思えば作れるし、頑張ることもできるんだけど、自分ひとりのためには作らない。恋人に作ってもらえたほうが特別感があるじゃん。

■田中:それは本当にそう思う。「これ作って!!」って料理はないけど。

■ジェシー:俺はなんだろうな〜。オムライスもいいし、ハンバーグとか、から揚げもいい。結局、自分のために作ってくれるならなんでもうれしい。

■――恋と愛の違いを教えて!

■田中■「恋は同質なものを求める関係で、愛は異質なものを求める関係」

■ジェシー「何それ!?」

■田中「“私はこれくらい会いたいけど、あなたも同じだよね?”みたいな。もっとわかりやすく言うと、おそろいの服を着るとかさ。同じ熱量を求め合う恋に対して、愛は、違うところもお互いが認め合うことかな。どう?」

■ジェシー「ほう。■じゃあ俺は、もっとわかりやすく言う。片思いが恋で、両思いが愛!」

■田中「わかりやすいわ(笑)」

■ジェシー「片思いは、相手のことがすごく好きで夢中になってるけど、不安だから言葉にあんまりできない。基本、自分の思いを相手に知られてないイメージ。でも、両思いになって付き合うといくらでも気持ちは伝え放題。ちなみに今は、食べ放題に行きたい!(笑)」

■■京本大我×■松村北斗

■――お互いの明日を占って!!

■松村:京本の明日は「(昼の情報番組)『ヒルナンデス!』に注意」。あの時間に家にいて放送を見てると、面白くてあっという間に時間が過ぎ去ります(笑)。そのまま1日が終わってしまうから。この前、ラジオで高地が「俺だけまだ『ヒルナンデス!』に出演してない」って言ってたんですけど、俺も出たことないんですよ。あいつすぐ俺のこと忘れるんです(笑)。■京本に似合いそうな恋人は、お母さんくらいの包容力で家にどんどん増えていくフィギュアコレクションを許してあげられる人。

■京本:包容力のある人、大好きです(笑)。北斗は明日休みでしょ。(スマートフォンで天気予報を調べて)明日は晴れなので、久々のオフだしちょっと遠出するか〜って出かけると思うんですけど、めっちゃスコールが降ります(笑)。

■松村:え〜(苦笑)。

■京本:■北斗は、年下と付き合って妹的にかわいがる恋愛もアリだし、年上にリードされるのもアリだけど、あえて同い年をオススメします。同い年ってことは年齢でどちらがリードするとか定まらないから、探り合ってるうちに育む恋っていうのを予言します!!

■――恋人がしてくれたらうれしいこと

■松村:■虫退治(笑)。特にゴキブリは本当にダメ。

■京本:一緒!!(笑)。クモは小さければまだどうにかできるだろうけど、ゴキブリは本当に無理!!

■松村:もし、部屋に出たら、その場にいなくても呼ぶし、退治してもらいたい。相手も虫が苦手だったら、それはもう作戦練るしかないなあ。で、結局最後はなすりつけ合いになる気がする(笑)。

■京本:相手も苦手だったら自分でどうにかしようって頑張って考えるだろうけど……。残念ながら、その人とは結婚できないかもしれない(笑)。だって、お互いにずっとその恐怖を抱えながら生活していくのはキツいでしょ?

■――今後、行ってみたい“CITY”は?

■松村:静岡の富士山の近くに田貫湖というところがあるんです。以前、名所を紹介する本みたいなのを適当に開いたらそこが出てきて。よさそうな場所だったから行ってみたいですね。僕、静岡出身なんですが、田貫湖は行ったことがないから。

■京本:僕は、北海道。修学旅行で行ったくらいで、プライベートでは訪ねたことがなくて。きっかけは、コロナ禍のホームステイ中においしいご飯のことを検索したら北海道率が高かったから。だから、北海道各地でおいしいもの巡りができたらいいなあ。

■松村:ツアーで印象的だったのは、仙台。ちょっと裏話的になってしまうんですけど、■仙台のケータリングの方がとてもおいしいドリップコーヒーをいれてくれたのをすごく覚えていて。作り置きじゃなくて注文すると粉から挽いて1杯ずついれてくれるんです。

■京本:僕は、まだデビュー前にホールツアーで行った沖縄。■もう時効だと思うから言っちゃいますと(笑)、夜、6人でホテルをこっそり抜け出して外にご飯を食べに行きました。デビュー前の最後のやんちゃですね。

■――恋と愛の違いを教えて!

■松村「よくわからないけどイメージで言うと、■“恋”が“愛”よりも先にありそうだよなあって思います。わかるのはその順番くらい。“愛”は……何だろう。些細なバランスが重要になりそう。難しいですね〜」

■京本「■僕も同じでよくわからないけど“恋”はうぬぼれ、“愛”は傲慢な感じがするな。“恋は盲目”とか言うように、恋してる時間はお互いほかが見えないモードに入っちゃう。結ばれた後に“愛”があると思ってるんですけど、お互いの気持ちが確かなものだと思ったら、慣れてしまっていろんなことがなおざりになって悪い意味で余裕が出ちゃいそうだなって思って。僕はもちろん傲慢にならないようにしたいです」

■松村「僕もそうしたいです」

■Q. 2022年、ソロとしてどんな年にしたい?

■高地「上半期からSixTONES飛ばしてるな」って思ってもらえるような疾走感のある1年にしたい。常に忙しくしていたいというか、「このグループって本当に6人? もっといない?」って感じになれば本望だし、俺もその一端を担っていければなって。個人的に楽しみなのはライブ。■目の前にファンのみんながいるといないとではモチベーションが全然違う。俺らが考えて作ったグッズをみんなが身につけてくれているのを見ることができるのって、めちゃめちゃ幸せなことだから。

■松村 すごい作品の現場に入らせてもらっても“何とか食らいつかないと”って必死になるばかりで、監督の要望や脚本を凌駕するようなことができなかったと思うんです。■“俺はこれだけできてるんだぞ”って自分を落ち着かせられるくらい、スキルをもっと成長させたい。いつもどうしようって、てんやわんやの気持ちなのでもっと頑張らなくちゃと思います。「あの演技にやられた」とか「すごいね」ってみなさんに思ってもらいたいですね。あとは健康的にしっかり食事をとる!!(笑)。

■京本 今年は8月の主演舞台『流星の音色』が決まっています。去年のミュージカル『ニュージーズ』は自分としてもとても手応えがあって、この作品をきっかけにミュージカルが面白いと思ってくれた方々もいるようなんです。■だから、『流星の音色』も引き続きミュージカルの魅力にハマっていただけるようなよい作品にしたいと思っています。

■田中 やりたいことよりも、やらなくちゃいけないことをもっと優先的にやる。■例えば、バラエティーで自分の番組を持ちたいってことよりも、もっといろんな番組に出て経験を積む年だと思っています。いつも一緒にいるメンバー内だったらトークを回せるけど、メンバー以外の方とだと俺はまだまだ全然スキルがないから。

■ジェシー 今の仕事量を減らさずに、また違った自分の魅力をお見せできるような1年になればいいなと思っています。もっともっと成長したいですし、できると思っているので。去年はグループとしては充実した活動をさせてもらっていたので、ソロとしてもさらに飛躍できたらなと。■バラエティー番組にもっと出たいです!! 『しゃべくり007』とか!!(笑)。

■森本 去年はアルバムだ、映画だ、ドラマだと、年末までお仕事をさせてもらったけど、■「自分の色を出せたか?」と言われるとまだまだ。来年は“森本慎太郎”という人間の色をしっかりと出すのが目標です。プライベートの面ではブッキング上手になる!! 趣味のダイビングをする予定を入れた日に仕事が入ると、わかっちゃいるけどへこむんです。へこんでいる自分にまたへこむので(笑)、来年は予定の立て方がうまい人になりたいなあと。

※高地の高は、正しくはハシゴ高

■2ndアルバム『CITY』1月5日発売
初回盤A・B 各3600円+税、
通常盤 3000円+税

取材・文/高橋もも子、中川薫、熊谷真由子

関連記事(外部サイト)