二宮和也がドラマでイタリア語に初挑戦、「NGなし」完璧な発音を取得した“驚きの独学術”

二宮和也

「今回、いろんなことを頑張っておりますので、これからよろしくお願いします」

 1月3日に放送された、嵐の活動休止後初の主演ドラマ『潜水艦カッペリーニ号の冒険』(フジテレビ系)のクランクインで意気込みを語った二宮和也。

「戦時中の日本を舞台に、初めは嫌っていたイタリア人たちと一緒に生活をする中で、しだいに友情が芽生えていく物語です。ドラマを見た人の間では、戦争の話なのに、重すぎず心が温まると好評でした」(テレビ誌編集者)

 撮影で頑張っていた“いろんなこと”のひとつがイタリア語だ。

■役作りはしないけれども

「■二宮さんの役はかつてイタリアに滞在していた経験があり、イタリア語を話せるという設定なので、イタリア語の習得は必須でした。もともと話せるわけではないので、苦労したでしょうね……」(同・テレビ誌編集者)

 当初、イタリア語が話せないのは二宮だけだった。

「イタリア語を話す役は“日常会話程度は話せる人”という前提で、キャストが集められていたのです。しかし、現地への留学経験者でも演じる自信がなかったほど、イタリア語での演技は難しかったようです」(制作会社スタッフ)

 それほど大変な撮影に、二宮はどのように挑んだのか。

「■二宮さんは“役づくりはしない”と普段から公言しています。台本は自分の箇所以外は読まず、事前に演技の構想を練ることもありません。しかし、必要なスキルは完璧に身につけることを徹底。方言を話す役を演じるときは、その方言のテープを常に聞いたり、テレビでその方言を話す芸能人を見たりして勉強していたとか」(芸能プロ関係者)

 では、イタリア語は?

「■翻訳アプリを使って特訓したんです。アプリに向かってイタリア語を発音して、正しく翻訳されるまで練習するという方法です。その成果か、長いセリフもNGなしで完璧にこなしていましたよ」(前出・制作会社スタッフ)

 しかも、ほぼ独学だという。

「■付きっきりで語学の指導を受けていたわけでもないんですよ。二宮さんは覚えるスピードが圧倒的に速く、演出の動きなども1度で覚えられるほどで、天性のものだと評判。もちろん二宮さん自身の努力もありますが、今回のイタリア語習得も天性の記憶力に負うところが大きいでしょう」(同・制作会社スタッフ)

■二宮が紹介したパンが“爆売れ”

 そんな二宮は、自らが努力するだけではなく、12月30日に行われたジャニーズのグループが集うコンサート『Johnny's Festival』では後輩たちを奮起させるべくエールを送っていた。

「YouTube『ジャにのちゃんねる』で、ジャニフェスの現場に二宮さんが大量のパンを差し入れした様子が公開されたのです。それを食べた後輩たちは“今度どこのパンか教えてください!”と、動画を通じてメッセージを送るなど、おいしいと大評判でした。なにわ男子は、グループ7人で20個以上食べていましたよ(笑)」(スポーツ紙記者)

『ジャにのちゃんねる』で二宮からの差し入れを紹介するメンバー(YouTubeより)

 いったい、どこのものか。

「■東京都内に複数の店舗があり、長野県の軽井沢にも店舗がある人気店のものですよ。一等小麦と湯種製法で製造したオリジナルの生地に、フランス産の塩を使用したパンが売りのお店です。二宮さんが差し入れたのは、1つ180円で販売されている『塩パン』です。

■ このお店の看板商品で、『ジャにのちゃんねる』の動画が公開されてからは大反響。店舗に行列が絶えず、予約に制限もかかるほどの“爆売れ”だとか。二宮さんは100個差し入れしていたようです」(グルメライター)

 二宮からの“180円のエール”で、今年のジャニーズはさらに盛り上がりそう。

関連記事(外部サイト)