フィッシャーズが医療従事者の「簡単に救急車呼ぶな」に反論も、搬送時に「カメラ回すから」“迷惑系”な裏側

『フィッシャーズ』のシルクロード

 チャンネル登録者数700万人を誇る人気ユーチューバーグループ『フィッシャーズ』が、1月17日にYouTubeチャンネルを更新。■《傷つくわ。》のタイトルでアップした動画内で、■リーダーのシルクロードが“救急搬送”されたことを、メンバーのモトキとともに振り返った。

 1月2日に発熱と喉の痛み、悪寒の症状が現れ、深夜には呼吸困難に陥ったというシルクロード。病状をネットで調べた彼は、窒息死するかもしれないという恐怖感に苛まれて救急車を呼び、駆けつけたモトキも救急車に同乗して病院へ。

 当初はコロナが疑われるも、次第に症状が落ち着いたシルクロードは、医師から“過労による重度の急性扁桃炎”と診断される。コロナも陰性だったことが判明し、入院することなく薬を処方されて帰宅が許されたのだが、その際に別の■医療従事者に「死ぬか生きるか以外で、救急車をそうやって簡単に呼ばないでください」と言われたこと明かした。これに対して、

《■死ぬか生きるかわからないからさ、(救急車を)呼んでるわけよ。色々とさ、医療関係の方も厳しいのはわかるから、そう言いたくなる気持ちも分からなくない。ただ、こっちもこっちで死ぬ思いをしてたから。俺、それを言われたときに普通に悲しくなって。“えっ、何でそんなこと言う?”みたいなね》

 イライラを通り越して悲しくなったと嘆くシルクロード。その後も■《他の言い方があったやん?》と納得いかない表情を見せつつも、最後は年始で多忙を極めるであろう医療従事者の苦労を慮るモトキに同調。それでも《本当に自分でやばいと思ったら呼ぶべき》と、救急車を呼んだ正当性を主張したのだった。

■動画撮影のチャンスと思っている

 この動画に、《患者の気持ち大変さを考えるのも医者の仕事》《怒って良いはずなのに相手側の事も気遣ってあげるところが凄く大人の対応をしていてカッコいい》《同じ医療従事者として申し訳ないです。シルクさんの判断は間違ってないです》と、シルクロードの対応を支持する多くのコメントが並んでいる。

 一方で、この動画でのやりとりがニュースとして報じられると……、

「■“搬送中に仲間がスマホで写真撮ったりしたら言われても仕方ない”“動画を回す余裕あるならタクシーで”“なんでもチャンスと思ってるだろう”などと、一転してシルクロード側にも問題があったのではないか、というような指摘も見受けられます。

 というのも彼は、1月5日に■《シルク、呼吸できなくなって救急車に乗ることに。》というタイトルで搬送された当日の様子を動画投稿しているのですが……」

 と、ウェブメディア・ライターが指摘する動画を確認すると、喉の痛みを訴えたことから始まり、熱が上がって「発熱相談センター」に電話したりと、症状が悪化する様を撮影するシルクロードの姿が。そして深夜、■扁桃腺の腫れにより呼吸がしづらくなったことで、救急隊員に搬送される様子までもが収められている。この時は、駆けつけたモトキがカメラを回していたのだろう。

■ハプニングで再生回数が増える

 そして場面は切り替わって病院から帰宅後、喉の痛みもすっかり落ち着いたのか。非常時には「救急安心センター事業」に相談することや、《「緊急だと思ったら、ためらわずに119番通報を」って書いてある》と、救急車を呼ぶことをためらわないように視聴者に呼び掛けたのだった。

 前出のライターは「万が一のこともあり、彼が救急車を呼んだことに間違いはない」としながらも、

「その医療従事者から注意を受けたことも同情はします。ただ、■救急搬送時にカメラを回すことはやはり非常識ですし、それこそ院内でも動画を撮って迷惑をかけていたのでは、とも思わせかねません。もしも医療従事者から“迷惑系ユーチューバーがいたずらに救急車を呼んだ”と勘違いされたのならば、これは言われても仕方がない。

 彼らユーチューバーにとって■日々のネタ探しは欠かせないと聞きますし、ハプニングが起きれば再生回数を増やすチャンスとばかりについカメラを回したくなる気持ちもわからないではない。でも、今回ばかりは撮影は自粛すべきだったのかも」

 炎上しかねない状況になった矢先、当該動画2本を削除したフィッシャーズ。多くのファンを抱える人気グループではあるが、YouTubeでは一歩間違えれば彼らも“迷惑系”になりかねないということか。

関連記事(外部サイト)