蒼井優にベッキーらを輩出した『おはスタ』、番組Pが語る「おはガール」の共通点と“伝説の子”

(左から)平井理央、松岡茉優、山寺宏一、蒼井優、ベッキー

『おはスタ』(テレビ東京系)が快挙!「■子供向け生放送テレビ番組の最多エピソード数」でギネス世界記録に認定されたのだ。

「今年1月19日に生放送5500回を記録。'97年10月1日から始まって25年目になる長寿番組です。月曜日から金曜日まで朝7時5分から放送されていて、小学生が登校前に見ています。初代MCは■山寺宏一さん(60)。'16年に■花江夏樹さん(30)に交代し、'20年からは■木村昴さん(31)が出演しています」(テレビ誌ライター)

■「おはガール」原石発掘のポイント

 人気声優が務めるMCのアシスタントが「■おはガール」。

「■番組進行の手伝い、企画への参加、天気予報の読み上げなどを担当します。小学生にとっては“憧れのお姉さん”のような存在ですね。1、2年でメンバー変更が行われていて、歴代おはガールからは人気タレントがたくさん生まれています。

 ■平井理央さん(39)、■蒼井優さん(36)、■あびる優さん(35)、■松岡茉優さん(26)、■井上咲楽さん(22)、■平祐奈さん(23)、■岡本夏美さん(23)と、『おはスタ』が未来の人気者を生み出す番組になっていることがわかりますね」(同・テレビ誌ライター)

『おはスタ』のスタッフは、先見の明があるっていうこと? プロデューサーの千代島優さんに聞いてみた。

──おはガールの魅力とは?

「■歴代おはガールに共通しているのは、やっぱり元気なこと。そして“視聴者と一緒に成長していく”ところです。

■ 例えば番組内でのお天気の原稿読み。初めはたどたどしかったのが、最後は立派に読めるように。1年間で成長していくのは、見ている小学生も感じるみたいですね。

 成長期で身長も伸びますから、小学生は“おはガールのお姉さんと一緒に私も成長しているのかな”と思うようで、保護者の方も子どもと一緒に応援してくださっています」

 オーディションの仕組みはどうなっているのだろう。

「各芸能事務所に募集、候補者の中から、社内オーディションで選定しています。視聴者の小学生にとって“憧れのお姉さん”である中学生がメインですね。■大事なのは、元気で、早起きができること(笑)。それから、得意なことが1つでもあること」

'98年、おはガールを務めていた平井理央。当時16歳だった

──どんな特技が?

「身体が柔らかいとアピールする子がなぜか多いです(笑)。ただ、これはという特技で合格した人はいませんでしたね。

■ まじめに受け答えするとか、質問に対してちゃんと芯を食った答え方をする子を採用してきたかなと思います。偉そうな言い方ですけど、“伸びしろ採用”という形ですね」

 オーディションは狭き門で、多数の候補者の中から採用されるのは3人から5人。

■「おはガール」で伝説的存在

──選ぶ際に重視するポイントはありますか?

「■優等生っぽい子と、何か飛びぬけている子と、ちょっと面白い子、みたいにバランスを考えています。■でも、最終的には度胸ですね。

■ 緊張してしゃべれない子も、ふとした質問への切り返しがいい時があって。“この子の実力は、今の言葉だな”と考えて選ぶことがあります。

 だから、いきなり“学校で流行っているものは?”とか聞いて、その子の本質を見るんです」

 厳しい目で選ばれた原石の中で、今も語り継がれているのが松岡茉優。

伝説的存在と語られる松岡茉優

「■当時のおはガールの中で、彼女はコミカル担当だったんです。ご本人は今あんまりその話はしたがらないようなんですけど……。

■ いろいろなことに挑戦して、全部ちゃんとこなしていました。 その適応力、アドリブ力がすごかった、という話はよく山寺さんから聞いていました。まさに伝説的存在ですね」

 番組内アイドルグループの「■おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!」も、千代島さんの記憶に残っている。

「岡本夏美さんは、視聴者からどう見られているか、おはガールがみんなから何を期待されているかをすごく考えてきちんと対応していて、プロでした。

 平祐奈さんは今も天然キャラでテレビに出ていますが、当時から自然体で。子どもと同じ目線で楽しんだりとか、番組中にドッキリを仕掛けたら、素直に引っかかったり(笑)。きっとこの子たちはもっと売れていくんだろうなぁと思っていたら、本当に売れていきました」

(左から)岡本夏美、平祐奈、吉川日菜子。“おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!”は当時大人気

──人気が出る子には、どんな傾向がありますか?

「■まじめな子が人気者になりますね。きっちりしているというより、“どうしたら楽しんでくれるかな”と真剣に考えていることが大切。 松岡さんもそう。

■ 山寺さんが卒業する時にゲストで来ていただいたんですが、自分が目立つよりも“どうすれば今の番組に合ったことを言えますかね”と真剣に考えてくれたんです。

■ 体力的にもつらい番組だと思うんですけど、必死に食らいついてもらっているから成功したのかもしれません」

 現役の中学生だから、学業との両立も重要になる。

「■『おはスタ』は“小学生を元気に送り出す”というコンセプトなので、勉強の支障になるような企画やスケジュールを組まないようにしています。“テストがあるので休みます”とか全然あります」

 スタッフとキャストが一体となって『おはスタ』を盛り上げてきた。

■等身大の小学生が大切

──長寿番組になったことには、何か秘訣が?

「■小学生が対象の番組だっていうのをずっと忘れず、ブレずにやってきたことが大きいですね。大人たちが勝手に考える“小学生はこんなもんでしょう”ではなくて、リアルな小学生と接して作ってきたという自負があります」

 時代が変わる中、対応が大変なのでは……。

「■これがびっくりするぐらい変わらなくて! 今の子はNintendo Switchでゲームをやりながら、LINE電話をつないで友達とオンラインで遊んでいるんですが、その時も小学生男子は“おしり”とか“うんち”で笑ってる。それってずっと変わらないですよね。 自分が子どものころも確かにそうだったなあって思います(笑)」

 現在のおはガールは、パフォーマンスグループの■Lucky2としても活動中。

「■Lucky2には初期のおはガールの雰囲気があって。歌もダンスも、いい意味で成長過程ですね。一緒に成長していきたい存在として注目してもらえるとうれしいです!」

 今から目をつけておいて、彼女たちが大スターになった時に自慢しちゃおう!

1月19日にギネス記録達成。左からマイティコウZ、メインMC木村昴、アイクぬわら、千代島プロデューサー

■《歴代ブレイクおはガール一覧(出演年度)》

酒井彩名('97年〜'98年)
平井理央('98年)
蒼井優、ベッキー('00年)
あびる優('01年)
前田希美('07年)
松岡茉優('08年〜'09年)
岡本夏美、平祐奈('12年〜'13年)
?井上咲楽('17年〜'18年)

関連記事(外部サイト)