【2月22日は猫の日】「好きな“猫キャラ”ランキング」1位はジブリ、キティに大差で勝利の“国民的アニメ”

※画像はイメージです

■ 2月22日は『猫の日』!

 人々を魅了してやまない猫の可愛らしさは現実のみならず、アニメや漫画のキャラクターとしても愛されてきた。

 『週刊女性』編集部ではこれまで数多くの作品に登場してきた猫キャラをピックアップ。読者の“推し猫”アンケートを行った。あなたの推し猫はランクインしていた?

【1位】ドラえもん(ドラえもん)/240票

 2位を大きく引き離した堂々の第1位に■ドラえもんがランクイン。2位はキティちゃん、3位はジジ(魔女の宅急便)、という結果だった。

 読者は猫キャラのどんなところに惹かれたのか。聞いてみると──。

 1位のドラえもん。「可愛い」「丸い」「親しみやすい」という声が圧倒的だった。お腹のポケットから出す未来の道具の数々にも魅力を感じている人も多かった。

■「ロボットなのに人間味がある」(57歳・宮城県・男性)

 主人公・のび太との絆も欠かせないエピソードだ。未来に帰ることになったドラえもんの話は特に印象深い。

 ドラえもんに心配をかけまいとのび太がひとりで困難に立ち向かおうとするシーンや2人の友情に涙した人も多かった。

■「いつの時代にも夢を与えてくれる存在です」(50歳・兵庫県・男性)

 キャラクターのみならず、作品への愛も深く、年齢問わず不動の存在だ。

【2位】キティ・ホワイト(ハローキティ)/104票

 2位はキティちゃんの愛称で知られる■キティ・ホワイト。雑貨や文具でアイテムを愛用していた人も多かった。

■「日本を代表する可愛らしさ」(49歳・東京都・女性)

■「子どものころ、友達数人から誕生日プレゼントをもらったら、全部キティちゃんグッズだった」(42歳・千葉県・女性)というエピソードもキティちゃんあるある。それほどに身近なアイドルだった。

【3位】ジジ(魔女の宅急便)/67票

 3位の黒猫■ジジ。主人公・キキと話せるところや皮肉屋でクールな性格も人気のポイント。

■「ホットミルクを熱そうに飲んでいるところが可愛い」(30歳・岡山県・女性)

■「キキが動物の言葉が一時的にわからなくなったときでも寄り添っていたこと」(40歳・大阪府・女性)

 会話もでき、いつでもそばにいてくれる相棒であり、きょうだいのような存在に憧れた人も少なくないはず。

猫キャラへの思いはそれぞれ

 一方、5位のトムにはちょっと意地悪な印象を持つ人もいた。だが、ネズミのジェリーに反撃されるシーンは笑いを誘い、■「憎めない存在ですね」(60歳・東京都・女性)

 7位、9位のそれぞれのタマは猫らしい猫キャラクターの代表格。7位のタマには、

■「磯野家が調子の悪いタマを心配していたエピソードが感動しました」(36歳・神奈川県・男性)

 9位のタマは■「猫の気持ちを理解しようとしたきっかけになり、飼っている愛猫に対する対応に一層気をつけるようになった」(45歳・大阪府・女性)

 読者にとってもこの2つのキャラは“わが家の猫”にも非常に近い存在のようだった。

 8位のバロンはとりわけ女性人気が高いキャラクター。

■「紳士的なふるまいがカッコいい。帽子取ってお辞儀をしたり、杖を小脇に挟んだり、主人公をお姫様抱っこするシーンが素敵だった」(28歳・静岡県・女性)

 なぜ人は猫キャラクターに魅了されるのだろうか。

 キャラクター評論家の■ろばとでにろうさんによると、

■「猫はかねて、暮らしの中で人間の近くで寄り添い、親しまれてきた存在です。猫キャラクターの元祖、『まねきねこ』のように、昔から人気のモチーフとされてきたことからも考えられます」

 ドラえもんやジジなど人間に寄り添ってくれる猫キャラの一方で、「きまぐれ」で「甘え上手」な性格からトムや『ポケットモンスター』のニャースのように意地悪でずる賢い存在としても描かれることもあった。主人公のライバルになったり、敵側のキャラクターとして登場する作品もある。

■「意地悪なキャラもいました。でもどこか憎めず、むしろ親しみを覚えます。だから猫キャラは人気を維持してきたのではないでしょうか」(ろばとさん)

 可愛さだけでなく、カッコよさやちょっとドジなところも……。それぞれの持ち味が生かされている猫キャラたち。

 今年の『猫の日』はそんなキャラたちが活躍する作品を楽しんでみてはいかが?

あなたの推し猫キャラは何位?

1位……ドラえもん(ドラえもん)/240票
2位……キティ・ホワイト(ハローキティ)/104票
3位……ジジ(魔女の宅急便)/67票
4位……ニャンコ先生(夏目友人帳)/40票
5位……トム(トムとジェリー)/39票
6位……ネコバス(となりのトトロ)/35票
7位……タマ(サザエさん)/27票
8位……バロン(耳をすませば・猫の恩返し)/16票
9位……タマ(うちのタマ知りませんか?)/15票
10位……ノンタン(ノンタン)/13票
11位……カリン様(ドラゴンボール)/11票
12位……ルナ(セーラームーン)/10票
13位……ジバニャン(妖怪ウォッチ)/9票
13位……マイケル(ホワッツマイケル)/9票
15位……シルベスター(ルーニー・チューンズ・シリーズ)/8票
16位……マリー(おしゃれキャット)/6票
17位……みかん(みかん絵日記)/5票
18位……ニャース(ポケットモンスター)/3票
18位……井上トロ(どこでもいっしょ)/3票
20位……ガーフィールド(ガーフィールド)/2票

その他 小鉄(じゃりン子チエ)、エスパーニャンコ(おそ松さん)、シロ(ねこ・ねこ・幻想曲)、ニャロメ(天才バカボン)、ドラ猫大将、ダヤン、現場猫、チェシャ猫(不思議の国のアリス)、ふくまる(おじさまと猫)、ニャンコ先生(いなかっぺ大将)

《※Freeasy調べ。全国の20〜70代の男女700人に実施》

お話を聞いたのは……ろばとでにろうさん●キャラクター評論家。生来のキャラクター好きが高じて現職に。キャラクターを生かしたビジネスの提案やコンテンツ制作を行う。ほかにもキャラクターに関する執筆や講演、テレビ出演なども多数。

関連記事(外部サイト)