YOSHIKIがオーディション企画を開催も「もう飽きた」の声、蘇る6年前の“悪夢”

YOHSIKI('21年12月)

 日本テレビは、2月27日放送の同局バラエティー『行列のできる相談所』内で、X JAPAN・YOSHIKIプロデュースのボーイズグループオーディション企画『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』の開催を発表した。

 日テレ側から同企画のオファーを受けたというYOSHIKIは「ロックグループ、ミュージシャンである必要はない。ダンスユニットであったり、ミクスチャー系など、両方アリだと思う」■「やっぱりYOSHIKIっていうとロック(のイメージ)だと思うんですよね。逆に、僕がすごいポップなダンスグループとかをプロデュースする(のも面白い)」「ビジュアル系というよりも“YOSHIKI系”みたいな感じ」「“世界”っていうのがキーワード」などとコメント。今後、『行列』と朝の情報番組『スッキリ』が同企画をサポートしていくそうだ。

日テレが仕掛けた過去のオーディション

「ここ数年、新人グループを発掘するさまざまなオーディション企画が話題になっています。たとえば、2019年に始動した韓国の大手芸能事務所・JYPとソニーミュージックのオーディション『Nizi Project』からは、9人組ガールズグループ『NiziU』が誕生(2020年12月にデビュー)。彼女たちがオーディションを勝ち抜く姿などは、Huluで配信されていたほか、『スッキリ』でもたびたび特集され、視聴者の関心を集めていました」(テレビ局関係者)

『スッキリ』は昨年、AAA・日高光啓が『SKY-HI』名義で行ったボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」にも密着し、この企画から誕生した7人組グループ・『BE:FIRST』は、同年11月にデビュー。

 さらに、同じく日テレ系で日曜朝に放送中の情報番組『シューイチ』は、ガールズグループオーディション『Who is Princess?』から5人組グループ『PRIKIL』が誕生するまでを特集してきた(デビューは今年5月の予定)。

“なかったこと”になる可能性も

 そして今回、新たに『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』の始動が明らかになったわけだが、一部ネットユーザーからは■「またオーディション?」「日テレはオーディション企画に味を占めてるんだろうけど、正直もう飽きた」「NiziUの盛り上がりがピークだったよね」「『THE FIRST』までは追えたけど、『Who is Princess?』は企画自体を知らない人も多そう」といった声も出ている。

■「とはいえ、新企画は世界的ミュージシャンであるYOSHIKIが携わるということで、それなりに話題にはなっている様子。ただ、実はYOSHIKIといえば2016年にも『Lady's X』なる女性グループのオーディション企画を発表していて、当時はフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』が密着するという話だったのですが、いつの間にか“なかったこと”になっていました」(同・前)

 なお、2017年6月30日にTwitterで「X JAPANのYOSHIKIさんがプロデュースする【Lady's X(レディースX)】のオーディションを受けてきました!」と報告していた女性YouTuber・おつぽんは、2019年6月15日に自身のYouTubeチャンネルで公開した動画の中で■「(企画が)流れちゃったね」「YOSHIKIさん忙しいみたいで」と明かしている。

『YOSHIKISUPERSTARPROJECTX』YouTubeチャンネルより

■「YOSHIKIは2017年5月に『頸椎椎間孔狭窄症』で緊急手術を受けていますし、そのあたりの影響もあったのかもしれません。『Lady's X』の企画が頓挫した過去があるからこそ、『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』は完走に期待したいところですが、日テレがうまく盛り上げられなければ、また“なかったこと”になる可能性もあるのでは……」(同・前)

 世界へと羽ばたく“YOSHIKI系ボーイズグループ”の誕生を楽しみに、まずはオーディション企画が消滅しないよう祈りたい。

関連記事(外部サイト)