嶋大輔が“男の勲章”を告白!高校時代のツッパリ伝説と、芸能界での破天荒な日々

嶋大輔(57)久しぶりに『男の勲章』を歌ったことで「歌っていいな。今度は自分が歌いたいものを、歌ってみたいとも思う今日このごろです(笑)」と意欲も見せる

 かつて世間の注目を集めた有名人に「ブレイク中、何を思っていたか?」を語ってもらうインタビュー。当事者だから見えた景色、聞こえてきた声、当時は言えなかった本音とは―?'80年代にツッパリキャラでデビューした嶋大輔(57)。当時の人気は「たのきんのライバル」とも言われたがその裏では本人のみぞ知る葛藤もあったようで―。

ツッパリ男の高校時代

 巨大なリーゼントに幅広ズボンの“ドカン”で決めて『男の勲章』を熱唱するのは、嶋大輔。あのころと変わらないツッパリスタイルだ。

「昨年末に『横浜銀蝿』のライブで歌いました。ステージで歌ったのは30数年ぶり。『今日から俺は!!』というドラマの主題歌に使われたことで、最近も歌わせてもらうようになりました」

『男の勲章』がヒットしたのは'82年。40年も前の歌が、今の若者にもウケている。

「■'18年上半期にカラオケでよく歌われた曲のランキングで、1位がクイーン、2位あいみょん、3位が嶋大輔ということがあったんです。“恩人”という言葉がありますが、僕にとって『男の勲章』は“恩曲”だと思っています。

■ 松嶋菜々子ちゃんがお茶のCMで歌ったり、この曲には本当に助けられました」

 ■フジテレビ系バラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』やTBS系ドラマ『木更津キャッツアイ』でも取り上げられて、'03年にセルフカバーをしたこともある。

「■以前はあんまり『男の勲章』を歌いたくなかったんです。リーゼントにしてくださいと言われますし、いじられているとか、バカにされていると思っていました。でも最近気づいたのが、いろんな人がデビューして、芸能界を辞める人もいる中で、求められる過去を持っているのは何人いるんだろうって。そう思ったら、キャリアを誇りにしなきゃダメだと。ちょっと大人になったんですかね(笑)」

『男の勲章』は“ツッパリの美学”の歌。“ツッパリ”というのは不良のこと。デビュー前の嶋は、バリバリの不良だった。

「■高校ではリーゼントにしてもいいけど、刈り上げもしなきゃいけないとか、ちょっと納得いかない校則もあって。1年生のときに“こんな校則やめろ”と座り込みしたら、2年生が怒ってきて乱闘に。勝った俺たち1年生で風紀委員のような応援団を作ることになって。3年生が卒業したら自分たちの天下になると思っていた2年生がかわいそうでしたけどね(笑)。

■ 当時は学生服が赤茶になるくらいケンカしていて、漫画の『湘南爆走族』のような高校生活でした」

コンサートに暴走族がやってきて……

 不良だったことがデビューにつながった。

「不良のたまり場だった戸塚のゲーセンにいたら、そこの大将がデビュー前だった横浜銀蝿の知り合いで。コンサートのチケット150枚の配布を頼まれて高校で撒いて、友達と行ったら会場でスカウトされたんです。“絶対ダマされてるよ”って言われてましたけど(笑)。1年半くらい銀蝿さんについて荷物持ちをして、ギターのレッスンを受けました」

 '81年に横浜銀蝿の弟分としてデビュー。同年にTBS系ドラマ『茜さんのお弁当』で俳優活動もスタートさせた。

'82年ライブの嶋大輔。

「コンサートで歌って、ドラマに出て、サイン会して。忙しくて不思議な感覚でした。そのころ、モテて自惚れていたのでは? とよく聞かれますけど、そんな暇なかった。

 歌番組で女性アイドルの隣に座れたのが、唯一の自慢でしたね。生放送を見た学校の友人から“どうだった?”なんて聞かれたりして。河合奈保子さんはいい匂いがしたって話していました(笑)」

 トレードマークのふっくらリーゼントは、そのころから。

「■忙しかったことで、奇跡的に生まれた髪型です。行きつけの美容院で強めのパーマをお願いしてウトウトしちゃって、目が覚めて鏡に映った自分を見たら、当時のつのだ☆ひろさんみたいなアフロヘア(笑)。これじゃダメということでサイドを刈って、あのような髪型になりました」

 目立ったことで、まわりの不良から狙われるように。

「■コンサートに暴走族がやってきて大変でした。ステージを下りて、そのまま会場の裏口から楽器搬送用の車の後部座席に乗ってホテルへ。それでも見つかって追いかけられたこともありました。

■ 当時の不良はみんな自分が1番だと思っていますから、嶋大輔を倒して“格”を上げようと思ったみたい(笑)」

 芸能界でも警戒されていた。

「■『夜のヒットスタジオ』では、次の人の歌をほかの出演者と一緒に歌って紹介するのですが、相合傘で石川秀美ちゃんと登場する予定だったのに、急きょ西城秀樹さんに替わっていて。どうやら秀美ちゃんに警戒されて、同じ事務所の秀樹さんが替わりに登場することに。

■ 控室の大部屋でもいちばん奥に行かされて。ほかのアイドルに近づかないようにされていたみたいです(笑)」

『横浜銀蝿+嶋大輔』のデビューシングル。当時はロックよりもアイドル好きだったそう

 人気が出てくると、バレンタインに4トントラック3台分のチョコレートが届いた。

「当時マスコミが作った“銀蝿一家VSたのきん”っていうライバルのような図式があって。僕は身長が183cmあってリーゼントだから、身長の高さをアピールするために、『夜ヒット』のエンディングで出演者たちが並ぶときに“田原の隣に行け”とか“近藤の隣に立て”とか言われました。銀蝿も当時は勢いがありましたよね」

当時のバラエティーは破天荒

 女優やアイドルと共演する機会も増えてくる。

「大原麗子さんは本当にきれいでチャーミングでした。“大ちゃん肩をもんで”なんて言われたときは、ずっともませてもらいました。

 当時のアイドルは純粋におきれいで、化粧なども今よりシンプル。後藤久美子さんを見たときは衝撃でした。こんなにかわいい子が世の中にいるの? って」

 '88年にはテレビ朝日系“スーパー戦隊シリーズ”の『超獣戦隊ライブマン』で主演を務める。バラエティー番組にも活躍の場を広げた。

「当時のバラエティーは本当に破天荒。深夜3時に集合して“今からハワイに行きます”と言われたことがありました。そして“飛行機で一睡もしてはいけません。少しでも寝たら、着いてすぐ飛行機で日本に戻ってもらいます”って。ハワイに着いたら着いたで、50m走をやらされて。

 危なかったのが、ある女性芸人たちとサメの出る海に入ったら、急に“生理なんです”って言いだして。みんな慌てて“早く上がれ〜!”って。メチャクチャな企画でしたけど楽しかったですね」

'83年ごろの嶋大輔。ふっくらしたリーゼントがトレードマークだった

 今では“いじられキャラ”になることもあるが、バラエティー番組に出演するのは大好きだという。

「■この前は『相席食堂』というバラエティー番組で、デビュー40周年にして初めてフルチンになりました。丸いボカシがかかりましたが(笑)。

■ そのときも芸人さんの底力を目の前で感じましたね。たけしさんやさんまさんと共演させてもらったことは何度もありますが、頭の回転がすごく速いし、人を見る力も高い。そういうところを盗んでいきたいと思います」

 今後も、やりたいことがたくさんある。

「いい意味でファンを裏切るような仕事をしたいなと。こんなこともやるんだ、というようなことにチャレンジしたい。もうひと旗揚げますよ」

 いつまでも挑戦し続けることこそが“男の勲章”なのだ。

関連記事(外部サイト)