張本勲は『サンモニ』復帰白紙、後任・上原浩治の息子は「メジャー・ドラフト候補生」分かれた明暗

3月上旬、ゴミを出すため自宅から出てきた張本勲。番組についての質問には口を閉ざした

■《“あっぱれ”を出したいが、練習方法とかを見て“喝”もあるかも分からんよ》

 1月15日、スポーツ紙の取材に意気揚々と答えていたのは、昨年12月に『サンデーモーニング』(TBS系)の“ご意見番”を卒業した張本勲。しかし、その姿が“復活”することはなく─。

「■スポーツ紙の取材の中で、張本さんは2月27日の放送に特別出演することが明かされていました。ですが、当日の番組での出演はナシ。ネット上では、体調不良を心配する声も上がっています」(スポーツ紙記者)

 取材を受けた時点では

■《番組に備えて(2年ぶりに)沖縄に行きます。ぜひ新庄監督を激励したい》

 とプロ野球の春季キャンプを視察する予定を語っていたのだが、実際に沖縄を訪問したのは番組で“後任”を務めるあの人だった。

「1月9日から新・ご意見番として出演している上原浩治さんです。張本さんは辛辣なコメントや過激な発言で炎上することもしばしばありましたが、■上原さんはユーモアあるコメントやSNSでの発信力が、広い世代に高く評価されている。番組も“今回は”と彼にゴーサインを出したのでしょう」(TBS関係者)

上原浩治の“左腕息子”に熱視線

 上原の好調ぶりは、それだけではない。海の向こうに住む家族についても、こんな明るい話が。

「■15歳の息子・一真くんは、フロリダ州にあるアスリート養成学校『IMGアカデミー』の野球部に所属。テニスの錦織圭選手も輩出した名門で、一真くんはお父さんと同じ背番号19番をつけ左腕の投手として活躍。昨年3月には、鋭いカーブを投げる様子がメディアで取り上げられたことも」(前出・スポーツ紙記者)

 アメリカでも活躍した父のDNAを受け継ぐ一真くんについて、スポーツライターの梅田香子さんに話を聞いた。

「大リーグで不足している左投げのピッチャーということで、■関係者からも注目されています。まだ年齢も若く身体もそこまで大きくありませんが、父親譲りのいいバネがあるので、身体さえ育てばドラフトで声がかかるでしょう」

 親子そろってメジャーリーガーとなれば、日本人初の偉業。上原も、期待は隠しきれないようで……。

上原浩治の息子・一真くん(左)が投稿した父との写真も話題に(一真くんのインスタグラムより)

「■一緒に住んでいたころは1日に5、6時間も練習に付き合っていたそう。上原さんは日米の野球の違いやそれぞれの長所、欠点をよく理解している人。メディアの前では“まだまだ”なんて慎重な姿勢ですが、本当は自分の中にある野球の理論をすべて息子さんに注ぎ込みたいくらいなのでは。本人も、楽しんでいるように見えます」(梅田さん)

張本を直撃すると

 父子ともに好調な様子の上原に対し、復活計画が幻となったことで心配の声が上がっている張本。“復活中止”の事情を尋ねるべく、3月上旬、ゴミを出すために自宅から出てきた張本に話を聞いた。

─2月27日の『サンデーモーニング』に出演予定でしたが、出演しなかった理由は?

■「何のことかさっぱり。私は知らないよ」

─体調を心配する声もありますが。

■「全然全然、元気元気!」

 そう言い残すと、少し丸まった背中を見せながら自宅へと入っていった。

 明暗分かれた状態となっている新旧・ご意見番。息子の活躍に上原が“あっぱれ”を出す日も近い?

関連記事(外部サイト)