復活してほしいバラエティーランキング!SMAPを抑えて1位になった“豪華すぎる生放送”

左上から時計回りでタモリ、久米宏と黒柳徹子、島田紳助、飯島愛さん

 今春の番組改編に向けて、多くの長寿番組が終了を発表。27年続いた『ガッテン』(NHK総合・水曜19時半)や『アウト×デラックス』(フジテレビ系、木曜23時)など、惜しまれつつ終了となる番組が多い。

 そこで、過去に“大人気の中”終了し、いま復活してほしいバラエティー番組を30代〜60代の男女1200人に徹底調査。あなたの好きだった番組は入っていますか?

◆   ◆   ◆

第1位 『笑っていいとも!』

 圧倒的に多くの票を集めたのは『笑っていいとも!』(フジテレビ系)。終了から8年たつが人気は根強い。

■「平日はいいとも、日曜日は増刊号を見るのが日課だった。テレフォンショッキングのゲストや誰から花輪が届いているのかも楽しみに見ていた」(40代、女性)

「ダウンタウンやウッチャンナンチャン、さんまが同時にレギュラーだった時期の年末特大号とかは本当に楽しかった」(50代、女性)

■「学校を休んだときに見ることができるのが楽しみだった。毎日あんな豪華メンバーで生放送していたのがすごい。一度は観覧したかった」(30代、女性)

「お昼休みはウキウキウォッチング♪のあの歌を知らない世代が増えてきているのが悲しい」(40代、女性)

 惜しまれながら終了した『いいとも!』の最終回には、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、爆笑問題、とんねるずなどが一堂に会したことも大きな話題に。香取慎吾が最終回に放った言葉「なんでいいとも終わっちゃうんですか?」に共感した人は多い。

第2位 『SMAP×SMAP』

 続く2位は、今でも毎週月曜になるとツイッターでトレンド入りする『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)。

SMAPが反戦を歌った『Triangle』が今、人気急上昇

■「マー坊、カツケン、ゴロ美とか今でも思い出せるキャラクターがいっぱい。アイドルがやるコントを面白いと初めて思えた」(40代、女性)

「『スマスマ』からの『あいのり』(月曜23時)が月曜夜の定番だった。あのころのテレビ面白かったなー」(40代、男性)

■「今のジャニーズの番組はすべてスマスマがフォーマットを作ったといっても過言ではない」(50代、女性)

「ビストロスマップの料理を1度食べてみたかった」(40代、女性)

■「最後に聞いた『世界に一つだけの花』が悲しすぎた。もう一度明るく楽しい姿を見せてほしい」(40代、女性)

 寂しい最終回を華麗に塗り替えたい、と願うファンは後を絶たない。

第3位 『ねるとん紅鯨団』

 3位は、バブル時代の恋愛バラエティー『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)。とんねるずが司会する集団お見合い番組だ。ねるとんパーティーなる商売も生まれるほど人気に。

■「大人になったら応募しようと思っていたのに終わってしまって残念!」(40代、女性)

「誰からも選ばれなかったらどうしよう、などと想像しながら楽しんだ」(40代、女性)

「スタジオゲストの好みの有名人を聞くのが楽しみだった」(50代、男性)

■「中森明菜さんがゲストの回のユーチューブを見てゾッとした」(40代、女性)

 それは'89年6月、ゲストの中森明菜が好みの男性芸能人「山崎努」を間違えて「みやざきつとむ」(東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人。この当時はまだ未解決事件)と言ってしまい、さらにこの回に約10分間映像と音声が乱れる事故が発生。いまだに謎の現象として多くのオカルトマニアからも再放送を要望されているとか。

『食わず嫌い』など多数の番組が挙がったとんねるず

 3位までを見て「気になることがあります」とは、番組制作会社のプロデューサー。

■「1位から3位まですべてフジテレビの番組なんですよね。この春、人気があるのに終わってしまう『アウト×デラックス』などを見ても、編成側は視聴者のニーズを読めていないのでは?と思ってしまいました」

 と、フジの編成局に苦言を呈した。

第4位 『あなたの知らない世界』『ザ・ベストテン』

 4位以下にはフジ以外の局の番組がようやくランクイン。

「今は子どもたちが心霊を学ぶ番組がないので、ぜひ新倉イワオ先生に霊とはなんたるかを教えていただきたい!」(50代、女性)など、男女問わず復活の声が多かったのは『あなたの知らない世界』(日本テレビ系)をはじめとした“心霊番組”。

■「殺伐とした世の中だからこそ現実逃避したいんでしょうか。不景気や天災などのニュースが続くと、心霊モノが流行るといわれています」

 とは、前出のプロデューサー。続けて、

■「心霊が求められる一方で、5位の『知ってるつもり?!』や6位の『目撃!ドキュン』などのヒューマン番組が入っているのも面白いですね。自分よりも大変な思いをしている人を見て励まされたいのかもしれません。人を救うのは人だと教えられた感じがしますね」

 みな“知らない世界”に連れていってもらいたいのだろうか─。

コント番組は「再放送」の希望が多い

 令和の今では考えられない“お色気番組”が放送されていた昭和・平成のテレビから『トゥナイト2』(テレビ朝日系)と『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系)がそろってランクイン。男性4割、女性が6割の得票数だったのが驚き。

「『トゥナイト2』はジャーナリストの石川次郎さんがお下劣な内容の番組に節度をもたせていました。レポーター陣も青木愛や、せがわきりちゃんなど、ショートカットでボーイッシュな女の子を出していたのが女性にも受け入れられた理由でしょう。ギャル文化を頻繁に特集していて社会問題にも取り組み、ナンパと硬派をうまく使い分けていましたね。

 ■飯島愛さん(享年35)がサブ司会を務めた『ギルガメッシュないと』は実は女性も楽しめる番組をコンセプトに始まったんです。愛ちゃんがTバックをはいたお尻を見せたりしていましたが、下品に感じなかったからこそ愛ちゃんは全国区の存在になれた。イジリー岡田さんもこの番組で知名度がうなぎ上りになりましたよね」(前出のプロデューサー)

 10位『ギルガメ』とわずか23票差で『クイズ100人に聞きました』(TBS系:毎週月曜19時'79年〜'92年出演:関口宏ほか)がランクインならず。

 ほかにも多くの番組が挙がったが、疑問を口にするのは『週刊女性』テレビドラマ座談会でもおなじみ、テレビウォッチャーの神無月ららさん。

「ダウンタウンの『ごっつえぇ感じ』(フジテレビ系)などのお笑いコント番組が入っていないのが意外でした」

ダウンタウンの松本人志と浜田雅功

 コント番組を挙げた人の多くがつけ足したのが“復活ではなく再放送を見たい”というワード。テレビリサーチスタッフが解説する。

■「ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、清水ミチコ、野沢直子が出演した『夢で逢えたら』(フジテレビ系)やビートたけし、明石家さんまなどが競演した『オレたち!ひょうきん族』などを見たいけれど、今の彼らやスタッフがやったら面白いかどうかわからない。だから再放送をやってほしい、という声が多かった。確かに昔とても面白かったものを復活させて晩節を汚すのもね……」

 復活もいいけれど、美しい思い出はそのままにしておきたい!?

■復活してほしいテレビ番組ランキング

■1位『森田一義アワー 笑っていいとも!』
(フジテレビ系:平日お昼12時から)'82年〜'14年               245票

出演者:タモリほか 毎週平日の12時から13時まで放送されていたバラエティー番組。新宿スタジオアルタから一般観客を入れて毎日生放送を行っていた。お笑い芸人にとっていいともレギュラーは売れっ子の切符とも言われ、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、ナインティナインなどがレギュラーを務めた。

■2位『SMAP×SMAP』
(フジテレビ系:月曜夜10時から)'96年〜'16年
201票

出演者:SMAPほか 番組前半は「BISTRO SMAP」、後半はコントや音楽コーナーなどで構成されていた。■番組終了から6年たつが、いまだに月曜夜は番組名がトレンドに。

■3位『ねるとん紅鯨団』
(フジテレビ系:土曜夜11時から)'87年〜'94年
147票

出演者:とんねるずほか とんねるず司会の一般人による集団お見合い番組。深夜枠ながら平均視聴率は17.3%と高視聴率をマークした。■石橋貴明による「タカさんチェック」「大どんでん返し」などが流行語に。

■4位『あなたの知らない世界』
(『お昼のワイドショー』、『午後は○○おもいッきりテレビ』内のコーナー)
96票

出演者:新倉イワオほか 『お昼のワイドショー』『おもいッきりテレビ』内で、夏休みなど子どもの長期休暇になると放映された心霊コーナー。一般視聴者らが体験した恐怖・心霊体験を再現ドラマや取材などを交えて検証し、霊能者が分析する。心霊写真コーナーなどもあり、子どもたちを十分に怖がらせる内容だった。

「夏休みの楽しみだった!」(40代、男性)、■「おどろおどろしいナレーションや映し出されるみの(もんた)さんの黒光りした顔が今でも耳に、目に焼きついています」(40代、女性)、「心霊写真コーナー、今もトラウマになっています」(40代、女性)

■4位『ザ・ベストテン』
(TBS系)'78年〜'89年
96票

出演:黒柳徹子、久米宏ほか 毎週生放送で独自の邦楽ランキング上位10曲をカウントダウン形式で発表し、ランキングされた歌手が披露する音楽番組。“追いかけます、お出かけならばどこまでも”を売りに、アイドルや歌手がいる現地から中継披露するスタイルが話題を呼んだ。新幹線での移動中継は伝説に。

■「自分の番が終わったアイドルが後ろのソファでどんな話をしているのか気になっていた。好きなアイドルが女性アイドルと話しているのを見てヤキモキしていた(笑)」(50代、女性)、「セットなども意味不明なものがあって面白かった。今はあまり見ないスモークに憧れた」(40代、男性)

『知ってるつもり?!』出演の関口宏と『目撃!ドキュン』に出演していた篠原涼子

■5位『知ってるつもり?!』
(日本テレビ系:日曜夜9時から)'89年〜'02年
84票

出演者:関口宏、水野真紀ほか 毎回歴史上の人物を紹介。その人物の生涯を振り返る内容だった。

■「いつかこの番組に取り上げられたかった(笑)」(50代、男性)、「中国の楊貴妃や西太后などの世界の悪女シリーズが好きだった」(40代、女性)、「江利チエミさんが死ぬ間際酒に溺れていく再現ドラマがなぜかすごく印象に残っています」(40代、女性)

■6位ヒューマンバラエティー番組『目撃!ドキュン』
(テレビ朝日系:水曜夜7時から)'94年〜'02年
82票

出演者:田中律子、ラサール石井ほか 『嗚呼!バラ色の珍生!!』(日本テレビ系:毎週木曜夜7時)'94年〜'01年は同票。
出演者:島田紳助、篠原涼子など 人探しバラエティー・公開捜査番組。毎回、生き別れになった肉親や家族、大事な人を探してほしいという視聴者が番組に依頼し、スタッフが探し出した末に感動のご対面が行われた。また『目撃!ドキュン』から「DQN」という言葉が生まれた。

「他人の人生をのぞき見した気分でした」(40代、女性)、「世の中にはいろんな人がいるなー、と毎回思っていた」(50代、男性)、■「徳光さんが毎回泣くのがうそくさかった(笑)」(50代、男性)

■7位『トリビアの泉〜素晴らしきムダ知識〜』
(フジテレビ系:水曜夜9時から※深夜番組時代は火曜日1時40分から)'02年〜'06年
74票

出演者:タモリ、高橋克実、八嶋智人ほか “生きていくうえで何の役にも立たないムダな知識、しかしつい人に教えたくなってしまうようなトリビア(雑学・知識)”を視聴者からの一般公募によりトリビアプレゼンターを務める高橋と八嶋がVTRにて紹介し、品評会会長のタモリを筆頭にゲストが品評していく。

■「当時まだ学生だった安藤美姫選手が“フィギュアスケート選手は目が回らない”というトリビアに挑戦させられていて、可愛いと思った」(40代、男性)

■8位『どうーなってるの?!』
(フジテレビ系:平日9時55分から※10時半からの時期も)'93年〜'01年
64票

出演者:小倉智昭、中村江里子ほか (前番組の『ジョーダンじゃない!?』('92年〜'93年)、後番組の『こたえてちょーだい!』も含む)主婦目線で毎日テーマを掲げ、そのテーマに沿った内容を視聴者から募集し、再現VTRを紹介した。この番組から“再現女優”が有名に。また、番組の後半11時ごろから始まる『夕食ばんざい』(出演:結城貢、佐藤里佳)も結城先生の辛口発言が人気に。

■「小倉さんの下世話な感じや、当時フジアナだった中村江里子さんの世間知らずな感じがはまっていた」(50代、女性)

『どうーなってるの?!』に出演していた中村江里子と小倉智昭

■9位『トゥナイト2』
(テレビ朝日系:月曜〜木曜夜11時55分から)'94年〜'02年
56票

出演者:石川次郎、斎藤陽子、乱一世、山本晋也ほか レポーター陣がお色気系の企画を中心にレポート。時には社会派な企画も取り上げた情報番組。レポーター陣の中には国会議員の青木愛も“愛ちゃん”として親しまれていた。乱一世が「トイレはCM中に」と発言したことでスポンサーが激怒するという出来事も有名。

■「フー、フウフッフー、という番組のテーマソングをもう一度聞きたい」(50代、男性)、「山本監督のラブホテルめぐりが好きでした」(40代、女性)、「『ワンダフル』(TBS系)とよくザッピングしてた」(40代、男性)

■10位『ギルガメッシュないと』
(テレビ東京系)'91年〜'98年
49票

出演者:岩本恭生、細川ふみえ、飯島愛、イジリー岡田ほか “男も楽しめる、女の子のためのエッチ番組”というコンセプトのもとに番組スタート。飯島愛が発掘され、セクシー女優の登竜門的な番組に。平成最後のお色気番組としても有名。

「ギルガーメッシュ、という言葉をよくまねしていたけど、いまだに意味がわからない」(40代、男性)、■「当時学生だったから見ちゃいけないような気がして大人になった今ちゃんと見たい」(40代、男性)

※『Freeasy』にて、'22年2月27日から3月2日に調査実施
集計対象者 全国30〜60代の男女1200人上位10番組を抽出しています。

■この春終了する主な番組

指原莉乃、マツコ・デラックス、ヒロミ、坂上忍

NHK
■『ガッテン!』(ためしてガッテン)
('95年〜)出演:立川志の輔、小野文惠

日本テレビ
■『今夜くらべてみました』 ('12年〜毎週水曜日)
出演:徳井義実、後藤輝基、SHELLY、指原莉乃
■『人生が変わる1分間の深イイ話』 ('08年〜毎週月曜21時から)
出演:羽鳥慎一、今田耕司※もともとは島田紳助

フジテレビ
■『アウト×デラックス』 (毎週木曜23時から)
出演:マツコデラックス、矢部浩之(ナインティナイン)ほか
■『バイキングMORE』
(バイキング) ('14年〜:毎週月曜〜金曜11時55分から)出演:坂上忍、ヒロミほか

テレビ朝日
■『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』 ('95年〜:毎週月曜〜金曜)
出演:上沼恵美子

関連記事(外部サイト)