東出昌大・渡部建らの不倫をSNSで叩き続ける30代主婦を直撃、“正義中毒”の背景にあるもの

(左から)渡部建、東出昌大

■ “だって私テレビ見てるから当事者だもん!”

 3月6日、日本一のピン芸人を決める『R-1グランプリ』(フジテレビ系)が放送された。女芸人の吉住(32)が演じたコント『正義感暴れ』は優勝こそ逃したものの審査員のバカリズムが最高得点をつけるなど、高評価を得た。その内容は、普段は“聖人”と呼ばれる穏やかな女性が、芸能人の不倫にだけ過激に怒ってしまうというもの。芸能人の不倫に怒ってしまう理由を聞かれた吉住扮する女性は冒頭のように絶叫するのだった。

『R-1』の決勝に進出した吉住(本人インスタグラムより)

「これって私のこと? 笑うに笑えなかった」

 と言うのは、トンプクさん(仮名・30代女性)。彼女は吉住が演じた《普段はいい人なのに芸能人の不倫を許せない人》と同じ考えを持っており、Twitterでその“正義感”をつぶやいている。フォロワーは0でフォローしているのは数名の芸能人。開設日は2020年11月で、主に芸能人のツイートにリプライを送っている(※以下、登場する人物のツイートは特定を防ぐために一部を変えています)。

30代主婦は「佐々木希さんに絶望しました」

 記者が初めて見たトンプクさんのツイートは、先日復帰したばかりのアンジャッシュ渡部に関するもの。執拗に渡部の降板を迫るツイートを繰り返していた。

■《不快です。渡部さんが出てくるならチバテレビが映らないところに引っ越します》

■ と、番組ツイッターや渡部の関係者に繰り返しリプを送っていた。

 不倫報道があった俳優の東出昌大が元所属事務所・ユマニテを解雇された際には、ユマニテ公式ツイッターに《素晴らしい決断だと思います》と賛辞を送っている。

 このTwitterではプライベートな情報は一切つぶやいていない。

 トンプクさんは、不倫や浮気について強い“正義感”を持っているようだ。詳細を聞くべく取材のお願いをDM(ダイレクトメール)で送ると、匿名と素性が絶対にわからないことを条件に取材に応じてくれた。唯一、30代女性であることだけは掲載OKとのこと。電話取材に応じる彼女は、吉住が演じる女性のように穏やかで、不倫や浮気を攻撃するツイートをする人物とはとても思えない。『R-1』を視聴した感想を尋ねると冒頭の答えが返ってきた。(ここからは一問一答)

 なぜ渡部さんを降板させたいのですか?

■「あんな下品なことをしておいてまた出てくるのはちょっと……」

 直接、面識はあるんですか?

「ないですよ。ただの視聴者です。テレビを見て気分が悪くなったら意見を言っていいのでは?」

 普段はどんな生活をされているんですか?

■「主婦です。子どももいます」

 30代女性という以外は明かさないと言いながらプライベートな情報を明かしてくれた。

 ご家族はトンプクさんのツイートをご存知ですか?

「■知らないと思いますが、私が不倫を許せない人間だということはわかっていると思います。子どもにも渡部のことは悪い人と教えています」

 渡部さんの配偶者の佐々木希さんやお子様のことはどう考えていますか?

「■佐々木希さんには失望しました。(東出と離婚した女優の)杏さんのようにすぐに離婚されれば応援したのに。お子さんは被害者ですよね。私は主人が渡部のようなことをしていたとわかったらすぐに離婚し、去勢させます」

 “去勢”という過激なワードも穏やかな口調でマイルドなものに聞こえてくる。

 不倫芸能人に対して過激なツイートをしているように見えますが、なぜ不倫が許せないのですか?

「■私の生い立ちとは関係ありません。過去に親が不倫していたからとかそんな展開、期待してます?(笑)」

 なぜ芸能人の不倫に反応されるのか知りたいです。

「■今はこうしてSNSで意見が言える時代です。どんどん活用すべきだと思うんです。昔から(不倫報道のあった)石田純一や真田広之を嫌悪していました。あのときにSNSがあったら同じことしていましたよ」

 当時はどうされていたんですか?

「■別に何も。2ちゃんねるの存在も知らなかったですし。心の中で嫌悪しているだけでした。松原千明さんも手塚理美さんも素晴らしい女優さんなのに。なんで不倫するんですかね」

 これからも渡部さんや不倫する芸能人が出てくるたびに活動されるんですか?

「活動ってなんですか?」

 SNSに書き込む行為です。

「■それはします。有害な番組や人物を視聴者がフィルタリングすることは子どもにとってもいいことだと思います。テレビを見ちゃダメなんて教育は子どもが歪む可能性ありますでしょう」

 誹謗中傷で渡部さんが病んでしまったらどうしますか?

「■誹謗中傷はありもしないことを言うことですよね。渡部さんは悪いことをしたんだから誹謗中傷じゃないと思うんですけど。そういったお話でしたら切りますね。さようなら」

 電話は一方的に切られ、その後、繋がらなくなった。さらにトンプクさんのツイッターアカウントは削除されてしまった。ただ、最後まで冷静で穏やかな口調は変わらなかったため、トンプクさんの真意はわからない。

正義中毒は昔からあったけれど

『正義中毒』──脳科学者の中野信子さんは自著『人は、なぜ他人を許せないのか?』のなかで、こう記している。

■《正義中毒とは「自分が絶対に正しい」と思い込み、自分の考えに反する他人の言動に対し、“許せない”という感情が湧き上がり、正義とはいえ過剰に相手に攻撃的な言葉を浴びせ、叩き潰そうとすることを脳科学的に表現した言葉です(中略)人の脳は、裏切り者や社会のルールから外れた人といった、わかりやすい攻撃対象を見つけ、罰することに快感を覚えるようにできています》

 ツイッターやSNSでリアルタイムに怒りの共有をできることになり、自分の怒りに“いいね”が瞬時につく。それが快感に繋がっているという。

「トンプクさんはまさに“正義中毒”ですね。自分の中にある怒りを関係のない芸能人にぶつける。正義感が前提だから罪悪感も持たない」

 とは'90年代からインターネット上の人々を取材しているジャーナリストの渋井哲也さん。「ネット上では昔から正義中毒が見られる」

 と言う。

「■以前は芸能ニュースに食いつく人はインターネットの利用者の主流ではありませんでした。もっとマニアックなことで議論をしていた人が多かった。それと社会ニュースなどで正義感を暴れさせていた利用者が多かったですね。いじめ事件や未成年の犯罪が起きた時に加害者を晒す行為などは昔もありましたから。

■ ただ、芸能人の不倫に対する“正義感”はやはりツイッターなどリアルタイムで怒りが反映されるツールができた'10年代からだと感じます。“正義感”を振り回す人が増えたというよりも、見つけやすくなったと言うことだと思います」(渋井さん、以下同)

 今回取材したトンプクさんは特定を恐れ、匿名にこだわった。正しいことをしているのならばもっと堂々としていればいい気もするが。

「日常生活とネットでのキャラクターは別なものとして生きている人は多い。匿名性を利用することで怒りのハードルも低くなり、“正義感”を爆発させやすい」

 侮辱罪が厳罰化されていくが、それは「抑止にならなない」と渋井さん。

「韓国でも刑法を強化しましたが、ネットでの“正義感”は拡大していっています。日本も変わらないんじゃないでしょうか」

 今日この瞬間もインターネット上では“正義感暴れ”している人々が後を絶たないーー。

関連記事(外部サイト)