福原愛に夫を奪われた元妻が「口封じの電話」に憤り スキャンダル火消しに奔走か

福原愛氏に夫を奪われたという元妻が告発 福原氏は口封じの電話をしたり記者と交渉か

記事まとめ

  • 福原愛氏は2021年に大手商社マンとの不倫を報じられた際、不倫を否定していた
  • しかし、商社マンの元妻が、その後も2人が関係を絶っていなかったと明かしている
  • 福原愛氏は元妻への口封じを図ろうとしたり、記者に『仕込み写真』を提案したという

福原愛に夫を奪われた元妻が「口封じの電話」に憤り スキャンダル火消しに奔走か

福原愛

 福原愛にとって2021年はまさに激動の年だった。

 台湾の卓球選手・江宏傑と子どもたちとの別居、まもなく報じられた大手商社マンとの不倫疑惑、そして離婚。昨年12月には『NEWSポストセブン』で、《福原愛 あのイケメン商社マンと真剣交際スタート「再婚も視野に」》と報じられた。

 記事には同じく既婚者だったお相手のAさんが福原に「離婚が成立した」と報告した昨年11月から距離を縮めたとある。公園でお茶を飲みながら互いを見つめ合うデート写真も多数あり、爽やかカップルのように見えるのだが──。

愛ちゃんの“暗躍”

 それから約3ヶ月、『週刊文春』(3月17日発売)に《不倫男の前妻が告白》というかたちで当時の舞台ウラを詳報した。

 一連の騒動の発端は、昨年3月に『女性セブン』によって福原とAさんが横浜デートをした後にホテルに一泊するところを撮られたことからはじまる。報道を受けて福原は「ホテルの部屋は二部屋とっていた」と不倫を否定したが、“前妻の告白”では、その後もふたりが関係を絶っていなかったと明かしている。

「前妻(以下B子さん)は6月に書かれたとみられる《Aが笑った顔が大好きだよ》と添えられた手紙や、Aさんがマンゴーを福原に送った際の送り状などを見つけてしまったとあります。昨年11月初旬にAさん夫妻の離婚が成立したあとすぐに『NEWSポストセブン』に《真剣交際》の記事が出た。それを受けて送り状に記載された福原の電話番号にかけたことから、直接対決に繋がったといいます。実にハラハラする展開ですよね」(スポーツ紙記者)

 福原との電話でB子さんは美談調で書かれたその記事に憤りを感じているとし、「取材に応じるなどして記事を訂正してほしい」と主張した。しかし、福原は「それはやめてほしい」と返答。迷惑料を支払おうとしたのだという。いわゆる口封じだ。

「今回の『文春』の記事には、愛ちゃんが“暗躍”しているとみられる描写がほかにもありました。文春の記者がAさんと同棲していることをキャッチし、直撃取材を受けた際、“掲載を延期して撮り直してもらうことはできないか”との“仕込み写真”を提案したといいます。

 記者はそれを拒否して記事を書きましたが、自ら交渉を持ちかけるというのはなかなかのやり手ですよね。■その2日後に『NEWS■ポストセブン』の記事には“真剣交際”と踊り、仲睦まじそうな写真がたくさん掲載された。タイミングが合いすぎていて、何か仕掛けがあるのでは? と感じてしまいますね……」(スポーツ紙記者)

週刊誌を渡り歩く“したたかさ”

 今回の記事を受けて、別のスポーツ紙芸能デスクは「福原さんを巡って記事が出るとき、文春とセブンは切り口は逆だが、タイミングは同時」と指摘する。一体どういうことか。

「昨年のはじめに福原さんと江宏傑さんの別居がわかったころ、『セブン』がその答えとして、日本で横浜デートをしている福原さんを撮って、不倫報道を打った。すると、同日発売の『文春』は、全く別の方向性で別居の真相を出した。それが、夫とその家族から受けてきた“モラハラ”の数々についてです。そこには本来夫婦しか知りえない、あまりに具体的な情報が並んでいました。■聞くところによると、福原はそのとき、記者と接触していたといいます。のちに文春の記者は“(福原から)不倫の話は聞かされていなかったな……”と言っていましたね」  

江宏傑選手と福原愛(2016年)

 このように、取材対象となる側がマスコミを翻弄するケースはあるのだろうか。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏に聞くと、

「■やり手の芸能事務所などの場合はスクープを撮られたとき週刊誌サイドに“撮り直し”の交渉をすることがあります。たとえば、アイドルの熱愛で“ホテルから出てくる写真”が撮れたとき、記事掲載の一報を受けた事務所はイメージダウンを避けようと、撮り直しを要求することがあります。また、スキャンダルを“中和”しようと、別の媒体にタレコミをするかたちで、自分たちの言い分を通すための“擁護記事”を書いてもらうケースも。ドロ沼離婚に陥ったときなどに起こりがちです」

『セブン』での不倫疑惑が出る直前、福原はツイッターで《この数日間ずっと週刊誌の方につけられて気が滅入りそう、、直接聞きにきてくれたらいいのに、》とつぶやいていた。

「■どこの媒体かわからないにせよ、Aさんとデートする写真を撮られたことについて、自覚していた可能性はありますね」(佐々木氏)

“泣き虫愛ちゃん”として国民に認知されていた福原だが、マスコミを渡り歩くしたたかさを持ち合わせていたのだろうか。

 B子さんの証言によれば、彼女が記事を訂正してほしいと主張したときに《記事が出ると、報道が過熱し、結果的に巻き込むことにもなる》と返したのだという。

「■幼いころからマスコミと接してきた福原さんですが、アスリート時代から“自分がどうみられているか”ということに関して、とても気にされていたような印象があります。常に国民から成長をみられてきた彼女ですから、報道とそれについての反応に関してはかなり敏感。受け答えも言葉をしっかり選んでいましたね」(スポーツ雑誌編集者)

 福原からの“反論”は飛び出すのか。

関連記事(外部サイト)