小林麻耶の“暴露”に海老蔵の“SNSナンパ報道”、梨園が憂う「麗禾ちゃんと勸玄くんの心痛」

市川海老蔵についての“暴露”を続ける小林麻耶。隣は元夫の國光吟氏(『吟Akira』YouTubeチャンネルより)

 3月10日にブログで夫の國光吟氏と離婚していたことを明かした小林麻耶が、“暴露系YouTuber”として驚きの動画をアップし、世間を騒然とさせている。

 3月21日に國光氏のYouTubeチャンネルにアップされたのは『小林麻耶暴露』とタイトルづけられた14分ほどのコンテンツで、市川海老蔵を厳しく批判するような内容だった。

 実際に小林と國光氏が離婚をしていたのは2021年4月、海老蔵は当時「(離婚は)発表しなくてよい」とのアドバイスをしていたのだという。10月29日、そういった経緯があるにも関わらず、海老蔵はブログで離婚が成立していたことを示唆するような記事を無断で公開したと小林は主張。「女遊びを週刊誌に撮られた際にカモフラージュとしてブログを書いた」と怒りをあらわにした。

暴露系YouTuber東谷義和氏の影響も?

 その後も小林の暴露は止まらない。話題は2017年に亡くなった妹・小林麻央さんの話にも波及した。

「■妹が亡くなった日に、海老蔵さんは父に向かってこう言いました。『こんなに高いマンションを借りたばっかりなのに』って。父は絶句していました。私も絶句しました」

「■ものすっごく苦しくて大変なときに競馬新聞を病室で開き、競馬を見ながら楽しんでいましたよね。私と母と父の前で」

 麻央さんと海老蔵の過去を次々と明かしていったのだった。

(写真左から)小林麻耶、市川海老蔵

「この動画は元夫の國光さんのYouTubeチャンネルから投稿されていますが、チャンネルは直前の17日にリニューアルしたことをブログ明かしています。なので、衝動的に動画をアップしたというよりは、計画してのことだと思われます。また、その日の投稿では今話題のYouTuber・ガーシーこと東谷義和さんについて、賛辞を送るような記事を連投していましたよ」(ウェブメディア編集者)

 交流のあった大物芸能人のプライベートを“晒す”ことを目的とした『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』は、チャンネル開設してわずか1ヶ月ほどで登録者数も80万近くにのぼる人気ぶり。このペースでいけば、億単位の年収を稼ぐともされている。國光氏のブログをみると、東谷氏を擁護するような記述が確認できる。

同タイミングに女性関係も報道されて

■《どうかガーシーさんのことも悪だと決めつけないであげて欲しいのです。もし詐欺をしていたとしても罪を認め必死でお金を稼ごうとしています。(中略)東谷さんの乱暴な部分では無く正義感の溢れる男気に目を向けて見て下さい》

 國光氏のブログを公開した4日後、小林による件の“暴露動画”がアップされた。

「過去のエピソードをもってして裏の顔を暴露するガーシーの動画と、今回の『小林麻耶暴露』は非常に構成が似ている。影響を受けたのかどうか真相はわかりませんが、どちらにせよ麗禾ちゃんと勸玄くんのことを思うなら当然、亡くなった麻央さんについてのネガティブな話をすべきではないでしょう■。麻耶さんは動画のなかで繰り返し『姪と甥を愛している』と主張していましたが、彼女が非難している海老蔵さんは、子どもたちが大好きな父親なわけですから」(前出・ウェブメディア編集者)

 22日にも《海老蔵が麻央ちゃんの治療を選んでいた》と題された動画を公開。当時、海老蔵が勧める施術師のがん治療を行っていた時期があるとし、麻央さんが「(その治療を)辞めさてくれない」と訴えていたと明かした。また、「離婚をしたい」意志があったことも。麻央さんが亡くなった理由が海老蔵の治療方針にあったかのような語りは、かなりセンセーショナルな内容であった。

《海老蔵が麻央ちゃんの治療を選んでいた》の動画には元夫の國光吟氏も隣に

「■24日にも“なぜこんな動画を上げているのか”という視聴者の問いに対し、新動画をアップ。『愛する姪と甥を考えないでこんなことできると思いますか? ものすごく考えてやっています』と語気を荒げましたが、詳しい説明にはなっていませんでしたね」(スポーツ紙記者)

 沈黙を保っている海老蔵だが、2日後に今度は『女性セブン』の報道により、別の角度からも“被弾”することに。

子どもたちが受けるショック

『市川海老蔵がSNSナンパで多重交際』と打たれた記事には、都内から地方にかけて、複数の女性と関係を持っていたことが克明に記されている。インスタグラムやTikTokといったアプリのダイレクトメッセージ機能を利用し、インフルエンサーや一般女性をナンパ。ホテルで金銭を渡し行為に及ぶ“パパ活”のような行いが女性によって暴露されている。海老蔵一家にとっては泣き面に蜂といった状況にもみえるが……。

「■女性関係については昨年の10月にも同じく巡業中に複数女性と関係を持っていたことが報じられています。今回も歌舞伎界から何かお咎めがあるといったことはなさそうですね。

■ 何人もの女性が出てくるのはイメージダウンに繋がりかねませんが、あくまで独身で女性とも合意の上ですので。それよりも麻耶さんがアップした動画が、子どもたちがあの動画を見てしまわないか心配ですね……」(海老蔵に近い梨園関係者)

成田山新勝寺に現れた市川海老蔵と長女・麗禾ちゃん、長男・勸玄くん

 長女の麗禾ちゃんは10歳、長男の勸玄くんは、小林が動画をアップした翌日の22日に9歳の誕生日を迎えたばかり。海老蔵のブログにはお祝いのバルーンを飾り付けた自宅の様子が載せられていたが、

「■勸玄くんは任天堂Switchでマリオカートやポケモンにハマっているなどまだまだ子どもですが、麗禾ちゃんは文字を打ち込んだりといったスマホの操作がすでにできます。ふたりとも麻耶さんに懐いていますし、大好きですから、万が一YouTubeの検索などで動画を見つけてショックを受けてしまわないかと周囲は非常に恐れています。麻耶さんもふたりのことを考えてか動画に“年齢制限”をかけているのですが、これもどこまで意味があるか……」(同・海老蔵に近い梨園関係者)

 つい先日、海老蔵はSNSで自身に向けられた誹謗中傷について、法的手段を講じる意向を明らかにしたばかり。それが家族にも向けられる日がきてしまうのだろうか──。

関連記事(外部サイト)