放送開始20周年、マツコに渡部建ら芸能人が『行列のできる相談所』で衝撃告白する理由

『行列のできる法律相談所』に出演していた(左から)磯野貴理子、島田紳助、渡部建

 今月20周年を迎えた『行列のできる相談所』(日本テレビ系・日曜夜9時)。昨年10月には番組名から“法律”を取り、現在の番組名にリニューアル。王道のエピソードトークバラエティーに舵を切った。

「同番組はもともと'00年10月に『絶対に訴えてやるぞ!! 芸能人VS弁護士軍団・大爆笑! 法律バトル』という特番からスタートしました。'02年4月からレギュラー化され、『行列のできる法律相談所』に。ただ所長役(MC)の島田紳助さんは法律番組をやる気はなかったのか、■“史上最強の弁護士軍団”と紹介するところを、自身がやっていた別番組の紹介フレーズである“史上最強の鑑定士軍団”と言い間違えることもあったほど(笑)」

 と元番組スタッフが経緯を明かす。

“お土産トーク”が暗黙の了解

「初期こそ法律相談のVTRがありましたが、紳助さんの意向に加えて、トークバラエティー番組に強い菅賢治プロデューサーがチーフになったことで、今の番組の形ができあがっていきました」(元番組スタッフ、以下同)

 同番組はこれまでゲスト出演者から数々の衝撃告白を引き出してきた。この形ももともとは“紳助パワー”だったとか。

「■紳助さんの話を引き出す力っていうのは本当にすごくて、それこそ初期は予定なしにゲストがポロッと重大告白をしてしまうなんてことが多かった。最近番宣(番組宣伝)のためのゲストが多いですがそれでもこの番組は伝統があり、ただ出演するだけではなく何かしらトークの“お土産”を用意するのが暗黙の了解となっていきました。

 その路線が好評だったため、毎回暴露トークテーマを決めてそのエピソードトークができる芸能人を呼ぶという現在のスタイルになったんです」

 現在は、『本気でケンカした芸能人実名で発表します』('11年4月17日放送)、『人生を変えたスター』('20年6月14日放送)など、芸能人の告白スタイルに切り替わっている。

番組スタッフや、視聴者が驚いた衝撃告白を振り返る!

■離婚告白

《私、離婚いたしまして……理由といたしましては夫の浮気です》
('09年12月6日放送)―磯野貴理子

■《もう、離婚しました》('17年3月26日放送)―小倉優子

■《こういうことになっちゃいましたけど、いまだに僕は好きなんで》('21年2月21日放送)―パーマ大佐(お笑い芸人)

 離婚が噂されている芸能人が告白する場として名高い同番組。これまでの離婚告白で衝撃だったのは?

「貴理子さんも小倉優子さんも当時、夫婦の不仲が報じられていて離婚も時間の問題とされていました。貴理子さんは離婚報道が出た当日に同番組内で離婚していたことを発表し、大きな話題を呼びました。これは裏で紳助さんからの助言があったといいます。

 ■番組内容を急きょ差し替え、離婚発表にしたんです。小倉さんもその日は『私、根に持ってます』というお題だったのですが、そのゲストトーク中に突然、美容師の前夫との離婚を発表。東野幸治さんや宮迫博之さんも驚いていました。だけどこれも事前にスタッフは知らされていたんです。早く離婚疑惑報道を打ち切りたい小倉さんサイドと暴露をしてほしい番組側でウィンウィンの展開でしたね」

 離婚発表ありきでお声がかかったのが、パーマ大佐だという。

番組内で出会った金山一彦と大渕愛子。大渕弁護士は一時弁護士軍団の一員としてレギュラー出演していた

「結婚半年でスピード離婚したという元妻から、離婚の真相が明かされるという番組内容でした。《あの有名芸人が離婚を告白》などと放送前に宣伝して、予想合戦になっていたところ、その芸人がパーマ大佐だったため、視聴者から苦情がきたことも(笑)。

 ■また、離婚発表ではありませんが、矢口真里さんの不倫が報じられる数週間前に、婚姻中の中村昌也さんが出演されて、自宅をカメラで撮ってもらったVTRがあったんです。その最中、彼が矢口さんへの文句や舌打ちを連発していて、視聴者はおしどり夫婦だと思っていたので、どうしたんだろう、と……。VTRには“クローゼット”も写っていて今となっては伝説の放送回となっています」(同)

■結婚発表・公開プロポーズ

《僕は“のんちゃん”と呼んでいます》('17年4月9日放送)
―渡部建(アンジャッシュ)

■《吉川晃司さんに(婚姻届の)証人になってくださいって》('14年8月24日放送)
―金山一彦×大渕愛子

■《結婚しよう》('12年8月5日放送)
―磯野貴理子の元夫男性

■《長らく待たせたな申し訳ない。結婚しようか!》('13年8月18日放送)
―後藤輝基(フットボールアワー)

■《耳だけでなく、全部の毛穴で聞いたって感じですごいうれしかったです》
('20年9月6日放送)―丸山桂里奈

記者会見よりも『行列』の方が安心安全

「離婚発表をされた貴理子さんですが、3年後に番組内で年下の一般男性からプロポーズされ、結婚します。貴理子さんの新しい恋愛は番組で追っていたので自然の流れでした。この男性との離婚は『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)の中で発表しています。■以前の離婚は番組内でイジって笑いにできたようですが、2度目の離婚は笑えなかったようですね。紳助さんもお辞めになった後だったので離婚告白するという義理立てもいらなかったのでしょう。

 大渕さんと金山さんは出会いも『行列』なんです。その後、共演された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で急接近したようですが、発表は『踊る〜』ではなく『行列〜』でした。■渡部さんと佐々木希さんは交際が噂されているときに芸人さんがイジって渡部さんが“ネット見ろ”という一連の流れができていました。そのときから結婚するならこの番組で報告するようにスタッフと取り決めをしていたんでしょう」

モデルの仁香が16歳年下彼氏に公開プロポーズ('18年)など、芸能人の結婚報告が多い。

■珍告白

《その話し方どうした?》('17年3月26日放送)
―野村祐希

■《言葉が出てこなくなったらやめようと思う》('19年5月12日放送)
―マツコ・デラックス

■「これは野村さんによる幼稚園から幼なじみの女優・土屋太鳳さんへの発言です。この発言でスタジオが凍りついて、土屋さんが“やっぱりぶりっ子キャラをつくっているんだ”などとSNS上で言われてしまい、翌日には野村さんが自身のツイッターで釈明し謝罪する展開になりました。真相はわかりませんがそのときの太鳳ちゃんの顔がちょっと怖かった記憶があります……」(テレビウォッチャー)

マツコ・デラックスと土屋太鳳

■「マツコさんが、MCの後藤さんから引退の可能性を聞かれてこう答えたんです。この発言がネットニュースになりマツコ引退?と、噂がひとり歩きしましたね」(元番組スタッフ)

 それにしてもなぜ芸能人は同番組で告白をするのか。

■「ベテラン出演者がレポーター代わりをしてくれて、どんな話題でもおいしくしてくれます。ツッコまないでほしいところはいじらないし、記者会見するよりもタレント側からしたら“安心安全”なんです。行列で発表したから記者会見は開かなくてもいいという、これほどありがたい発表の場はないですよ」(同)

 この4月からはMC陣にミュージカル俳優の井上芳雄を迎え、新しい風を吹き込んだ。次に衝撃告白をするのは?

関連記事(外部サイト)