尾崎豊は盗み、チェッカーズは傷つけ、ドリカムはキス「暴力・不倫ソング」共感から炎上の変遷

令和の時代はアウト!?際どい歌詞で大ヒット(左から)尾崎豊さん、ASKA、テレサ・テン、チェッカーズの藤井フミヤ

 さきごろ放送された音楽系番組で、さだまさしの代表曲『関白宣言』やおニャン子クラブのデビュー曲『セーラー服を脱がさないで』の歌詞に、番組出演者の藤田ニコルや乃木坂46のメンバーらが「ムリムリ」「すごい歌」など拒否反応を見せたことが話題を集めた。

 いずれも大ヒットしたものの、当時から一部で反発されたり問題視された曲でもあるが、かつては不倫や暴力、犯罪など、現代の倫理観、コンプライアンス基準からみればありえないような事柄を歌ったヒット曲はさほど珍しいものではなかった。

尾崎豊はバイクを盗み、チャッカーズは傷つけた

 不倫系の大ヒットで思い出されるのが、1985年のヒット曲、島津ゆたかの『ホテル』(作詞/なかにし礼)だ。

「付き合っている男性の家に、電話もかけられない、手紙も書けない。携帯もメールも身近にない時代ですからつらいですよね。曲名どおり、ホテルでだけ会う関係で、これは今もありそうですが、自分の名前が男性の名前で書かれていたり(笑)。■この曲に限らず、こういった歌詞を共感できる立場の方々ばかりでなく、ときには小中学生も普通に聴き親しんでいたということが、今の感覚からすると一番の驚きかもしれませんね」

 と、ある音楽系ライターは、許されない恋愛をせつなく歌われていた『ホテル』の歌詞を見直し、時代の流れに驚く。過去を見返すとほかにもまだまだある。

 土曜の夜や日曜日には会えなかったり、電話を気軽にかけられないせつなさを歌った小林明子の『恋に落ちて-Fall in Love-』(85年)、テレサ・テンのそのものズバリの『愛人』(85年)、サザンオールスターズの『LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜』(98年)などなどといったところだろうか。

■「近年でいうとドリカムの『やさしいキスをして』(04年)、EXILEの『Ti Amo』(08年)、宇多田ヒカルと椎名林檎が歌った『二時間だけのバカンス』(16年)など、時代が変わっても普遍のテーマではあります」(同前)

 このような過去の名曲の詞の世界の話になると、必ずといっていいほど挙げられるのが尾崎豊の楽曲ではないだろうか。盗んだバイクで走り、校舎の窓を割ったり、思春期の爆発しそうな葛藤を表現した歌詞は、あまりにも有名すぎる。

 前出のライターが続ける。

■「デビュー直後のチェッカーズも、触るものすべてを傷つけたり、チャゲアスが“一緒に殴りに行こうか”と問いかけるのも、今の時代ではアウトかもしれませんね(笑)。一部のメタルやパンクの楽曲も、そういう観点ではアンチテーゼを掲げた表現だとしても、ダメだと指摘されるかもしれません」

■『セーラー服を脱がさないで』はいまだに敬遠

 洋楽のヒップホップやロックのCDジャケットなどに、「PARENTAL ADVISORY」と書かれたステッカーや印刷がされているのを見たことがあるだろうか。これはアメリカで暴力や性的など過激な表現を含む歌詞に対する警告として、全米レコード協会が添付し保護者への注意喚起をするもので、一部の店舗では販売できないこともある。

「それが逆に過激でカッコいいということで、日本のCDにも同じものが添付されることもありますが(笑)、日本では基本的にはこういった基準はないですね」

 日本の場合はというと、問題がありそうだと懸念された場合には、「基本的に自主規制のような対応をすることが多いです」と、あるテレビ関係者は言う。続けて、

■「よく放送禁止曲という言い方もしますが、実際にはそういう指定は現在は存在せず、エロすぎたり差別的な表現があったりする場合は、各局、各番組での判断ということになります。今でも『セーラー服を脱がさないで』は炎上を避けるために敬遠される曲だと聞きます」

おニャン子クラブ

 過去には自主規制でなく、回収や販売中止といった措置がとられることもあったが、メッセージ性を大切にし、“届けたい”と強く思うアーティストもいるはずだ。

■「RCサクセションの『カバーズ』(88年)がいったん発売中止になって、別のレコード会社からリリースされた一件は、今も有名ですね。あえてインディーズでリリースするなどしてメッセージを届けるというやり方もありましたし、今は動画サイトなど別の形で届けるやり方もあります。炎上をおそれるあまり、一部の名曲が地上波などでは気軽に流せなくなったりしないといいですね」

 制作当時は問題なくても、今の時代では“不適切な表現”と認識した場合、過去の作品を放送するときに、理解を求めるための「おことわり」が出されることがある。昔の曲を扱うとすると、同様の措置をとる時代が来るのかもしれない。ちょっと寂しい気もするが。

〈取材・文/渋谷恭太郎〉

関連記事(外部サイト)