GACKT、入院中のクリニックが「報道は事実と異なる」異例のコメントを出したワケ

GACKTのクリニックが異例コメントを出した訳 事務所がコメント出し辛い部分を代弁か

記事まとめ

  • GACKTは体調不良で芸能活動休止していたが、年内に活動再開することが発表された
  • GACKTは福岡県の病院におり、クリニックHPには治療中との旨が記された文書が出された
  • 入院先等の病院が独自に“芸能人の患者”に関して病状等を発表するのは前代未聞という

GACKT、入院中のクリニックが「報道は事実と異なる」異例のコメントを出したワケ

GACKT

 体調不良で昨年9月から無期限で芸能活動を休止していたGACKTが年内に活動を再開するという。5月16日、エージェント契約を結んでいる所属事務所が「病状の回復状況に合わせて年内に芸能活動を徐々に再開させて参ります」と発表した。

 昨年、同事務所が活動休止について発表した時に病状についても公表しているが、■《幼少からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態》に陥り、その後容体は安定したが、■《重度の発声障害が併発し 現段階では声を発する仕事の続行は不可能と医師から判断された》とのことだった。

 海外で治療に専念していたという彼だが、現在は福岡県にある『九州再生医療センター 医療法人香華会 朱セルクリニック』という病院にいるとも発表。同日にクリニックのホームページにも治療中だとの旨が記された文書が出された。

事実と異なる報道も多数

 同院は海外の医療機関を通じて治療を引き継いでいるという。これについてはGACKT本人が5月24日に発売された『女性自身』(2022年6月7日号)の取材に対し、「ドバイの仲間がこの病院を紹介してくれた」と答えている。

 クリニックが出した“ご報告”には長文で詳細な病状が伝えられた。

《■発声障害については通常治療で回復してきましたが、神経系疾患による免疫不全において全身皮膚炎や脱毛症が進行しており、当施設では当該治療にあたりご本人自身の細胞を用いた幹細胞治療とリハビリを開始しております》

GACKTのオフィシャルサイトにはクリニックのURLと同院の“ご報告”のリンクも貼られている

 現在は芸能活動再開の目処が立っているというが、この文書には驚いた。

 今までも芸能人が体調不良で活動を休止した際などに所属事務所がコメントを出したり、場合によっては記者会見を開くことがあったが、入院先・通院先の病院が独自に“芸能人の患者”に関して病状や治療法、経過を発表するなど聞いたことがない。前代未聞である。

 そもそも闘病の過程の段階で発表することにリスクがあるし、今のご時世、プライバシーの観点からなんでもかんでも報告すればいいというものではない、という風潮も生まれてきている。

『朱セルクリニック』の発表にはこのような記述もみられた。

《■これまでもGACKT様の所属事務所の方には、マスコミ各社からご本人の体調について数多くのお問い合わせなどがあったようですが、その中には事実とは異なる報道も多数ございました》

 こちらについては本来でればクリニックというより、所属事務所が触れる内容にもみえるが……。なぜこのような記述があるのだろうか。

「■所属事務所がコメントを出しずらい部分を代弁している部分もあるのかもしれません」(テレビ局プロデューサー)

 どういった意味か。

10人以上に囲まれ、帰路につくGACKT。幸せな誕生日だったのだろう、終始笑みを浮かべていた('17年)

クリニックが出す「メディア対応はできかねます」

「GACKTさんは活動休止が発表された2021年11月に『週刊文春』で人妻との不倫疑惑が報じられています。記事によれば体調不良で芸能活動を休止していたはずの9月にその人妻を自宅に泊めていたということなどを夫が告発しています。

 ■そのタイミングで多くのメディアが同じ事務所に取材を申し込んだのですが、なしのつぶてで“ノーコメント”という返事すらなかったそうです。それは雑誌社だけでなくワイドショー、つまりテレビ局でも同じでした。今回、事務所が《事実と異なる報道も多数》とコメント出すことで、また問い合わせがくることを危惧したのではないでしょうか」(同前)

 これまで対応できなかったこと、これからも対応しないということを見越してクリニックに代弁してもらった部分もあるのかもしれない。その証拠というべきか、同院が出したコメントの最後はこのように締めくくられている。

■《なおマスコミ・メディアの皆様方につきましては、当施設の患者様の対応に支障がでることから、本発表以外のお問い合わせ対応はできかねますので予めご了承下さい》

 前出の『女性自身』には、GACKT本人がメールインタビューというかたちで取材に応じているが、これまでも同誌は折に触れて、彼のコメントを“独占”で得ることに成功している。本人と“太いパイプ”を持った記者がいて、彼の言い分に寄り添ってコメントを出すことができることができるがゆえに取材に応じている可能性が高い。事務所でなく本人がコメントを出すということ自体も異例だからだ。

 マスコミを煙に巻く彼の“巧みな戦術”をそこにみた気がする。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

関連記事(外部サイト)