小栗旬、綾野剛の素顔を暴露するガーシーの標的に!晒された「女性との密着写真」に三谷幸喜が困惑する理由

飲食店で食事をする小栗旬('12年8月)

 ■綾野剛が主演を務める7月期の連続ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)のキャストが続々と解禁され、5月29日までに■芳根京子、■中川大志、■岡崎紗絵、NEWS・■増田貴久、■榮倉奈々、■高橋克実、■反町隆史などの出演が明らかになっている。

 綾野といえば、ネット上ではこのところ元アパレル会社社長・東谷義和氏の怒りを買っていることで注目を集めていたが、

「綾野や所属事務所のトライストーン・エンタテイメントが、東谷氏の“要求”を無視して『オールドルーキー』の放送を迎える方針なら、同じくトライストーン所属の小栗旬にまつわる暴露も展開される見込み。■小栗は現在、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で主演中とあって、同ドラマの脚本家・三谷幸喜氏はさぞガッカリしているのでは……」(スポーツ紙記者)

 と、綾野や小栗より三谷氏に同情する業界関係者も少なくないようだ。

■小栗旬や田中圭を「不倫で叩いたる」

「かつて芸能界でさまざまな人脈を持っていたという東谷氏は、今年2月からYouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』などでさまざまな有名人の“裏の顔”を告発しています。

 綾野に関する告発はあくまで東谷氏の一方的な主張になりますが、これまでに酒癖の悪さ、それに伴う暴力行為、人妻との不倫、当時未成年だったアイドル・M(現在は一般人)を“お持ち帰り”した……といったネタを暴露。しかも、5月13日のライブ配信にはM本人が登場し、17歳くらいの頃に綾野から酒を飲まされ、一緒にホテルへ行ったことを認めました」(アイドル誌ライター)

 東谷氏はその後、5月24日に実施したライブ配信で「この前、YouTubeに出した女の子」の自宅に「週刊文春」(文藝春秋)の記者・S氏が直撃したと明かし、「俺のこと攻撃してくるんやったらな、俺は全然許してんねん」「一般人の女の子攻めるのは絶対違うやろ」などと大激怒。

 そんな東谷氏は、S氏とトライストーンの繋がりも疑っているらしく、■「ムカつくやつばっかりや。ホンマ、トライストーンの周りは」と苛立ち、同事務所の山本又一朗社長を名指ししつつ、■「田中圭、小栗旬、坂口健太郎(といった所属タレントについても)絶対晒したるからな」と宣言。さらに、綾野に対しても■「おまえ一人のチョンボで全員が晒されること、ようわかっとけよ」と呼びかけた。

 ちなみに、田中や小栗に関して■「不倫で叩いたる」と、女性関係のネタを握っていることを匂わせた東谷氏は、5月25日にもライブ配信を行い、最後のほうでまたしても山本社長を非難しながら、■「剛に謝罪会見させぇ。それしか俺の怒りが収まる方法はありません」「どんどん手遅れになっていくで。はよ剛に謝らさな」と、綾野による謝罪会見を要求したのだった。

「しかし、これ以降も綾野やトライストーンに表立った動きはなく、『オールドルーキー』の出演者情報も順次解禁されています。TBS側も、東谷氏の暴露については把握しているでしょうが、今さらドラマの企画を止めることも難しい。ただ、綾野がスルーを貫けば、ほかのトライストーン所属者に火の粉が降りかかるわけですから、騒動の沈静化は望めません」(テレビプロデューサー)

泥酔しているような女性を抱える小栗旬(東谷義和氏のTwitterより)※記事下までスクロールすると女性と囲まれダブルピースの画像も

三谷幸喜の冗談が現実になる!?

 女性関係の暴露を予告された田中と小栗は、ともに既婚者俳優。そして、小栗といえば『鎌倉殿の13人』で初の大河主演を務めている最中だが……。

■「東谷氏のツイッターでは以前から、小栗が両サイドの女性と密着してダブルピースをしている写真(4月21日付のツイート)や、小栗が女性を抱きかかえて微笑んでいる写真(5月17日付のツイート)といった“疑惑の写真”が公開されていたので、先に不倫を取り沙汰されるのは小栗の可能性もある。大河主演中の役者に不倫スキャンダルが浮上するなど、NHK的にも大問題。小栗やトライストーンへのダメージは計り知れません」(同・前)

 そんな『鎌倉殿の13人』の脚本を手掛ける三谷氏は、20年1月に『鎌倉殿の13人』の情報が解禁された際、NHKの会見場で“出演者の不祥事発覚を回避したい”という思いを口にしていた。

「あの頃は、大河出演者の不祥事が続いていましたからね。19年放送の『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に出演していた電気グルーヴ・ピエール瀧は、同3月に麻薬取締法違反で逮捕されて降板となり、同10月に税務問題を報じられたチュートリアル・徳井義実の出演シーンも、可能な限りカットされました。これらの騒動は、その都度NHKを混乱させました」(芸能プロ関係者)

 こうした経緯もあってか、三谷氏は『鎌倉殿の13人』の会見で、

■「オファーを受ける俳優さんに言いたい」

■「もし“俺、ちょっとヤバいかな”“俺、脛に傷持ってるかな”っていう人がいたら、是非、断ってください!」

 と、冗談めかしてコメント。なお、小栗は同会見を欠席していた。

「■東谷氏が握っているという小栗の不倫ネタが、いつの話なのかはまだわかりません。しかし、三谷氏もまさか主演の小栗が“爆弾”を抱えているとは思っておらず、困惑しているのでは……。

 ■綾野に巻き込まれる形で東谷氏のターゲットにされた小栗もツラいでしょうけど、もし、怪しい女性関係があったのだとすれば自業自得。大河のオファーを受けた時点ではクリーンだったというなら、その後、不倫を疑われそうなシチュエーションにならないよう気をつけるべきでした」(同・前)

 三谷氏は、小栗に対して■「女性との密着も断ってください!」と牽制しておくべきだったのかもしれない。

両脇に女性と囲まれてダブルピースをする小栗旬(東谷義和氏のTwitterより

関連記事(外部サイト)