田中聖の初公判で父が「家族全員でサポート」宣言も“聖のライブ配信に登場”田中樹の兄弟アピールは不可能に

'20年末に生配信する田中聖。この配信中に田中樹がうっかり登場してしまう

 覚醒剤取締法違反と医薬品医療機器法違反の罪に問われた「KAT-TUN」の元メンバー・■田中聖被告の初公判が、6月10日に名古屋地裁で行われた。

 聖被告は起訴内容を認め、■「家族や応援してくれる人のためにも、今後一切(違法薬物等には)関与しない」と更生を誓い、実父も証人台で、家族全員でサポートすると述べていたが、これまで、聖被告とその弟である「SixTONES」の■田中樹が、メディアを通じて行ってきた“兄弟アピール”は、■「今後、鳴りを潜めるだろう」と、マスコミ関係者の間でささやかれているという。

一時は退所まで考えた樹

 起訴状によると、聖被告は今年2月、名古屋市内のホテルで覚醒剤を使用したほか、指定薬物を含む危険ドラッグ「RUSH」の液体を所持したなどとされている。初公判では、その動機について、■「独立してから仕事へのプレッシャーや将来への不安、ストレスから覚醒剤に手を出してしまった」などと語っており、検察側は「依存性や常習性などが認められる」として、懲役2年を求刑。判決は6月20日に言い渡される。

「聖被告の逮捕が報じられた際、ジャニーズファンの間では、樹への心配の声が飛び交うことに。2人は田中家の次男と四男で、とても仲の良い兄弟と知られているだけに、『樹は大きなショックを受けているはずだ』と、ファンは一様に心を痛めていたんです。■一方でSixTONESのメンバーとして活躍の場を広げる樹に『迷惑をかけるな』と、聖被告への怒りをあらわにするファンも多数見受けられました」(芸能記者)

 聖被告は、2013年9月、度重なるルール違反が原因で事務所を事実上の“クビ”に。また2017年5月には、東京都内の路上で大麻を所持していたとして現行犯逮捕(のちに不起訴処分)されるなど、数々の問題を起こし、■「そのたびに、樹はジャニーズ事務所内で肩身の狭い思いしていたそう。周囲から『デビューは無理』などと言われ、一時は退所まで考えたこともあったと、雑誌のインタビューで明かしていた」(前・同)という。

「しかし、もともと家族の結束が強い田中家の兄弟とあって、樹は聖被告と縁を切るでもなく、双方の関係は良好だった様子。ジャニーズファンは、少なくとも今回の事件があるまでは、そんな2人の“兄弟愛”を微笑ましく見ていたものです」(同・前)

 ジャニーズ事務所を“クビ”になった聖被告と、現役の樹が、公の場で共演することは■「限りなく不可能に近い」(同・前)というが、2人は以前からよく“兄弟アピール”をしていたそうだ。

'20年末に生配信する田中聖。田中樹がうっかり登場してしまった場面

「例えば、聖被告は2021年2月、自身のTwitterに、大手CDショップチェーン『タワーレコード』の店頭に飾られた『SixTONES田中樹くん推し!!』というポスターの写真を添え、■『同担拒否』とツイートしていました。■この『同担拒否』とは、『自分が担当(応援)するメンバーのファンとは交流しない』という意味の“ジャニオタ用語”で、つまり聖被告も『田中樹推し』であることをアピールしたわけです。

 この投稿は大反響を呼び、≪兄弟愛が強くて好き!!≫≪貴方には誰も勝てないです≫≪いい兄ちゃんだよなぁ≫といったコメントが寄せられ、約8.5万件の『いいね!』を獲得したんです」(ウェブメディア編集者)

■「来んなお前はマジで!」

 また、聖被告は、人気YouTuber・■ヒカルとのコラボ動画でも、樹について言及。2021年2月に、ヒカルのYouTubeチャンネルで公開された動画に登場した聖被告は、■「まぁ今、一番四男(樹)が頑張ってほしいっすね」「あいつは頑張ってるっす」「だからなんか俺は、足を引っ張らないように」「伸び伸びやってもらいたいんで」などと、応援の言葉を口にしていたのだ。

「結果的に、聖被告はこの約1年後に逮捕され、樹の足を引っ張ってしまったわけですが、それでも樹を心から応援しているのは事実でしょう■。樹もそんな兄を慕っているようで、“兄弟アピール”に積極的だった。なんと聖被告のYouTubeライブ配信に、登場したこともあったほどです」(同・前)

 2020年12月、聖被告のYouTubeチャンネル「田中家ch【田中聖】」で行われた生配信中、ブレーカーが落ちるというハプニングが発生。聖被告が一旦席を外し、その原因がドライヤーの使いすぎであったと説明していると、画面奥のドアが開き、樹が部屋に入ろうとしてきたのだ。

■「聖被告は笑いながらも大慌てで、『来んなお前はマジで! 責任取れないから!』と制止。しかし、樹は再びドアの隙間から顔を覗かせ、一瞬ではあったものの、配信に登場したんです。

■ これには、聖被告のファンも樹のファンも大興奮で、動画のコメント欄には、≪やっぱり田中家は仲良いな≫≪兄弟仲良いのほんと可愛い≫≪ファンとしても幸せな気持ちになります!≫など、好意的な声がずらりと並ぶことに。ジャニーズ事務所は、あまりいい顔はしないでしょうが、今も動画は視聴可能の状態になっています」(同・前)

 この一件は、ちょっとしたハプニングだったが、樹は音楽番組で堂々と兄弟アピールをしたことも。2020年12月放送の『2020FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で、KAT-TUNとSixTONESがコラボ企画を行い、KAT-TUNの楽曲「Keep the faith」(2007年)を披露した際、かつて聖被告が担当していたラップパートを、■上田竜也とともに樹が歌うシーンがあったのだ。

田中聖と会社員女性のLINEでの生々しいやりとり(いくらまでなら払える?)

今後は互いに名前を出せない

「このステージは、両グループのファンはもちろん、ジャニーズファン全体から大絶賛され、SNS上には、■≪エモい≫≪尊い≫≪幻か何かか??≫≪さすがに震えた≫など、感動の声が多数飛び交っていました。あの樹のラップからは、兄への深い尊敬の念を感じさせましたね。

 SixTONESメンバーも、そんな樹の兄への思いを知っているのか、メディアで聖被告について触れることもあった。例えば、2020年7月放送のラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)では、森本慎太郎が樹にバク転を勧める際に、■『最近お兄ちゃん、バク転やってたじゃん? だからお前(樹)もできる』と言っていたんです。これは、聖被告が自身のYouTubeチャンネルで、バク転チャレンジをしていたことを受けた発言で、ファンの間でも話題になりました」(アイドル誌ライター)

 メンバーからもファンからも、温かく見守られていた田中兄弟だが、聖被告の薬物逮捕により、「今後は兄弟アピールをしづらくなるかもしれません」(週刊誌記者)との声も。

'21年にヒカルのYouTube動画に出演した田中聖。弟・田中樹の「足を引っ張らないように」とコメント

「■特に聖被告は、弟に迷惑を掛けてしまったと心底後悔しているでしょうし、また樹のファンから厳しい目が向けられる可能性もあるだけに、今後表立って、樹の名前を出さないようにするのでは。一方の樹も、事務所の目がありますし、以前のように、兄の存在を堂々とアピールすることは控えざるを得ないかもしれません。

 しかし樹は、聖被告の逮捕後も、『オールナイトニッポン』で家族の話題を出すことがあり、5月21日放送回では、田中家の次男以降は、みんな名前が漢字一文字だと話していました。やはり、兄を慕う気持ちは今も変わっていないと思いますよ」(同・前)

 初公判で、現在家族と同居し、病院での治療に専念していると明かしていた聖被告。樹をはじめ、家族からのサポートを受け、薬物依存から立ち直ってほしいものだ。

関連記事(外部サイト)