韓国No1映画 『モガディシュ脱出までの14日間』で監督が届けたい“全世界へのメッセージ”

2021年度韓国映画No.1ヒット!『モガディシュ 脱出までの14日間』

 2021年度韓国映画No1の大ヒット! ■『モガディシュ 脱出までの14日間』が7月1日より全国公開される。

 舞台はアフリカの一国・ソマリアの首都、モガディシュ。1991年にソマリアの内戦が激化し、反乱軍がモガディシュを制圧。命の危険にさらされた外国人たちは、生死をかけた脱出を試みる。その中には、韓国と北朝鮮の大使館員たちもいた。激しく敵対していた両者は、脱出への死闘を共にすることに……。

韓国映画『モガディシュ 脱出までの14日間』

 ■この作品のすごいところは、実話に基づいたストーリーであるということ。長い間、公には語れなかったこの脱出劇は、近年になってようやくその顛末が公表され、今回、映画化が実現した。

 ■韓国では昨年7月に公開されると観客が押し寄せ興行収入が30億円を突破。メディアや評論家から高く評価され、数々の映画賞にも輝いた。

 コロナ禍やロシアによるウクライナ侵攻という、混乱と困難が続く現在にも重なるようなテーマが描かれている今作は、まさに今この時代に見るべき映画。要チェックポイントを誌上プレビューします!

命の危険が迫ったとき激しく対立していた両者は……

韓国映画『モガディシュ 脱出までの14日間』

 ■“国か、命か。それは語ることを許されなかった14日間の真実―”1990年、韓国と北朝鮮はそれぞれ国連への加盟を目指し、多数の投票権を持つアフリカ諸国へのロビー活動に励んでいた。

 ソマリアの首都・モガディシュでも、互いに相手国への妨害工作や情報操作がエスカレート。そんな中、内戦が激化し国は大混乱に。各国の大使館は略奪や焼き討ちに遭い、命の危険が迫る。■通信網は遮断され空港は閉鎖。脱出の道が断たれる中、暴徒に大使館を追われた北朝鮮大使は韓国大使館に助けを求める決意をする……。

 政府レベルでの接触はあったものの、南北の人々の相互不信と疑心暗鬼は根深かった1990年代初頭。劇中でも、韓国大使館に助けを求めようとする北朝鮮大使に、参事官は■「帰国したら粛清される」と必死で止めようとし、韓国大使館側も招き入れるべきか逡巡する。激しく対立していた両者が協力するなど、考えられない時代だったのだ。

 ■わずか30年前に現実に起きた衝撃の人間ドラマに、胸をつかれること確実!

名優集結!個性豊かな登場人物たち

■ハン・シンソン(キム・ユンソク)

ハン・シンソン(キム・ユンソク)駐ソマリア 韓国大使

■リム・ヨンス(ホ・ジュノ)

リム・ヨンス(ホ・ジュノ)駐ソマリア 北朝鮮大使

■カン・テジン(チョ・インソン)

カン・テジン(チョ・インソン)駐ソマリア韓国大使館 参事官

■テ・ジュンギ(ク・ギョファン)

テ・ジュンギ(ク・ギョファン)駐ソマリア北朝鮮大使館 参事官

 人間味あふれる登場人物たちも、今作の大きな魅力だ。韓国大使のハン・シンソンは情が深く、困難な状況を打破するために奔走するリーダー。

 ■“大ヒット作にこの人あり”と言われるキム・ユンソクの名演が光る。また、参事官の■カン・テジン(チョ・インソン)は、毒舌でプライドが高いが、生きるための知恵と行動力に優れ危機を突破していく。リュ・スンワン監督は■キム・ユンソク、チョ・インソンと初めて一緒に仕事をした感想を聞かれ、■「日本語で最高の状態を表現できる言葉で書いてください!」と絶賛。■「この世で誰よりも先に『モガディシュ』で演技をする彼らの姿を見ることができて本当に光栄でした」

 北朝鮮側のリム・ヨンス大使は、物静かだがカリスマ性にあふれる堂々とした大使。ベテラン俳優のホ・ジュノが、国家の主義主張に従うという理念と家族への愛情との間で苦悩する姿を、いぶし銀の名演技で魅せる。■参事官のテ・ジュンギ(ク・ギョファン)は好戦的で感情の起伏が激しい熱い男。韓国と協力することに抵抗していた彼が14日間でどう変わっていくのか。ク・ギョファンの、独特のユーモアと哀愁を漂わせた熱演も注目!

オールモロッコロケカーアクションも大迫力

韓国映画『モガディシュ 脱出までの14日間』

 ■渡航禁止国家に指定されているソマリアの代わりに、撮影は西アフリカのモロッコで行われた。異国的な風景や強烈な自然光から生まれるスケール感に加え、道路の上に土を重ねて舗装されていない道路にするなど、細部までリアルなセットは要チェックだ。

 そして、カーアクションの迫力も圧巻。反乱軍の攻撃をかいくぐり、猛スピードで車を走らせるシーンは終盤の最大の山場。リュ監督も■「この映画はできるだけ大きなスクリーンで鑑賞することをおすすめします」と語っているように、このドキドキハラハラはぜひ劇場で存分に味わうべし!

互いが憎悪を止めたとき

韓国映画『モガディシュ 脱出までの14日間』

 今作に込めたメッセージについて、■「はたして、戦争と理念は誰のためのものなのか?と問いかけたかったのです。私たちが共に生きていくには憎悪を止めなければなりません」と語るリュ監督。互いを憎んでいた韓国と北朝鮮の大使館員たちが憎悪を止めたとき、脱出への道が開ける。これは、現在にも通じるテーマなのではないだろうか。

■「全世界が苦しい時期を過ごしています。私たちが憎悪を止め、力を合わせたら、この状況からも共に脱することができると思います。みなさん、頑張りましょう」(リュ監督)

映画『モガディシュ 脱出までの14日間』(c)2021LOTTEENTERTAINMENT&DEXTERSTUDIOS&FILMMAKERSR&KAllRightsReserved.

『モガディシュ 脱出までの14日間』
7月1日(金)新宿ピカデリーグランドシネマサンシャイン池袋ほか全国ロードショー
■提供:カルチュア・エンタテインメント
■配給:ツイン、カルチュア・パブリッシャーズ

関連記事(外部サイト)